今注目のニュース
4方向でまったく違う!人間の頭部を回転させたすごい立体錯視
人類は「不安・うつ症状」を抱きやすいように進化してきたのかもしれない
「なぜクラウドなんだ」「今までのやり方を変えないで」――反発乗り越えAWSなど導入 京王バスを変えた男の交渉術

MF100形・MF200形単語

エムエフヒャクガタエムエフニヒャクガタ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

MF100形・MF200形とは、、宮福鉄が導入し北近畿タンゴ鉄道に引き継がれ、現在は、WILLER TRAINS / 京都丹後鉄道によって、運用されている、
ワンマン運転対応の一般形気動車である。

概要

富士重工が中小私鉄第三セクター鉄道向けに、リリースしていたLE-DCのひとつで、
 昭和63年7月16日の宮福鉄宮福線の開業時に富士重工で新製した、一般形気動車であり、
軽快な走りは、さる事ながら、沿線の大江山の伝説にちなんだ、「赤鬼」「青鬼」の塗装、当時の普通列車としては、破格のリクライニングシートの内装は、新しい鉄道の幕開けにふさわしい出で立ちだった。
だが、登場から30年を迎えてもなお、
リニューアルを実施し現在まで現役で、運用されている。

しかしながら福知山市議会だよりNo.117exitにて

KTRへの支援
問 車両整備の内容は。
答 4年間で5両の更新を計画しており、今回は、昭和63年の開業時に導入されたMF車両5両のうち1両を更新する。
車両の定員は、現在80人から105人に増える。
また、全バリアフリー対応のトイレが設置される。

との記載があり、デビューから30年を節に置き換え計画が予定されている。
またMF車両が6両に対し新形式は5両である事から、体長が伸びるものと思われる。

外観(登場時)

富士重工製のLE-DCのひとつで、
前面は、スイスの山岳電車を、イメージした意で、ヘッドライト、テールライトを一体化した、円形ライトケースに上部にも1形のヘッドライト、その下にタイフォンカバーは、後に登場した、KTR700形KTR800形に受け継がれた
塗装はこの車両の代名詞で、大江山の伝説ちなむの「赤鬼千歳の「青鬼」と言われる塗装に、体側面中央部の細い帯を巻く。

内装

座席は200系新幹線と同様の2+1のリクライニングシートを採用、当時としては、破格の装備で宮福線の快適な提供している、ワンマン運転対応ため運転席横に運賃と整理券発行機を設置している。
なお、MF100形 MF200形ともに、トイレの設備がいが、これは、宮福線の営業キロが30.4kmと短く、また乗時間も長くて、1時間程度と想定していたためである。

メカニック

機関新潟工所製の6H13HS(250PS)を装備し、台車空気バネのFU34D/FU34Tを採用。
ブレーキは、ブレーキ装置はDE1A自動空気ブレーキ機関直結の抑速ブレーキ(現在は、使用停止中)を装備、
JR気動車と併結可な、ジャンパ栓を装備。(この機28年間あまり使われなかったが2017年6月から11月まで走った団体列車「ぐるっと北近畿」にてようやく日のを見ることになる。)
最高運転速度95km/hである。
保安装置はATS-SWを装備している。

形式

MF100

 基本形式であり、4両製造された、両運転台車で、定員は80名(座席27名、立席53名)で自重は26.8t
千歳塗装から、「青鬼」と言われている。

MF200

2両製造された、トイレしの両運転台車で定員は、80名(座席21名、立席57名)で、自重は、26.8tである。
内装が観光バスみたくきらびやかだが、これは本車両イベント対応の車両であったためである。
また、カラオケ用の電マイクジャック有ったり、シートの柄も異なる。
塗装から、「赤鬼」と言われている。

運用

基本的に、宮福線の宮~福知山間を1両ワンマンまたは、通勤通学時に2両ワンマンで、運用される。
宮福線快速の「大江山」にも充当されている。
また、大江山口内宮を始発終着となる(休日運休の)線内運用や、また福知山運転支区の出入区ため、荒河かしの木台までの回送列車運用もある。
また多客期には、乗務の3両編成もある。
また、KTR700形・KTR800形と併結する事もある。
 

過去の運用

過去には、部発のワンマン運用が有ったりした。
宮津線乗入れ運用は、有ったり、くなったり繰り返しており、どっち付かずだったりしている。
現在のところ宮津線乗入れ運用は

6両の素顔

 MF100形 200形は、塗装や内装の違えど最初は、皆同じ出で立ちであったが、登場から20年経過した、2008年7月MF201第1期リニューアルとしてリニューアルされた事を皮切りに、2009年1月には、MF101とMF103が第1期リニューアルとしてリニューアルされた。
  その後は、これという動きがなかったが、2013年10月鉄道ライターイラストレーターの恵知仁氏よるデザインで、MF102が、2014年1月には、MF202が、第2期リニューアルとしてリニューアルされた。
これにより、MF202のリニューアルにより、原色の「赤鬼」は、消滅した。
残るMF104も2014年12月に第2期リニューアル塗装に変更し、原色の「青鬼」も消滅した。
また、MF201も2015年2月に第2期リニューアル塗装変更し、全意味での「赤鬼」は、消滅した。
原色とまではいかないが、実質的な「青鬼カラーは、MF101とMF103だけである。

MF100形

MF101 第1期リニューアル車

 栄えあるトップナンバーであり、2009年1月頃に、沿線の企業組合「長田野工業団地組合」の資提供により、第1期リニューアルとしてリニューアルされた。
サイクリング列車としても、機出来るらしいが、最近は機させていない模様。
冷房装置もいつの間やら、更新を受けていた。
第1期リニューアルの特徴として、自動ドアと貫通水色に塗られている。

MF102 第2期リニューアル車

 どう言う訳か、第1期リニューアルの対から、外された1両。
しばらくそのままだったが、2013年10月に第2期リニューアルとしてリニューアルされた。
冷房装置も更新されていなかったが、2015年4月に受けた模様。
  

MF103 第1期リニューアル車

 MF101とほぼ同じ時期に、地元の「福知山商工会」の資提供により、第1期リニューアルとしてリニューアルされた。
因み体には、尼子騒兵衛氏がデザインした、「光秀くんとひろこさん」が、貼られている。
この車両も、第1期リニューアルの特徴として、自動ドアと貫通ピンク色の塗られている。
2016年11月16日に「ぐるっと北近畿」の併結試験として初めてJR車両キハ40 2046)と併結を行った車両でもある。

MF104 第2期リニューアル車(塗装のみ)

 最後まで、原色の「青鬼カラーを貫いた1両。
2014年12月に第2期リニューアル塗装に変更したが、何故か内は、更新されていない。
どうしてこうなった?
さらに第2期リニューアルの中で塗装の剥離がしく、特に福知山方の貫通の剥離がしかった。
そのためか2018年1月に再塗装を実施し塗装の剥離を修繕した。

MF200形

MF201 第1期リニューアル車(塗装は、第2期リニューアル車)

MF100形 MF200形のリニューアル1号として、宮福線開業20周年の記念として、
20087月に「KTRトレインオーナー」制度に基調達により、リニューアルを受けた車両で、内装も、ハワイアン調になっているのが特徴。
この時の塗装は、自動ドアと貫通黄色に塗られていた。
だが、2015年2月に第2期リニューアル塗装に変更されていた。
この事実に地元鉄道ファンは今後、第1期リニューアルであっても、塗装変更の可性があると、震えたと言う。
(その心配が、2015年3月下旬のKTR705の西舞鶴運転区塗装ブース入場だったが、翌に元の塗装で出場した。)
また2017年6月から11月まで運行した団体列車「ぐるっと北近畿」の中間(通路及び荷物扱い)として運用した。

MF202 第2期リニューアル車

 この形式、随一の不幸とも健気とも言える車両
福知山運転支区に2011年頃に屋外に放置プレー状態にされてから、運命は狂った。
当初は、エンジンを抜き取られただけで、直ぐに運用復帰するだろうと思われていた。
ところが、今度は、台車が検用の仮台車を履いており、ここで嫌な予感がしてきた。
そして、貫通も外された状態になり、もうこれは全な部品取りだろうと、もが思っていた。
たが、2013年3月の初旬、そこには、再びエンジン台車を貫通を装着し、自動ドアの開閉試験を行い、エンジン回して慣らしていたMF202の姿があった。
そして、2014年1月に第2期リニューアルとしてリニューアルされた。
危機と言う、地獄から這い上い、不死鳥の如くった車両
ここまで、健気な鉄道車両他には居ませんよ。

関連動画

29年に日のを見た機が使われたのがこちら。

関連項目

京都丹後鉄道車両

KTR001形-KTR8000形-KTR700形・KTR800形-MF100形・MF200形

KTR1000形・KTR2000形形式)

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/12(木) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/12(木) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP