今注目のニュース
桃缶は「時限爆弾」報告相次ぐ 期限切れで膨張→爆発、理由を専門家に聞くと...
ストローになる「コロネクッキー」、ブルボンが開発
中学校教諭、入試の解答用紙を誤ってシュレッダーに 結果合格となり「わざとでは」との疑惑も

Mitaka単語

ミタカ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Mitakaは、国立文台の"4次元デジタル宇宙プロジェクト(4D2U)"で開発された、天文学の様々な観測データモデルを見る3Dシミュレーションソフト

概要

東京都三鷹市にある国立文台の上映施設「4次元デジタル宇宙シアター」用に産学官共同で開発されたソフトであったが、2005年2月償で一般向けにも開された。2007年としての開発期間の終了に伴い開発者個人によるボランティアでの製作に移行し、同時期にオープンソース化もされているが、現在も上映施設での運用に向けた開発が続けられている。

ソフトの最大の特徴として、われわれの生活している地球の足元から太陽系銀河系銀河団をはるかえ、現在われわれが観測可137光年に及ぶ銀河の大規模構造にいたる宇宙の姿(=宇宙ヤバイ)を、リアルかつシーレス再現していることが挙げられる。

上映施設で実際に使用されているソフトと同一のものであるため、庭や教育機関などでも同じ内容を体験することができ、操作さえ覚えれば宇宙空間自由に飛び回ることができるシミュレーションソフトとしても楽しめる。

Mitaka(三鷹)の名前は、本ソフトウェア国立文台"三鷹キャンパス"で作られたことにちなんでおり、同時に「日本で作成されたソフトウェアである」と言う開発者の思いが込められている。

2007年大賞賞を受賞。

動作環境

Mitakaは開発当時こそハイエンド機でなければ快適に動作させることが出来なかったが、2009年現在では市場に流通している大半のPC上で快適に動作させることが出来る。

推奨動作環境 (Mitaka公式サイトより)
OS Windows Vista / XP / 2000
CPU Pentium4 1.8GHz(相当)以上
メインメモリ 512MB以上
グラフィックカード GeForce 3 (相当)以上
ディスプレイ解像度 1024x768ピクセル以上
HDDSSDなどに必要なき容量 50MB 以上

関連動画

ハッ天文学における活用事例

関連リンク

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/25(土) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/25(土) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP