今注目のニュース
あいみょんのフリック入力の速度が異次元の速さだと話題に!
[TGS 2019]TSUKUMOブースでアンケートに答えると,初音ミクのキーキャップが手に入る!
東京ゲームショウ2019、4日間の来場者数は前年からやや減少の26万2076人 入場料の値上げが影響?

No.11 ビッグ・アイ単語

ナンバーズジュウイチビッグアイ

掲示板をみる(149)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

現れよ、No.11!
幻惑の瞳を持つ支配者、ビッグアイ

No.11 ビッグ・アイとは、アニメ遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。

概要

アストラルの記憶のピースとされるモンスターエクシーズ、「ナンバーズ」の1枚。

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/闇属性/魔法使い族/ATK 2600/DEF 2000
レベル7モンスター×2
このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
1ターンに1度、このカードエクシーズ素材1つを取り除いて発動する事ができる。
相手フィールド上に存在するモンスター1体のコントロールを得る。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃する事ができない。

アニメ遊☆戯☆王ゼアル」第17話による

オーバーレイユニットを1つ使うことで、そのターンの自身の攻撃を不可能とする代わりに相手モンスター1体のコントロールを得る効果を持つ。

初登場は遊馬VSジン戦。
No.16 色の支配者ショック・ルーラー」を破壊した遊馬の前に立ちふさがる、ジンの2体ナンバーズ
レインボーシャーマン」と「エクシーズプラント」をオーバーレイユニットにしてエクシーズ召喚され、遊馬の「No.39 希望皇ホープ」を奪い、ホープ遊馬の「クリボルト」を破壊した。
さらに「氷結の舞」で遊馬モンスターの展開を防ぎつつビッグアイホープダイレクトアタックを仕掛けるが、カードに妨され思うようにダメージを与えられず。

最後は遊馬の新モンスター、「CNo.39 希望皇ホープレイ」の餌食となり、ホープカオススラッシュでバラバラに切り刻まれた。

デュエル終了後は「No.16 色の支配者ショック・ルーラー」と共にアストラルに吸収された。どのような記憶を取り戻したかは不明。


その後、チャーリーによってこのカードが吹き飛ばされている場面があった(次回予告では同じ場面で「No.61 ヴォルカザウルス」が吹き飛ばされていた)。その後戻ってきたかははっきりられていないが、遊馬からナンバーズを奪ったDr.フェイカーが所持していた(アストラルが閉じ込められたスフィアフィールド内にこのカードが確認できる)ことなどから、恐らくはチャーリーとの一件の後は遊馬の手元に戻っていると思われる。

わざわざ差し替えたのは、チャーリーが所持していた「No.7 ラッキー・ストライプ」と同じランク7だからだろうか。


上述の通りちゃんと遊馬の手元に戻っていた様で、本当の最終決戦VSナッシュ戦で遂にというか初めて遊馬によって使用された。
ブンブンセブン」と「ガガガマジシャン」をオーバーレイユニットエクシーズ召喚
その際コントロール奪取効果を発動し、ナンバーズの耐性をもち「効果によって破壊も除外もされない」状態だったナッシュの切り札「CNo.101 S・H・DArk Knight」をいとも簡単に奪った
ナッシュにとっては想定内だったもののこれが切っ掛けで突破口が開け、ナッシュフィールドは一時的に壊滅めつめつ
次のターン、「CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ」の攻撃を受けてビッグアイは破壊されたものの、視聴者は「こいつはやっぱアニメに味方側で出しちゃいけないナンバーズだったんだな」「遊馬ホープ系統以外のナンバーズをあまり出さなかった理由がこいつのお陰でよく分かった」と当時のOCG環境での暴れっぷりも併せめてビッグアイの強さを見せ付けられたのだった・・・・・・。


効果名は「テンプテーション・グランス」。
効果発動時はオーバーレイユニットが自身のに吸収され、その瞳で対モンスターを見つめることでコントロールを得る。また、遊馬魔法カード「カムバック!」でコントロールを取り戻したときもこのに働きかけている。

見たを一言で言えば、「のついた円錐」。
く巨大な(遊馬身長の2,3倍はある)体に、これまた大きなが1つあるだけという、インパクトのあるデザイン。さらに体の周りにリングがあり、自身の数字である「11」の刻印はこのリング部分にある。

攻撃の際は体当たりを行う。手もなければ足もなく、目からビームを出すわけでもないので、ただビッグアイがこちらに迫ってくるだけである。その攻撃はある意味バイスストリームホープ剣スラッシュより怖い。

ナンバーズ特有の変形シーン不気味であったり、見る人によってはトラウマもの。だが、どこか魅がある。

OCG版

「ザ・ヴァリュアブル・ブック14」(2011年8月19日発売)でOCGに登場。

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/闇属性/魔法使い族/ATK 2600/ DEF 2000
レベル7モンスター×2
1ターンに1度、このカードエクシーズ素材を1つ取り除き、
相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターコントロールを得る。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

※「Vジャンプ WEBexit」ザ・ヴァリュアブル・ブック14紹介ページによる

ナンバーズ共通の戦闘破壊耐性が削除された以外はほぼアニメ版と変わらない。

その効果は、現在禁止カードの「心変わり」が永続的に適用されるといえる強なもの。相手のエースモンスターを奪ったり、裏側表示のモンスターを奪いリバース効果を封じたり(さらに自分が使用することもできる)、シンクロエクシーズ素材にしたり、活用法は様々。
そのターンの自身の攻撃を封じるデメリットはあるものの、奪うカード次第ではそれを大きくえるメリットがある。

攻撃2600と、ランク7の中では標準的な部類。とはいえ、攻撃不可のデメリットもあるため、よほど低くない限り攻撃は気にならない。

登場当初はレベル8にべてレベル7が少々そろえにくかったため、まだ脅威とはならなかった。「ガガガマジシャン」や「冥府の使者ゴーズ」、その他出しやすいレベル7モンスター自体は存在したものの、それらを複数そろえてこのカードエクシーズ召喚を狙う手間を考えると、それほど使い勝手は良くなかった。

とはいえ、効果自体は強であったため、出しにくさという問題さえ解決されれば当然評価は一変する。
レベル7モンスターが出しやすい【征竜デッキ環境トップに躍り出たことで、このカードの採用率も急上昇、その他【幻獣機デッキなど、素材の展開が容易なテーマデッキがいろいろと現れたことで、ミラーマッチになるとビッグアイで相手のビッグアイを奪うというようなことまで起こりうるほどになった。

そうしてビッグアイの採用率が急上昇していったため、2013年9月1日[1]制限改訂によって制限カード定された。同訂で4種類のレベル4の征竜なども規制されている。

しかし、征竜デッキ規制で弱体化したなどの影もあり、2015年1月1日に準制限カードに緩和された。その後、2015年4月1日レベル7征竜が4種類まとめて禁止カードになったため、このカード制限カードになった。


初めて登場したランク7のエクシーズモンスター

ナンバーズとしては初めて禁止・制限・準制限カードリミットレギュレーション)に定された。

相手モンスターコントロールを得るナンバーズには「No.34 電算機獣テラ・バイト」や「No.46 神影龍ドラッグルーオン」などもあるが、単に効果で較すれば、奪う対に制限が全くないこのカードが一番強

見たからは種族が判別しにくいが、魔法使い族である。【魔導デッキなどであればサポートカードを共有できる。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *Vジャンプの発表では「9月下旬から」と書かれているが、公式サイトでは「2013年09月01日適用」と明記されている。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/16(月) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/16(月) 05:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP