MiG-29単語

ミグニジュウキュウ

1.3千文字の記事
掲示板をみる(77)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Mig-29 by エイ

ミコヤンMiG-29Mikoyan MiG-29, МиГ-29)とは、ミグ設計局で開発されたソ連空軍(現:ロシア空軍)のジェット戦闘機である。

NATOコードネームフルクラ(Fulcrum)、慣用的にファルクラとも。ラースタチュカとも呼ばれているが、これは本ロシアでの称ではなく日本独自の呼び名である。

概要

アメリカが開発したF-14F-15に対抗するための戦闘機として70年代に開発がスタート
その後77年に初飛行、83年に運用が開始されている。
形状、エンジン配置など全体的な機体構成が同時期に開発されたSu-27と類似しているのは、両機種とも中央流体力学研究所(TsAGI, ツアギ)の研究を取り入れた結果である。

Su-27べて小コストパフォーマンスに優れている他、機動性も優れており、局地戦闘機としての性格が強い。
しかしその一方で小ゆえに航続距離や武装搭載量ではSu-27に劣る。
当初は空軍におけるF-15F-16コンビと同様のハイ/ロー・ミックス的な運用をしていたと考えられる。

その後冷戦終了後の財政難から少数の戦闘機広大土を守る必要性が生じ、空軍で航続距離の大きなSu-27が、海軍ではその発展Su-27Kが採用される事となってしまった。

MiG-21ほどではないにせよ、多くのへ輸出されたが、輸出先のでも老朽化などに伴い順次退役が進んでいる。
しかしその一方で価格の安さから、Mig-29を購入するが存在するのも事実である。
北朝鮮もMiG-29を少数ではあるが保有し、迎撃任務に充てている。
アメリカ空軍研究用と称して中古のMiG-29を買い取った事例もある(イランへの輸出を防ぐ、という政治的な動機もあったようだ)。

なお政局が不安定な地域に多く輸出されている為、実戦への参加経験は非常に多いが損失数も多く、この事や上記のような経緯からMiG-29=弱い戦闘機というイメージを抱かれる場合も多いが、それらの戦闘では相手にべて支援かに劣っていたケースも多いため、実際に対等な条件で戦闘を行った場合どのような結果になるかは分からない。
輸出成績がSu-27にくらべて芳しくはないのにはソ連崩壊の混乱に伴う政治的な理由もあったのではないかと推測されている。

現在の開発・売り込みは継続しており、エアショーなどでは Mig-29OVTロシア名物の変態機動を披露し、艦載である Mig-29K はインドへの輸出も決定している。
又、体験飛行ツアーなどに申し込めば実機への搭乗も可であったりする。

主要諸元

  • 全長・・・17.32m
  • 全幅・・・11.36m
  • 全高・・・4.73m
  • 通常離陸重量・・・14,900kg
  • 最高速度・・・マッハ2.25

関連動画


うたたPによるミクトランスストラトスフィア」。MiG-29のエンジン音と「ラースタチュカ」のリフレインが用いられている。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 75ななしのよっしん

    2021/05/05(水) 18:01:42 ID: D+/z+EOsZy

    後、MiG-29インテークの蓋は、「離陸時にはいつ開けるのか、そして着陸時にはいつ閉じるのか」が気になる。

     特に離陸滑走時は、エンジンアフターバーナーも含めて最大出だから、それだけ大量の空気が必要。上部インテークだけでそれだけの空気を取り込めるのか、と疑問に思う。
     かといって離陸滑走時に前方インテークの蓋を開けておくと、滑走路に異物があったときにエンジン損傷を起こしかねない。

     タキシング時にはアイリング程度の出だし、着陸時もタッチダウン後はやはりアイリング程度だから、閉じたままでも問題ないと思う。
     着陸時もエンジンは絞るから、タッチダウンの直前にインテークの蓋を閉じたとしても、おかしくはないと思う。

  • 76ななしのよっしん

    2021/08/07(土) 20:59:56 ID: LsjvWc7XMn

    >>73
    駄にセンスいいな。

  • 77ななしのよっしん

    2021/10/11(月) 01:12:40 ID: V55IxkE1/n

    好きなゲームMiG-35が実装されるので自分で色々調べてるんだが、画像が複座しか出てこねえ!

    とか思ってたら、どうやら原MiG-29Mの時点でフレームもキャノピーも共通化、後席を燃料タンクに置き換える形で単座を造ってたようだ。よほど近くからの写真じゃないと見分けられない

    ソ連時代からMiG-29の対地攻撃を向上させる計画があり、当初から複座を重視してた名残らしい

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/17(日) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/17(日) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP