今注目のニュース
友人が購入拒んだ宝くじ、買ってみたら大当たり
『デレマス』鷹富士茄子が「強運の才女」衣装でフィギュア化
困りおめめで手つなぎが大好き! 手作りの「子カニ」ぬいぐるみがいとおしくなるかわいさ

MoMA単語

モマ

  • 10
  • 0
掲示板をみる(108)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

MoMA(モマ)とは、

  1. ニューヨーク近代美術館(The Museum of Modern Art, New York)の称。
  2. 1に名前を由来する、マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)のデッキ。こちらは特に“MoMa”と書くことが多い。

1の概要

1929年開館、モダン・アートの殿堂としてニューヨークっ子だけでなく世界中の人から“MoMA”の称で親しまれている。セザンヌゴッホ、ゴーギャンに始まり、キュビズム、シュールレアリスムへと続く20世紀の芸術史を垣間見ることができる作品を数多く所有している。

な収蔵品は以下の通り。

2の概要

時は1998年に遡る。

1998年10月、大キスパンション『ウルザズ・サーガ』が発売された。正確にはその少し前のスポイラーリストが出回った段階で、ある1枚のカード──《トレイリアアカデミーがとてつもなくヤバイ世界中のプレイヤーの間で囁かれ始めた。自分がコントロールするアーティファクトの数だけマナを生み出すというこのカードだが、時代は奇しくも1マナ以下のアーティファクトには事欠かない時代。マナを使うカードゲームの根幹ルールに干渉するカード較的多いため、他の色のマナよりも増産が難しい……はずなのだが、そのバランスはたった1枚のこのカードによって崩壊してしまう。

発売の日を迎えると皆がこぞってこのカードを使ったデッキを作り始めたが、程なくして1つのコンボデッキが世に知れ渡る。1つ前のエキスパンション『エクソダス』に存在するカード《精と組み合わせたデッキである。大まかなコンボの流れは以下のとおり(カードの説明は後述)。

  1. 《トレイリアアカデミー》を出し、軽量でマナを出せるアーティファクトを並べる。
  2. 《精》を出す。
  3. 《精》の効果で《トレイリアアカデミー》を複数回起動しマナを増やし、《時のらせん》、《意外な授かり物》、《天才のひらめき》などの手札を補充できる呪文を使う。
  4. 増えた手札を使って再びアーティファクトを並べ、手札→マナ→手札→……を繰り返す。
  5. 十分な量のマナが溜まったら、《天才のひらめき》を相手に撃ち、ライブラリーを一にして消滅させる。

なお、開発チームはこういうデッキが組める事をテストの段階で把握していたらしい。把握した上で、このようなデッキが作られても大した事はいと判断し、さしたる修正もいまま世に送り出した。なぜこのような、ガムシロップハチミツを足して砂糖を加えたような甘い判断がなされてしまったのかというと、開発は《意外な授かり物》と《時のらせん》という、一で自分の手札を大幅に回復できる2枚のカードの存在を失念していたからである。実際、この2種のカードを使わないでコンボを始めると始動に時間がかかり、かつ途中でコンボが止まることもしばしば起きる不安定なデッキになる。そのためデッキパワーを過小評価されてしまった。しかし実際は遠慮なく上記の2枚のカードが使われ、2~3ターンもあれば相当量のアーティファクトをばら撒いた上で手札を7枚フルチャージし余裕綽綽でコンボスタート出来るデッキが生まれてしまった。

このデッキが出来てしまったことで、トーナメントはMoMa一色に染まってしまう。

ジョインジョイントキィで有名な『AC北斗の拳』での最初の全規模の大会『闘劇06』でさえも、ぶっ壊れバグチートキャラと呼ばれたトキ62人中27人。5割に満たない使用率であった。しかし全盛期におけるMoMaは5割を余裕で越す使用率を誇り、ベスト8中6人がMoMa、ベスト4は全員MoMaという笑えない事態を引き起こす。その有様は、当時の季節がであった事と、過去に『ネクロディスク』というデッキ世界を席巻した事を“ネクロ”と呼んでいたことに合わせて“MoMaの”と呼ばれ、MoMaはMTG史上最悪のデッキと呼ばれるようになった。

しかし実を言うと、悪さだけならば『メグリムジャー』や『ハルクフラッシュ』など、MoMaよりもヤバいデッキはいくつか存在する。にも関わらずMoMaが未だに史上最悪と呼ばれ続けているのは、他のデッキと違って「デッキが生まれてからパーツ禁止カード定されて死亡するまでの間に、大きな大会で活躍する機会があった」という点である。大きな大会で、禁止されるべきカードが1枚も欠けていない全体の状態で暴れまわった結果、上記のベスト4が全員MoMaでした[1]などと言う落にならない事態を引き起こし、歴史に名を残した。

このデッキが暴れていた時期は、カジュアルの野試合はともかくある程度大きな大会ならばMoMaと当たらない事は極めて稀で、「MoMaに殺されるかされないか」というゲームになりつつあり、ゲームは以下の3つの段階に分かれている──コイントス[2]と、マリガン[3]と、先手の第1ターンだ」というとんでもないジョークが生まれてしまうほどであった。

カードプールが狭く、中々悪なデッキが生まれないはずのスタンダードでさえ1ターンキル確率が5パーセントえてしまうほどの化け物(エクステンデッドなどならばさらに高確率デッキだったため、あまりジョークになっていないジョークである。2~3ターンまでならばほぼ安定して相手は死ぬ

なお、MoMaと言う名前はキーカードの1つである《精/Mind Over Matter》の英語名を略したものであり、同時にコンボが始動した後の動きの美しさを皮って冒頭の1の美術館の名前をかけたもの。MaがMatterの頭2文字であるため、最後のaは小文字で書く事が多い。

主に使用するカード群

Mind Over Matter / 精 (2)()()()()

エンチャント

カードを1枚捨てる:アーティファクト1つかクリーチャー1体か土地1つを対とする。あなたはそれをタップまたはアンタップしてもよい。

引用元exit

本来1ターンに一度しか使えない土地などを手札が許す限り、何度でも使うことができる。本当はこのカード自体を場に出すのに必要なマナが多めなので、簡単に出せるものではないのだがマナを生み出すアーティファクトや《トレイリアアカデミー》を用いると、いとも簡単に場に出せる。普通ゲームプレイしてたら土地は1ターンに1枚しか出せないので6ターンはかかるが、MoMaなら1ターンから普通に出てくる。《トレイリアアカデミー》の恐ろしさを如実に表している。

Tolarian Academy / トレイリアアカデミー

伝説の土地

(T):あなたがコントロールするアーティファクト1つにつき、あなたのマナプールに()を加える。

引用元exit

土地は1ターンに1枚しか場に出せない上、ほとんどの土地は1マナしか生み出せない。2マナ以上を生み出せる土地は大抵かなりのデメリットを負ってしまうのだが、このカードは違った。前述のとおり、1マナ以下のアーティファクトには事欠かない時代であったため、これ1枚でかなりの量のマナを生み出せる。《精》と組み合わせて複数回使うととんでもない量のマナを1ターンで発生させる事ができる。

伝説の土地”であるため、場に1枚しか出すことができない。当時のルールでは、《トレイリアアカデミー》が2枚以上場に出たら後から出たほうが墓地に置かれてしまうという、という欠点がある。MoMaがあまりにも猛威を振るっていたため、マナアーティファクトも全く使わないデッキですら、先にこのカードを出すために4枚入れることもあったというのだから驚きである[4]

Time Spiral / 時のらせん (4)()()

ソーサリー

時のらせんを追放する。各プレイヤーは、自分の墓地と手札を自分のライブラリーに加えて切り直し、その後カードを7枚引く。あなたは土地を最大6つまでアンタップする。

引用元exit

場に出したカード以外(墓地と手札と山札)を全てリセットできる。

マジック明期には、同じ効果を持つ上に必要なマナがこのカードの半分で済む《Timetwister》というカードがあった。手軽に墓地を再利用出来て手札を補充できるカードが弱いわけもなく、明期に作られたカードである為にきちんとした調整が出来ていないのは仕方ないと言える。だから、このカードオリジナルより必要なマナが2倍! これはきちんと調整できてるだろう! とドヤ顔でこのカードを提示してきた。

ところが当時は《トレイリアアカデミー》という強マナ生成カードがあったため、6マナでも使うことができた。さらに問題となったのは、使用後に土地を6枚アンタップできるという部分。

開発ん!? まちがったかな...

アミバ様もビックリな間違え方をしてくれた開発。潤った手札のカードを使えるのは次のターンから、というオリジナルの欠点をしてしまったのだ。もちろん、普通に使うには必要なマナが多めなので一口にオリジナルより強いとは言い難いが、場合によっては上回るかもしれないという恐ろしい可性を秘めたものとなってしまった。可能性を生み出しただけでアウトなんだよとはよく言ったものである。

と、強カードなので様々な環境で禁止、制限カード定されていたが昨今の環境の高速化を受けてなのか、一部の環境で制限が解除された。

Stroke of Genius / 天才のひらめき (X)(2)()

インスタント

プレイヤー1人を対とする。そのプレイヤーは、カードをX枚引く。

引用元exit

Xは自分の好きなように決められるので、例えばカードを3枚引きたい場合は(X=3)(2)()で合計6マナ必要になる。

このカードの特徴は自分にはもちろん、対戦相手にも使えるというところで、ルールにもよるが最低60枚のデッキを用いなければならないこのゲームだと、60-初期手札7=53より多くのマナをXにつぎ込んで相手に使えば、大抵の場合は対戦相手のライブラリーが尽きてカードが引けなくなるため、その時点で敗北となる。

Windfall / 意外な授かり物 (2)()

ソーサリー

プレイヤーは自分の手札を捨てる。その後、これによりプレイヤーが捨てたカードの枚数のうち最も大きい枚数に等しいだけのカードを引く。

引用元exit

要するに手札の入れ替えなのだがこのカードも他のカードに負けず劣らず壊れており、このカードを使用したプレイヤーの手札が0枚だったとしても他のプレイヤーの手札が7枚なら、7枚引けてしまう。上述の《精》を使うのに必要な手札を補充して、再び《トレイリアアカデミー》をアンタップするわけである。

予想外の手札入れ替えで相手の計画はぐちゃぐちゃ、しかし自分は手札が潤う。もちろん、こんなカードが容認されるわけもなく、現在では厳しい使用制限が課せられている。こんなぶっ壊れたカードを見落とした開発社長に怒られて当然である。

関連動画

エクステンデッド版。プロツアー世界大会)で圧倒的な成績で優勝した。

↑《トレイリアアカデミー》と《意外な授かり物》が禁止されたスタンダード版。大幅弱体化したがそれでも圧倒的なパワーを誇る。

関連項目

脚注

  1. *前述のネクロでは、ネクロ対策を万全にしたウィニー優勝している。
  2. *コインを投げて裏か表かを当てるアレゲームの先攻後攻を決めるのに一般的に用いられた。
  3. *ゲーム開始時に手札が悪かった場合、1枚減らして引き直しができるルール
  4. *現在ルールが変更され、後に出しても墓地に置かれなくなった。

掲示板

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/11(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/11(水) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP