今注目のニュース
自称大富豪が9.7億円で殺人を依頼 18歳女子が親友を殺害
ヒトと交流するために進化? オオカミにはないイヌの表情
声優・小野友樹が優れた運動神経を披露も、足つぼマットの激痛には“瞬殺”

MS-DOS単語

エムエスドス

掲示板をみる(41)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

MS-DOS(またはMSDOS)は、マイクロソフト社が販売していたオペレーティングシステムの名称。広義には他社がライセンスを受けて販売していたものも含む(NECPC-98用など)。

概要

A:\>more < readme.txt
MicroSoft Disk Operating Systemの略で、フロッピーディスク1枚で起動ができるためこの名がつけられた。システムファイルMSDOS.SYSIO.SYSCOMMAND.COMの3ファイルからなり、これらさえあればとりあえず起動する事ができた。背景文字の画面が印的である。これはWindows上のコマンドプロンプトを常に全画面表示しているような状態である。

歴史

1980年IBMは自社初のパソコンであるIBM-PCを開発していたが、予算などの都合でOSを自社開発する余裕がなかった。

当初は8ビットパソコンで標準だった簡易OSのCP/Mをベースi8086対応のOSを採用すべく、マイクロソフトを通じてデジタルリサーチ社に交渉したが決裂。
その後、86-DOSを開発していたシアトルコンピュータプロダクツ社と交渉、5万ドルで他社への供給などの権利を獲得した。
これを元に、「PC DOS」として開発、IBMへ供給するとともに、互換機メーカー向けにMS-DOSを販売するようになった。

1995年Windows95が発売されMS-DOSはWindowsと統合された。ユーザの多いアプリケーションWindowsへ移行し始めるにつれ、MS-DOSは一般用途では徐々に使用されなくなってきた。
Windows 2000およびXPになると、もともとMS-DOSを使わないWindows NTベースにしたことで、MS-DOSのシステム全に消えた。ただし、コマンドプロンプトではMS-DOS用のコマンドが一部残されている。 

2012年現在IBMではPC DOS 2000を販売しているが、サポート2002年で終了した。

各バージョンについて

バージョン 実装内容
1 CP/Mとほぼ同じ。5インチ1Dディスクに対応。
2 5インチ2DディスクHDDに対応。config.sysによる機の設定、追加が可
3 5インチ2HD、3.5インチディスクに対応。広く長く普及したバージョン
4 IBM導で開発。最大2GBまでのディスク容量に対応するも、メモリーを多く消費するため、日本ではほとんど採用されなかった。
DOSシェルが最初に採用された。 
5 Windowsでの利用を前提に考慮された。プロテクトモード、仮想86モードへの対応。
HMAやUMBドライバーを格納することでユーザー領域を増やすことが可。 
6 バージョン5に、デフラグディスク圧縮ツールが付属したもの。
ディスク圧縮ツールは、一部著作権の侵があったため、6.22で新たに作り直された。 
7 マイクロソフトWindows 95/98に組み込んだ。
IBMでは別で開発し、6に開発環境DOSブラウザーを付属させた。 
2000 IBMのみ発売。7をベースに、2000年問題への対策とユーロ記号表示に対応させた。

日本国内での動向

80年代当時はNECPC-98シリーズというパソコン市場を席巻していたが、そのPC-98シリーズ用にもMS-DOS(2.11から6.20まで)を販売もしくはバンドルして出荷されていた。DOS向けのワープロソフトや表計算ソフト、そしてゲームソフトNECはこれらを「98シリーズの膨大なソフトウェア資産」と呼んでいた)が人々を98シリーズ購入へと導いた。当時の一太郎などはあらかじめMS-DOSをバンドルして(2.11の一部コマンドのみ)出荷されていたために、厳密に言うとOSアプリケーションが同梱された状態で販売されていたことになる。

また、ハードウェアの違いを吸収するためにOSがあるのだが、当時のアプリケーションが高速に処理するために、MS-DOSを経由せず直接ハードウェアアクセスしていたため、MS-DOS互換のソフトウェアでもPC98専用のものが多かった。このソフトウェア資産があったため、内の他メーカ(富士通日立日本IBM)のシェアは広がらず寡占状態が続いた(NECの囲い込み戦略もあった)。

1991年日本IBMソフトウェア日本語処理を扱えるようにしたPC-DOS/Vを開発、PCオープンアーキテクチャー推進協議会(OADG)を立ち上げ、PC互換機の普及をした。当時シェア2位だった富士通は独自PCFM-Rシリーズ々に切り捨て、PC互換機のFM-Vを発売、NEC以外の他社も多くが追随した。コンパックが低価格PC内へ投入したり、また自作PC市場も立ち上がり始めたため、NECシェアを落とすことになった。

1993年日本語Windows3.1が登場し、アプリケーションハードウェアアクセスしなくて済むようになり、そのためWindows3.1以降はPC-98ではなくてもアプリケーションの共用化が図れるようになった(一部のソフトPC-98では動かない、またはPC-98でのみ動くものもあった)。

互換OS

関連項目

A:\>dir /w

Windows Microsoft Cygwin ソフトウェアの一覧 DOSエクステンダ コマンドプロンプト

関連商品

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP