今注目のニュース
自称大富豪が9.7億円で殺人を依頼 18歳女子が親友を殺害
居酒屋で気持ち悪くなって「場ゲロ」、罰金1万円はちょっと高すぎないか?
声優・小野友樹が優れた運動神経を披露も、足つぼマットの激痛には“瞬殺”

nano単語

ナノ

掲示板をみる(35)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

nanoとは、フルボイスゲームプレイ動画投稿者である。

曖昧さ回避

概要

ディズニーをこよなく愛し(でも世界一好きなキャラクターひこにゃん)、スーパーファミコンミッキーマウス演作をプレイする、ある意味チャレンジャー

「本音プレイ」というシリーズタイトルの通り、いつでも笑顔を絶やさない世界スーパースターミッキーが、次々と訪れる難関にツッコミを入れたり愚痴をこぼしたりを吐いたりしながら進行していく。稀に歌う事もあるが、何故か選曲は80年代後半~90年代前半の古いJ-POPが多い。

ディズニーゲームなので、当然ミッキー以外にも様々なキャラクターが出演する。その中でも人一倍インパクトを残しているのがミニーマウスで、ある時「ミニーと呼びにくかったら、BIGMAMAと呼ぶがいいわ」という余計呼びにくくなるを出し、以降は回が進むごとにの設定が次々と登場し、最ミニーとは似ても似つかない何かとなっている。
でも視聴者はそんなBIGMAMAのことが妙に大好きなので、彼女が登場した際にはコメント欄が大いに盛り上がる。

開始のタイトルコール、終了の挨拶を欠かさない礼儀正しい人。また、ゲームクリアの際にはゲームの感想や反点をる(教育TVっぽくしたかったらしい)。この時、背景にはディズニーキャラクターに扮したひこにゃんの画像が使われる。

予想外トラップにやられた時に、度々「あ…」「え?」など素のが出る。そんな時は直後にミッキーがかわいこぶる。 また、苦戦が続くと次第に口数が少なくなり、 最終的にはフルボイスにも関わらず言になる。回を重ねていくうち、黙ってプレーする前に自ら「集中します!」と宣言までするようになったが、視聴者は皆慣れているので気にしない

腕前に関しては作品の難易度が全体的に高いとはいえ、当初はお世辞でも上手いと言えない出来で、デビュー作ではステージ1でゲームオーバーとなり難易度を「やさしい」に下げる有様だった。

以降数々の作品をクリアしていくうちにに見えて成長しているが、難関ステージでは度々行き詰まり、1ステージごとにアップしている動画の再生時間が、前回の倍以上に膨れ上がる事すらある。これまでの最高記録はEDを含めて約1時間、この時は前後編に分けられた。

ミッキーシリーズは「ミッキーのマジカルアドベンチャー」「ミッキーミニーマジカルアドベンチャー2」「ミッキードナルドマジカルアドベンチャー3」「ミッキー東京ディズニーランド大冒険」の4作をクリアした所で一旦終了、新シリーズバスターバニータイニートゥーンアドベンチャーズ」を開始。

続いては「スーパードンキーコング」に取り掛かったが、所持しているソフトの老朽化のため、途中でバグを起こし進行不可能になるアクシデントに見舞われ断念し、幻の作品となった。
結局、理不尽な難易度を誇る洋ゲー故、やらないと宣言していたスーファミ最後のミッキー作品「ミッキーマニア」を開始。

ディズニーゲームにあるまじき弾幕ゲー視聴者からすら評されるほど、噂に違わぬかなりの難易度を誇るソフトであったため、完結した後も、これをクリアしたことが密かな自慢と、本人の口からしばしば名前が挙げられるほどである。

以前から引退を示唆しており(SMILEVIDEOの容量の問題など。これは後に別アカ作成という形で回避された)、今後の動向について視聴者ハラハラさせていたが、2008/9/15に投稿された「アイラミッキードナルド 本音プレイ 最終回エンディングにおいて、ついに原点回帰ともいえる「新訳 ミニーマジカルアドベンチャー2」「新訳 ミッキーのマジカルアドベンチャー 最終プレイ」の計12本の動画を最後に、一人のユーザーに戻ることを発表。

理由としてはやはりゲームネタが尽きたことが大きく、予想以上に長いシリーズとなってしまっことによりマンネリ感の自覚と、自身の限界を感じ、発展性がなくなったものを続けてもいてもしょうがない思ったと、ブログにてられている。

この発表において多くのファンが涙したが、発表から特に間を置く事もなく最終シリーズスタート

前回プレイしたゲームということをふまえて、その実の上達振りを遺憾なく発揮しつつ、前回余裕がなく見せる事ができなかった隠しルートや隠しショップなどにも頻繁に挑戦するなど、変わらぬ視聴者を飽きさせないプレイを心がけ、初代であるマジカルアドベンチャー0回において苦しめられた、トマトさえも軽く乗りこなす実を魅せる。(間に挟み、長く伏線が垂れ流し状態だったBIGMAMAの話もまとまりがついたが、ここに記載するとなると、記事の欄が二倍あっても足りないほどの壮大な物語だったため、渋々く。詳細は当時ブログ記事を参照のこと)

そして、08/11/18(実際の投稿日は15日であるがnanoさん本人の体調不良が重なり、非開設定にされていたため、奇しくも近日にあったメジャーネズミ誕生日当日に動画解放となった)

最終作 「ストーリーエンドの丘」を投稿

いつもなら最後に置かれる反会を、フォントのみの静かな前書き挨拶として始まり、EDのスタッフロールでは今までのゲームに出てきたディズニーキャラだけに留まらず、

ブログ メールなど、今までのなかで確認できるできるがきり全てのメッセージ及び送信者の名前をスタッフとして乗せるという、視聴者の演出を魅せ、

メジャーネズミシリーズは幕を閉じ、多くのファンに惜しまれ、nanoさんは動画投稿という舞台から降りた。

……

 

かに見えたが!!

その後、ブログにて反ネットラジオをすることを発表。二度にわたるテスト放送にて、とりあえず前々から消す方針だったブログの存続を明言し、動画投稿も続投するような素振りをちらほらりだし始める。

その後フラグ叩き潰すもの、というMAMAの名言どおり、終了フラグ叩き潰され、しばらくの間、個人配信のネットラジオを中心に、時たま参加者オールガールズ?ラジオ個性豊かなオカマたちが跳梁跋扈する実に自由で騒がしいラジオMCを勤め上げるなどの活動を続けていたが、2009年10月の初頭から徐々にUstream配信へと活動の場を移行。

以後、「キングダムハーツ」「ICO」「龍が如く2」「マリオギャラクシー2」などを筆頭に、マイナーなものからメジャータイトルまで数々のゲームを代わる代わるプレイしつつ短編、単発の動画を不定期にアップするなどして、今なお々を楽しませてくれている。

2010/11月から年終わりにかけて、マリオ20周年を記念し発売されたWii専用ソフトスーパーマリオコレクション」内に収録されているタイトルの一つの「スーパーマリオ3」をは使用せず、全てのステージを一度はクリアする』という約束の下、悪戦苦闘しつつプレイしていたが、元旦に体調を崩し、間が開いてしまったことを理由に断腸の思いで断念、その後、過去クリアした「ICО」と製作会社が同じであり、「ICОをクリアしたのにワンダをやらないっていうのはなー」という理由の元、かの名作ワンダと巨像を不定期にプレイ開始、巨像の手前で繰り返し池ポチャしては、なかなかたどり着けず、いざ巨像の前にたどり着いただけでゲームクリアしたかのような弾幕をもらったり、苦戦しているとき(に巨像が見つからず探索に長時間費やしたとき)には独自のBGМをかけることで本来の悲壮感溢れる世界観を、聞いていてなんとも暑苦しい勇気に満ち溢れる世界観へと変えたりしながら、最後の一撃に切なさを感じる暇などない殺るか殺られるかの死闘を繰り広げていたが、途中Ustream仕様変更により、配信環境(リスナーとのコンタクト)が劣悪化してしまい、nano氏本人の「思っていた配信環境」が消失してしまったため、配信自体が消滅してしまった。

事情から断念してしまったマリオのこともあり、こっちは確実にクリアすると断言していた最中の、不慮の事態であった。

なのさんの本音

Ustream配信停止後、時たま交流のあるお友達の配信に顔を出すこと以外、となる活動を縮小していたnano氏であるが、2012年5月3日ニコニコ生放送にて、初代タイトルであるなのさんちから(読み間違えられやすいが、なのさん、ではなく、なのさん、ち= からという意味である)において、めでたく配信活動を再開。

内容としては、2012年5月現在キングダムハーツFM(ファイナルミックス)のプレイ下の活動として置きつつ、プレイ後の団欒として一(30分)リスナー雑談をかわす流れとなっており、週末土日の21.00頃から翌日に日を跨ぐまでの時間帯で行われている。

基本的には上記の時間帯に開始されるが、nano氏のきまぐれで平日にもゲリラ的に雑談が開かれることがある(なお、毎週行われるメイン配信が、オサレバーのような澄んだ空気を感じさせるのに対して、突発的に行われるゲリラ配信はnano氏の平日憤がダイレクトに反映しているのか、どこかの居酒屋のような空気へと変貌する)

氏がるにはあくまでキングダムハーツFMクリア下の標なのだが、なぜがプレイ後や平日ゲリラ的に行わなわれる配信の雑談のほうが、コメント数やリスナー数がに見えて加速する(雑談ということでリスナーと団欒しているわけだから内容に盛り上がりができるのは当然と言えば当然なのだが)
の大半がゲーム配信であるのに、最後を締めくくる雑談のほうが盛り上がる独特な配信となっている。

nano氏の動画活動の内容から基本的にディズニートークになることが多いが、常にnano氏がアルコールを常備していることからか、未成年が多くいるにもかかわらず、飲関連の内容になることも少なくなく、日によってはディズニートークアルコールトークが混合するとても混沌とした配信となる。

配信の歴史

に各タイトルの配信が100回(を読むことがあるため、実際配信回数は前後することが多い)を迎えるごとに、それまでの配信を一旦最終回として区切り、別のタイトルを冠した配信を第一回として再スタートする放送形式がとられており、リスナーの間では、海外ドラマのように第〇シーズンと数えられることが多い。
また、各シーズンの99.100あたりで、リスナーと共に次シーズンタイトルを考えるのが恒例となっている。
リスナーの年代が広いことも特徴的で、下は生まれて数年足らずの幼児から、上は五十過ぎの熟年層とその視聴層は他の配信とは一線を画している。おこれはコテハンなどを利用したジョークなどではない。 

以下、現在までの各シーズンの配信歴史

2012/5/3~2012/9/1          第1シーズン『なのさんちから』 ()
2012/9/1~2013/7/1          第2シーズン『なのさんの本音』 ()
2013/7/6~2014/1/25        第3シーズン『なの食堂の()
2014/1/252014/9/14        第4シーズン『なのさんのたぬき()
2014/9/14~2014/10/24     合間シーズン『なの間~+++++』()
2014/10/252015/02/22      第5シーズン『なのさんとたぬき()(配信最速の4か半での完走)
2015/~                             第6シーズン『なのさんぽ-ルンタッタ♪-』(予定)


なお第5シーズンにおいても談は最後まで始められることはなく
また、第1シーズン『なのさんちから』からプレイ中であるキングダムハーツFМのクリアもついにうことはなかった。
現在4シーズンからシーズンをまたぎぼくのなつやすみプレイし、こちらをクリアすまでは正式シーズンではなく、合間として『なの間』というタイトルで配信活動を続け2014/9/28完走を果たした。 
ほんわかとしたタイトルでありながら、火曜サスペンスが起きたり、 思期を逆手に取られた策略に嵌められたりと、波乱万丈な夏休みを過ごした後、事ぼく君はおかあさんの元へと帰って行った。

・・・・あれ? ☞日記をつけて寝る

スーパースターの大冒険、閉幕

動画制作の最終章として、2010年初頭から三つの動画を同時に制作開始したことを発表していたが、度重なるデータ消失やプライベートな時間の都合から制作は難航し、動画投稿は予定の時期から大幅に遅れ続けていた。

しかし2013年2/23この度ついに三つ目動画であり、本音プレイを関する動画としては

以来約3年ぶりの


投稿され、そして上記リメイク版『ミッキーのマジカルアドベンチャー本音プレイ』から一年と九ヶを経て

2014/11/24/17:00投稿され、これにて正正銘本当の意味でスーパースターである彼が活躍する動画シリーズは閉幕となった。
0回を投稿したのが2008年であり、実に6年の長期にわたるスーパースターの大活劇が大団円を迎えたことになる。 
nano氏く、今後長い動画シリーズ投稿することは未定となっており、まったく新しい形のなにかを作成することがあっても当分間がいた先の事になるとのこと。
なにはともあれ、長期シリーズ投稿者として少なからずあったプレッシャーから解放され、nano氏の肩も少しは軽くなったことであろう。
今後はゆるく晩酌片手に皆とときたまり合う日々が氏の活動の中心となりそうだ。 

現在世界一メジャーネズミことミッキーBIGMAMAことミニー世界最速ウサギことバスターバニー(バックスではない)、そして彼のブログ、配信のマスコット的存在であるオリジナルキャラクタータヌキ(詳細は後述)と同居中ということが本人の口から明かされている。
配信中にリスナーが彼らの現状を聞くと、みんなだいたいnanoさんの隣で寝ていることが多い。

nanoさんのおともだち

nano氏の動画、配信活動において、登場する様々なキャラクターたちを以下に紹介する。

タヌキ

有志によるタヌキイラスト その1
ブログ設立当初から、ブログアイコンとしてそのくるしい笑顔々に向けているnanoさんのマスコットキャラクター
なにが切っ掛けだったのか、2010年頃から唐突に彼の詳細を問う言葉が殺到、知名度が急上昇した。
ブログ記事によると、

身長120センチぐらい(ぶっちゃけると、ちゃぶ台を囲めるように設定したところnano氏の予想以上にでかくなったらしい)
体重20kg~30kg
小学一年生(配信のnano氏の発言から)
好物:うどん
どちらかといえば苦手なもの:熱いお茶

らしく、上記に加え、nanoさん本人はブログでは小学一年生程度の身長、配信では20代前半の男性の膝に届くぐらい、ドラえもんと同じくらいと発言している。
この発言は、いつも見慣れているアイコンサイズからか、彼のサイズを手乗り程度だと認識していた多くのリスナーから予想以上に大きな驚きのをあげさせた。
あとに、その反を聞いた本人が、おもむろに自分の頭に手を置き、リスナー希望通りのコンパクトな姿になろうとしたのか、ちいさくなーれちいさくなーれと自分の体を小さくさせようと奮闘したらしい。
実に健気である。
そんな行動からも推測できるように、性格は純でまさに小学校低学年ほどのピュアな心の持ち
ある日、nanoさんが仕事から帰ってきたところ、いつの間にかにいたらしく、いかに可らしい容姿の持ちとはいえ、さすがに当初は驚きを隠せなかったらしいが、どうやらその後はそのままスーパースターたちと共に滞在している模様である。
だいたい10時前には眠ってしまうらしい。
良い子である。
家族構成は、より若干小柄で、よく見れば女の子らしい雰囲気があるといえなくもない二つの容姿を持つが一匹判明している。 父親母親は現段階では不明。
ずいぶんと心配性な性格で、nanoさんのにいるを心配してときたま、おにぃーちゃんと顔をのぞかせてくるらしく、また、そうやってが顔をのぞかせるときは、いつものタヌキらしく振舞うとのこと。
うどんくらいなら料理できるらしく、こちらを見ながら、加減なく振り落される包丁捌きは話を聞くに少々危なっかしいものを想像させる。
熱いお茶を飲めないと日本男児のに住めない、など人間社会について少々変わった知識を持っている様子。

長く、々が確認できる画像はブログアイコンの一種類しかなかったが、最近になって一部のファンからイラスト提供されており、冬服などをったさらにクオリティの高い彼の姿を確認することができるようになった。
一部はピクシブ検索することで見ることができる興味があったら見に行ってみることをおすすめする。
また近年では、さらなる有志の手により、クッキーフェルトあみぐるみなど多くの形で立体化を果たしており、その人気はとどまることを知らない。
全て高いクオリティ作であり、nano氏のブログなどで拝見することができる

また、当記事では、タヌキとどこぞのネコロボットなら一言で憤慨するような気軽さで彼のことを呼び捨てにしているが、nanoさん自身彼のことを、タヌキ『君』や『ちゃん』などと読んだことが一度もないためであり、他意はないことをご了承していただきたい。

タヌキタヌキなのである。

2012年5/20日に行われた第一回生放送アンケートによって発表された人気投票にて、nano氏(68)を除いてはキャラクター中、一位である16%の票を集めた。

世界一メジャーなネズミ

 

ご存じ、世界一メジャーネズミ
配信ゲームにおいて役の吹き替えはだいたい彼担当。
今日もどこかで、たくさんの人に夢を与えている。

2012年5/20日に行われた第一回生放送アンケートによって発表された人気投票にて
動画シリーズのほぼ大半のメインを務めているにもかかわらず、12%と上記のタヌキに4投票差で負けてしまったが、彼が世界一メジャーネズミであることに変わりはなく、それはとても細なことである。

なお役にもかかわらず紹介の順番がタヌキに次いで二番なのは前記事の名残であり、編集者による他意はないことをここに記載しておく。

 

世界最速のウサギ

 

世界最速のウサギ
吹き替えではに小粒なキャラクターを担当することが多く、、エピックミッキープレイ時には、ウサギつながりでオズワルドも担当した。
nano氏の同居人の一人であり、一つのシリーズ役をったこともあって、配信などにもちょくちょくそのを聴くことはできていたのだが、にもかかわらず
2012年5/20日に行われた第一回生放送アンケートによって発表された人気投票にて、全体の4と、遺憾ながらもっとも低い投票率をたたき出してしまった。

ウサギ涙拭けよ……

 

カッパ

とある配信に唐突にその姿を見せた、たまにタヌキの頭の上にちょこんと乗っている、手のりサイズカッパ

頭の上から生きることについての大切な知恵や知識を彼に教えているらしく、最近になって、ふんっ という強い一息と共に、その小柄な体系からは想像できないほどの軽快な動作でジャンプをしている姿が確認された。

毎回出番があるときのみ、遠路はるばる故郷(大阪在住)から訪ねてきているようで、配信が終わると即帰宅している模様。
上記の同居組の三匹とべると当初出番は少なかったが、まるまるたぬきによってついに動画デビューを飾り「よっ、若いの!」という台詞を看に、出番が格段に増えた。

河童の時代は近い

曜日擬人化娘+α その他

nano氏がお友達絵師ゲラゲラゲラゲラ笑いながら企画した、月火水木土日を擬人化した女の子たち。

※名前後ろは判明しているコンセプト

月曜日ちゃん:月曜日ってうんざりするからせめて、素敵なを迎えたい、フェミニィで透明度のある子。
火曜日ちゃん
水曜日ちゃん
木曜日ちゃん
金曜日ちゃん
土曜日ちゃん
日曜日ちゃん
祝日ちゃん:祝日カレンダーいため、を着たsっ気交じりの月曜日ちゃん、発端はユースト時代のキングダムハーツ配信に流れたコメント

からなる八人メンバーに加えてツイッターパソコン擬人化診断が元のpc(ぱちょこ)が確認されている。

それぞれにコンセフトが存在し、全員が共通してタヌキコンセプトにした小物を身に着けている。
絵師の高い技術から、全員とても可らしく特徴のあるデザインになっており、一見の価値ありだが、残念ながら現在は、なのさんちから29回の雑談で姿を現した以降確認はできなくなっている。

このほかにも、在住で丘でも普通に活動するタヌキ同級生ゆうなまず(ゆうちゃん)
タヌキ幼馴染であるきつねなども確認されているが、出番が少なく今のところ立った情報はない。

主なその他活動 

 「フルボイスで逆転裁判シリーズに、小中大役として出演しており、怪演を見せた。 

関連動画

公開マイリスト

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP