OP詐欺単語

オープニングサギ

3.9千文字の記事
掲示板をみる(330)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

OP詐欺とは、アニメゲームの冒頭で流れるオープニングアニメーションが、本編の内容・イメージクオリティと一致しない時に使われる言葉である。

概要

多くのアニメ・ゲーム作品がスパンで世に溢れては消えていく昨今、“とりあえず”OPだけでも見ておこうという視聴者は少なくない。そんな彼等を引き込む為にも、OPには様々な訴求力められる。メインとなる登場人物達や物語の大まかな雰囲気の紹介、更には動きのある整ったアニメーションや魅的な主題歌を盛り込む事で、視聴者を未知の作品へと誘う。

しかし、これらの要素が肝心の本編と一致しない(しなくなってしまった)場合も多々あり、視聴者からは詐欺レベル認定を受けてしまうケースがある。これらの“OP詐欺”は主題歌詐欺、演出詐欺作画詐欺の3つに分けられる。

主題歌詐欺

歌詞詐欺
タイアップ曲ではないなのに、歌詞ストーリーが全く合っていないという詐欺アニメーションにおける楽曲の地位が安定していない時期の作品に多く見られる。製作に深く関わっていないスタッフ作詞し、歌詞ストーリーと合っていない「無敵超人ザンボット3」「機動戦士ガンダム」や、SMAPの歌うラブソングにもかかわらず本編ギャグアニメの「赤ずきんチャチャ」、作られていた別曲を歌詞の固有名詞部分だけを書き換えて採用した為、当時としてはしくやや説明不足な仕上がりになってしまった「闘士ゴーディアン」等もこれに当たる。尚、ゴーディアンは演出詐欺の項でも触れられている。

曲だけは名曲詐欺
OPは名曲なのだが、それに肝心の本編の内容がついて来られていなかった詐欺影山ヒロノブが在籍した「レイジー」の元メンバーが結成した「ネバーランド」の名曲、「孤独路」をOP曲に据えた「サイコアーマーゴーバリアン」だが、80年代アニメとは思えない程レトロ作画定評がある。さらにゴーバリアンは、メカマジンガーZそっくりにするようにダイナミックプロデザイン発注するなど、アニメ自体が「ブランド詐欺」の疑いもある。

 演出詐欺

本編の内容と著しく異なる映像を流す詐欺。OPだけ見た印と、内容があまりにかけ離れている場合がこれに当たる。

OPだけ見ると面そうに感じられる本編の出来があまり芳しくなかったり(下項「作画詐欺」も参照)、OPで役扱いされているキャラ本編では全に脇役いは結果的に本編に出演していない(本編徴しない)シーンや人物、メカ等が描かれている場合が挙げられる。本編では名前どころか存在すらしていないキャラクターがOPに出演してしまっている「魔法遣いに大切なこと」等もこれに当たる。

本編の内容と沿わない詐欺

このタイプの場合、製作側のによる内容の乖離が視聴者に直に伝わってしまう詐欺す。
但し、それがスポンサー制作現場のすり合わせによる商業的事情であったり、パイロット版映像の段階の名残りであったり理由自体は様々なものがある。

なのにつまらなく見えるしい詐欺
また、主題歌詐欺でも取り上げた「闘士ゴーディアン」OPは、第1話で主人公にしか動かせないゴーディアン理に乗り込んだシーンを流用している為、戦闘に躍動感が見られない。歌詞・演出と二重の詐欺であるが、タツノコプロ創設者である吉田夫氏の死去前後から起こっていた人材流出時期と重なる為、止むを得なかったのだろうか。 ただし、そのOPに流用された第1話のシーンもその後、バンクとして主人公が搭乗した戦闘シーンとしても再度流用されている。

演出詐欺…?(意図的な演出詐欺)

最近では視聴者の第一印を逆手にとって、制作側が意図的に本編内容に沿わないOPを演出する事で視聴者を惹きつけるケースも多い。「天体戦士サンレッド」(アニメ)、「ザ☆ネットスター」(TV番組)等がこれに当たる。また、一見しただけでは本編に沿っていないように思えるOPが、よく見ると実はストーリーと一致している…という凝った構成を繰り出してくる作品もある。「魔法少女まどか☆マギカ」が有名。演出詐欺返し、とでも言うべきだろうか。

18禁アダルトゲームのOPデモなどでは萌えを全面に押し出した明るいムービーでわざと騙して、中身をプレイしてみたら絵以外まるっきり違う内容だったりするのが良く見られる。例を言うと・・・

作画詐欺

OPの作画クオリティが非常に高いので期待して観たら、肝心の本編作画ヘッポコでした…という詐欺。3種の詐欺の中で最も多いと思われる。1980年代から90年代にかけてのTVアニメ(特にロボットアニメ)粗製濫造期に多く見られる。葦プロ90年代タツノコプロ、そして国際映画社制作アニメのほとんどはこれ。

OPと本編クォリティの差がしい詐欺

デザインの大幅なアレンジによる詐欺(通称:大詐欺バリグナー
本編作画が悪い訳ではないが、OPと本編メカの頭部デザインがあまりにも違った為に詐欺扱いされているケースアニメーター大張正己。彼がOPで独特なアレンジをしてしまった為に、プラモデルデザインが違い過ぎてバンダイに怒られたとの逸話もある。演出・作画の二重詐欺。それでいいのかサンライズ
 

関連まとめ動画

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 328ななしのよっしん

    2022/10/27(木) 12:19:11 ID: omRXZc97Zf

    >>325
    それ系だとキン肉マンII世もひどい
    OPに色んな悪行人出てきて「いつ出るんだろう?」とかワクワクしてたのに、結局一人として出てこなかったからな
    (不採用になった応募人を流用したのかな…)

  • 329ななしのよっしん

    2022/11/06(日) 06:11:40 ID: Uv5BvJFdau

    多分炎のキン肉マンのOPのオマージュなんだと思う。
    いろいろでてきた悪行人がどれも本編で出てこないは。
    あれもOPで悪魔超人全然でなくて知らんばっかりという、(ps2再現OPでは悪魔超人に差し替えられてる)

  • 330ななしのよっしん

    2022/11/27(日) 23:24:07 ID: bwak9KRGtp

    「要点を拾うとそうなんだろうけど、結果OPからイメージできる内容と本編が別物」という不思議な作品、
    バトルはその通りなのに違う!存在しない・・・とも言い切れないがほぼ詐欺レベルキャラ描写!最後の五くらい存在しない何か!

    でもOPの完成度、短編映像作品として高いんだよなぁ・・・当時すごいワクワクした

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/02(金) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/02(金) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP