今注目のニュース
「悪気はなくても嫌われる男」3タイプ…出会いの場で女性は男のどこを見ているのか?
西野未姫また太る、暴食の結果「2日で5キロ」増加
PS4が約2万円、PS4 Proが約3万円で購入できる年末年始キャンペーンが開催。「PlayStation VR MEGA PACK」も2万円以上お得に購入可能

No.16 色の支配者ショック・ルーラー単語

ナンバーズジュウロクイロノシハイシャショックルーラー

  • 3
  • 0
掲示板をみる(93)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

No.16 色の支配者ショック・ルーラーとは、アニメ遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。

概要

アストラルの記憶のピース、ナンバーズの1つ。

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/属性/天使族/ATK 2300/DEF 1600
レベル4モンスター×3
このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
1ターンに1度、このカードエクシーズ素材1つを取り除いて発動する事ができる。
カードの種類(モンスター魔法)を1つ宣言する。
発動後2回の相手のエンドフェイズ時まで、
宣言した種類の相手のカードの効果は効化される。

初登場は17話(ナンバーズ17「すべてを見通す者 恐怖の占い師・ジン」)。
冒頭でジンデュエルしていた青髪の男が使用していたが、一で奪われてしまった。

本格的に登場したのはその後の遊馬VSジン戦。
ジンは「オレンジシャーマン」、「レッドシャーマン」、「グリーンシャーマン」をオーバーレイユニットとしてエクシーズ召喚する。カードを宣言して効果を発動し、遊馬が伏せていた「バイバイダメージ」を封じて「ゴゴゴゴーレム」を戦闘破壊した。予告でのかっこいいゴゴゴさんの幻想を潰した本人。
返しの遊馬ターン、残ったオーバーレイユニットを「クリボルト」によって「クリボルトトークン」にされ、「No.39 希望皇ホープ」に戦闘破壊された。だが、ジンにはもう1体ナンバーズが残されていて……。
破壊された後もを封じる効果は残り続け、次のジンターンの発動も封じている。

デュエル終了後は例によってアストラルに吸収された。WDC決勝戦後一時Dr.フェイカーに奪われていたと思われるが、WDC終結後は再びアストラル遊馬)の下へ戻っている。


ナンバーズが共通して持つ自身の数字の刻印は、胴体の右側にある。
所有者に現れる刻印は、青髪の男が右手のひら、ジン右手の甲にあった。

カード名は「色(音読み:ショク→ショック)の支配者(ruler,ルーラー)」と、前半部分と後半部分がかけてある。また、16は1(い)6(ろ)の語呂合わせにもなっている。
「色の支配者」は、カードフレームの色を支配し、その発動を封じるということだろう。モンスター定した場合、効果・融合儀式シンクロエクシーズモンスター扱いので1度に6種類の色を支配する。

アニメ公式サイトで行われたモンスター人気投票ナンバーズ編では10位となった。

OCG版

おまけの本付きで「ザ・ヴァリュアブル・ブック14」(2011年8月19日発売)の特典カードとして登場。

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/属性/天使族/ATK 2300/DEF 1600
レベル4モンスター×3
1ターンに1度、このカードエクシーズ素材を1つ取り除き、
カードの種類(モンスター魔法)を宣言して発動できる。
次の相手ターン終了時まで、宣言した種類のカードをお互いに発動できない。

※「遊☆戯☆王ゼアル オフシャルカードゲーム 公式カードカタログ ザ・ヴァリュアブブック14」収録のカードVB14-JP001)による

ナンバーズ共通の耐性は例によって削られたほか、効果を効にする効果は発動を封じる効果となり、お互いのプレイヤーが影を受けるようになったうえ、発動を封じる効果の持続時間が半分になっている。

宣言した種類のカードの発動を封じる効果は強で、特定の種類のカードへの依存度が強いデッキであればこのカードだけで機停止させられる。そうでなくとも、縮小版「大寒波」を撃てると考えたらなかなかいい効果。
自分も封じられてしまうデメリットはあるものの、発動のタイミングに制限がないので、自分が使いたいカードを使ってからこのカードの効果を使えばそこまで気にならない。この点では「大寒波」より使いやすい。

素材は3体必要だが、レベル4は扱いやすいので、素材えるのはそう難しくない。
また、素材3体のエクシーズサポートする後発の光天使との相性がいい。

発動を全にシャットアウトする効果は便利なので、ランク4を扱うデッキでなら十分に採用できる。攻撃が低めなので、戦闘破壊には注意が必要だが、破壊されたとしても相手ターン終了時まで封印効果は継続する。


決して弱い効果ではないが、日本では特別に環境で活躍したというわけでもなく、禁止・制限カードリミットレギュレーション)の定を受けるほどのカードでもない。しかし、海外では、日本とは別の独自の訂を行い始めた2013年9月1日訂で、制限カードからいきなり禁止カード定された。ロックの強さを問題視されたか。
このカード同期の「No.11 ビッグ・アイ」は、日本で制限カード海外制限カードであり、このカードとは逆のような関係。

だったのだが、2015年下半期に登場した「EM(エンタメイト)」とEm(エンタメイジ)」を組み合わせた「EMEm」というデッキにおいて、先行から安定して出せるようになり、その悪さが露呈するようになった。上述のデッキは、「EMの持つサーチ」と「Emのもつレベル4モンスターの展開」があわさり、先行1ターンランク4のエクシーズモンスターを安定して複数並べることが出来るデッキであった。このカードの横に「フレシアの蠱惑魔」等を並べ、相手の展開をほぼ全にシャットアウトすることが容易にできてしまった。
今までのデッキは、「ショックルーラーと共に他の制圧のあるカードが横に立つ」ということはく、またショックルーラーは攻撃2300しかなかったので戦闘でも突破しやすく、そこまで対処自体は難しくなかったのだ。しかしこれらの欠点を他のランク4エクシーズモンスターなどで賄えるこのデッキは登場からく間に環境を支配してしまった。他のデッキが台頭しづらく、「EMEmに対抗できるのはEMEmだけ」とまで言われる程になってしまった。
その結果として。2016年1月1日から施工されるリミットレギュレーションにおいて、禁止カード定された。同訂では「EMEm」のカードもいくつか禁止になり、以下に同デッキが強だということ、ショックルーラーが他の制圧を持ったモンスターと立つことが悪だったということがい知れるだろう。
まさに、「時代がショックルーラーに追いついてしまった」と言わざるを得ないだろう。もしかしたら海外班はこうなることを見越していたのかも知れない。

余談ではあるが、同訂により、エクシーズモンスターでは3枚禁止カード(内1枚は制限解除済)となり、「No.」カテゴリでは初の禁止カードとなった。また、「No.11 ビッグ・アイ」は「征竜」の規制もあってか、2015年4月1日に制限解除されている。これにより、日本海外で両カードの扱いは同じになった。

かつて、遊戯王OCGで発音した場合に最も長いカード名であった時期があった。その後、「No.25 重装光学撮影機フォーカス・フォース」に記録を抜かれている。

発動できない範囲について

魔法定して効果を発動した場合、既に表側表示で存在する永続魔法や永続などは効にできない。カードの発動はできなくなるが、効果を発動することは可であるということ。また、セットするだけなら発動ではないのでそれも可

モンスター定して効果を発動した場合、テキストに忠実に考えると「モンスターを発動できない」という状況になるが、モンスターを発動するという行為はルール上存在しない(モンスターは召喚するもの)。これはモンスターの効果を発動できないという意味である。言い換えれば「モンスター定して効果を発動すると、その効果によってすべてのモンスターモンスター効果の発動を封印される」ということである(したがって、後述するようにショックルーラーの効果適用前にモンスター効果を受けない効果を得ているモンスターショックルーラーの効果が適用されていてもモンスター効果を発動できる)。当然通常召喚・特殊召喚自体には制限がかからず(もちろん、特殊召喚を行うカードでも、宣言された種類のカードの発動はできない)、ペンデュラムモンスターペンデュラムゾーン魔法カードとして発動することとペンデュラム効果を発動することはできる(もちろん、魔法が宣言されていればペンデュラムゾーンに発動することはできなくなる)。
アニメ効果は選択した種類のカード効果を効にするものなので、このような矛盾は起きていなかった。

モンスター定した場合、原則一切のモンスター効果の発動が行えなくなる。これはフィールド以外にも及び、墓地や手札で発動する効果はおろか、除外されている「異次元偵察機」やデッキで発動する「ナーガ」などの効果まで封じられる。

一方で、「発動」しない効果は封じられない。いわゆる永続効果やルール効果(通称)と呼ばれるものである。
例としては「サイバー・ドラゴン」の手札から特殊召喚する効果、「人造人間-サイコ・ショッカー」のを発動不能効化する効果、地縛神Sinなどのフィールド上に1体しか存在できない効果、「封印されしエクゾディア」の特殊勝利効果、などなど。

この効果の発動にチェーンして宣言した種類のカードを発動することは可

このカードの効果にチェーンして「エフェクト・ヴェーラー」の効果を発動され、このカードの効果が効になった場合、そのターンエンドフェイズで「エフェクト・ヴェーラー」の効は切れるが、次のターンにこのカードの効果が適用されることはなく、宣言した種類のカードを使用できる。

モンスターを宣言しても、「毒蛇神ヴェノミナーガ」のハイパーヴェノムカウンターを置く効果は、ヴェノミナーガの持つ耐性ゆえに例外的に発動可。ヴェノミナーガと「スキルドレイン」の関係(先にあるほうの効果が優先的に適用される)とは異なり、どちらが先にあってもハイパーヴェノムカウンターを置く効果は防げない(「スキルドレイン」の場合、耐性そのものを効化するため、先にあればヴェノミナーガに勝てる。耐性は発動しない効果)。

一度このカードの効果が適用された場合、その後でこのカードが破壊されたり、「スキルドレイン」などでこのカードの効果が効になっても、次の相手ターン終了時まで宣言した種類のカードは発動できない。

関連動画

 

関連商品

 

関連項目

掲示板

  • 91ななしのよっしん

    2019/01/03(木) 19:17:48 ID: Mj5mMyVBuT

    イラスト好きだから帰ってきて欲しいけど、まあ理だろうな
    こいつが立った時の制圧は尋常じゃなかったし、EMEmの先攻ゲーはこのカードに頼っていた部分も大きいからな
    効果使うのに素材3枚要すれば許されるのかね(それでも悪用される可性大だが)

  • 92ななしのよっしん

    2019/03/18(月) 23:45:30 ID: DJNB/ndr1z

    使用者もデザインも好き

  • 93ななしのよっしん

    2019/07/05(金) 09:53:26 ID: nWaU6vxXFm

    ゴヨウみたいに天使レベル4にすればワンチャン

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/12(木) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/12(木) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP