今注目のニュース
人からもらったものが食べられない… 警戒心が強すぎる人の特徴
記者会見のキーボード音が気になる…
20円で買える幸せ。 チロル「いちごみるく」がレギュラーで仲間入りしたよ!

NSX単語

エヌエスエックス

掲示板をみる(113)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

NSXとはホンダ(本田技研工業)スポーツカーである。

概要

ニュー」「スポーツカー」と未知数を表す「X」を合成させたNewSportsCarXの略である。

1989年プロトタイプモデル発表からしばらくは、NS-Xと、SとXの間にハイフンが入っていたが、1990年の販売開始時にはハイフンが取れて現在の名称となった。

NA1型/NA2型 (1990~2005年)

ホンダの第2期F1参戦を機に「世界に通用するHONDAの顔を持ちたい」との願いから開発されたであり、バブル気絶頂期の1989年に発表され、翌1990年から2005年までの15年間の長きにわたってフルモデルチェンジを行うことなく製造及び販売がなされた。

価格は販売当初は1グレードのみの800万円(AT仕様60円高)で、当時の乗用車の中では最高額だった。

その後、良や装備の追加 等により徐々に値上がりし、900万-1,300万円台となっていた。

販売した15年間、いずれもスポーツカーとしては日本最高額を誇った。

最高時速は270km/hをえるといわれている(日本仕様180km/h制限されている)。

また当時、自動車として他に類を見ない世界初のオールアルミニウム製ボディーを採用した。

その特殊性から生産の工程は大規模工場などのロボットを使った流れ作業によらず、ほとんどを手作業で行っていた。

このような性質から、日本一のスーパーカーとも評され、内の同じ280PSクラススポーツカーライバルとは一線を画していた。

経年劣化や過酷な走行により傷んだ車両メーカーによってリフレッシュする「リフレッシュプラン」なるサービスが行われている。

上記のサービスはNSXオーナー(新中古問わず)であればでも受けられるが、過度の改造が行われている場合、サービス範囲外となり入庫を受け付けられない。

次期モデル

当初、2003年に発表したコンセプトカーHSC」をベースに、2010年を販売標として開発が進められていたが、リーマンショックによる急速な気後退により、開発が中止された。このときのマシンは、SUPER GTGT500レースマシンHSV-010 GT」へと転用された。

その後、2011年から別の形で開発を再開、2012年1月に「NSXコンセプト」として、モーターを併用したハイブリッドカーの形で発表された。ホンダ2015年までに完成、販売することを明言した。そして2014年からコンセプトモデルという名ではあるが先行でSUPER GTGT500車両としてNSXが復活している。

2代目・NC1型(2016年~)

世界的な不況や開発の難航によりたびたび発売が延期されていた2代目モデルだが、2015年についに正式発表され、アキュラブランド2016年から生産が開始。北市場で先行発売となり、日本での納17頃となる見込み。定価は2370万と、限定生産を除いて日本最高額となり、並み居る外スーパーカーに並ぶほど価格もスーパーになった。

エンジンコスワースと共同開発した3.5LV6DOHCツインターボを搭載し、モーターと合わせたハイブリッドシステム最大580以上を発揮する。駆動方式はミッドシップ4WD
サイズは初代にべ全長・全幅・ホイールベースは拡大されたものの、全高は低められている。ボディはアルミニウムを基本に、ルーフなどにカーボンが使用され軽量化が図られている。

またFR化・ノンハイブリッド化されたNSXがGT3として改造され、北耐久レースに投入されている。販部品を多く用いながらも、高いパフォーマンスを発揮していると好評である。

NSXの関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/24(火) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/24(火) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP