OH-1単語

オーエイチワン

1.2千文字の記事
掲示板をみる(142)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

OH-1とは陸上自衛隊が所有する観測ヘリコプターである。称は「ニンジャ

概要

OH-6の後継機種として川崎重工三菱富士と協して開発した純産のヘリコプター

OH-1 NINJA設計開始から3年程度で初飛行という異例なスピードで開発が行われた。理由は簡単で川崎重工も基礎設計を社内スタートさせており、エンジンを手がけた三菱契約前にエンジン開発に処をつけていたため。口が悪い軍事オタクからはFSX計画に懲りて、アメリカから横が入らないように処がついてから開発スタートとなったという話もちらほら…。

観測ヘリコプター(偵察ヘリコプター)であるが、OH-6の横並びではなく、AH-64の様な縦並びの操縦席となっており、非常にスリムな外見をしている。

この機体の最も大きな特徴が関節ハブローターシステム
この特徴的なローターシステムと強エンジンの組み合わせによって従来のヘリコプターでは困難である以下のような飛行が可である。OH-1 観測ヘリコプター

その高機動は多分説明するより見てもらったほうがかにいだろう。

ここまでの機動ができるヘリコプター西ドイツ製のBo105等決して多くなく、当然ながらヘリとしては初である。

また観測ヘリコプターとして不可欠な中静止(ホバリングも非常に優れており、パイロットが手放しでもホバリングを維持する事が可開飛行ではパイロットがホバリング状態で両手を離して小さい国旗を振るというパフォーマンスを見られることがある。

これらの非常に優秀な設計がAHSに評価され、優れたヘリコプターに贈られるハワードヒューズ賞を受賞した。なおこの賞を米国製以外のヘリコプターが受賞するのは史上初である。

OH-1の調達は防衛省概算要案に基づくと前倒しに平成22年度調達分をもって終了。最終調達機数は34機(除く試作機4機)と極めて少数の調達に留まったことは特記しておくべきだろう。

飛行停止

以前はローターブレードの不具合で一年以上全機が飛行停止になった。それ以外にもエンジンの不具合により約3年半全機飛行停止状態になっている。エンジン良は行われているが、エンジン修費用は1基6000万円で全機修となると40億円以上かかり、全機の修が了するには10年以上かかるとされている。[1]

主要諸元

自衛用として短距離空対空ミサイル4発を装備可。また増槽を標準装備

関連動画

関連項目

脚注

  1. *自滅への道歩む陸自ヘリ部隊exit 2019.10.22
この記事を編集する

掲示板

  • 140ななしのよっしん

    2022/12/09(金) 08:15:43 ID: iYzx7tMonZ

    残念ながら止の方向へ
    まあウクライナ戦線でヘリまともな働き出来てなかったしな

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 141ななしのよっしん

    2022/12/18(日) 16:34:56 ID: ck+3CIFNb8

    産潰しの一環
    攻撃ヘリや観測ヘリ、まぁそれぞれ単機ではコスパ悪かったりドローンで代用出来ても、例えば人員救助
    (戦地でも自然災害などでも)のような多的に使えるのがヘリコプターだが陸自合計90機もヘリ失って大丈夫かよと
    せめてUH2をもっと調達するか、UH60もハイローで入れて欲しい。

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 142ななしのよっしん

    2022/12/18(日) 16:43:25 ID: 18g6rIdTp5

    AHやOHで人員救助とかほぼ理だゾ
    まあアパッチで緊急時の搬送手段はあったけどあれ機外搭載だし…

  • 👍
    1
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/07(火) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/07(火) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP