mbed単語

エンベッド

1.0千文字の記事
掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

mbedとは、ARM社が開発した、NXPセミコンダクター社(以下NXP社)製マイコンを使用したプロタイピングが簡単に始めることができるボードの事である。
マイコンは、NXP社のARM CortexM-3 LPC1768又は、LPC11U2が搭載されてるが、mbed ハードウェア開発キット (HDK)が開されてからは、各社が参入し様々なマイコンARM Cortex-M0又はM3)が使用されている。

概要

mbedの特徴はWeb上でプログラム開発ができること。パソコンには開発環境インストールすることく、インターネットブラウザInternet ExplorerChromeFireFoxSafari)が動けばOSWindowsMacOSLinux)を選ばない。当然、オフラインでの開発も可である。

CortexMのマイコンを簡単に使ってもらう為にできたのがmbed。AVRを簡単に使ってもらうためにできたのが、Arduino。この関係で大体合ってます。

概要についてはこちらexitも参考にしてみてください。

簡単に始められる!

mbedをパソコンUSBで接続すると2MBUSBメモリとして認識される。ブラウザ上でプログラムを記述しコンパイルするとBinファイルダウンロードされる。それをUSBメモリとして認識されているmbedに入れ、mbed上のリセットボタンを押すとプログラムが実行される。

プログラムC++で記述可で、mbedのデジタルI/OアナログI/Oシリアル通信、Etherなどの機は、マイコン開発ではちょっと複雑なレジスタを意識することく扱えるようにライブラリが用意されている。

例えばmbed上のLEDをチカチカするのは以下のプログラムで行える。


#include "mbed.h"

DigitalOut myled(LED1); 

int main() {

    while(1) {
        myled = 1;
        wait(0.2); 
        myled = 0;
        wait(0.2);
    }
}


コミュニケーション

mbedのプログラム開発を行うサイトexitコミュニケーションも充実し、製作したネタ開したり、プログラムを共有することが可
中の人ユーザー開しているライブラリを流用すればmbedからTwitterにつぶやいたり、SDカードファイルアクセスしたりすのは簡単にプログラミングできる。

関連動画

関連項目/関連リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 3ななしのよっしん

    2015/06/28(日) 01:54:08 ID: 6eVIu6hHAM

    >>lv224486510exit_nicolive

  • 4ななしのよっしん

    2018/04/09(月) 04:17:26 ID: XofBgCQnTC

    >>2
    それはどちらかというとmbedが静電気に弱いというよりかは、Arduinoに乗ってるAVRマイコンが雑に扱っても大丈夫なほど頑丈に作られているというのが正しい。本当にAVRはやたらに頑丈。

  • 5ななしのよっしん

    2019/10/21(月) 12:09:22 ID: SROr++I0Cg

    >CortexMのマイコンを簡単に使ってもらう為にできたのがmbed

    たしかに、マイコンの知識がほとんどないpc,スマホアプリ開発が本業の私でも扱えたので、その通りだなと思うのですが...
    これってCortexMの規格?さえ満たしていれば、どこの会社のマイコンであろうとも動くってことですか?
    それとも、同じCortexMマイコンでも動作するマイコンやそうでないマイコンがあったりするのですか?

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/15(月) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/15(月) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP