今注目のニュース
艶やかな黒髪をなびかせて――『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 雪ノ下雪乃 -白無垢- 1/7 スケールフィギュア』が「F:NEX」より登場
ママと工作中“のりしろ”を乱暴な命令形と勘違いする娘がかわいい漫画 「うちも同じ」
『スター・ウォーズ』ダース・モールのライトアップフィギュアが再販決定

orpheus単語

オルフェウス

  • 11
  • 0
掲示板をみる(290)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

orpheusとは、東京大学で開発された自動作曲システムである。

概要

音楽というのは基本的にコード進行に一定の法則性があり、それを利用するとそれなりなクォリティを持った曲を自動的に作曲することができる。

Orpheusは歌詞を打ち込めば楽に作曲してくれる上に、しかも合成音声までついて歌ってくれるという、非常に画期的なシステムである。自動作詞も備えており、将来的にはこのシステムをさらに進化させ、作曲はおろか、歌詞作成から歌までもすべて自動で曲が作れてしまうようになる、と開発者の嵯峨教授った。

……が、しかし、「勝手に作曲してくれる上にボーカルまで入れてくれる、しかも研究的なので無料」というあまりにも研究熱心な姿勢が災いしてしまった。

そう、あの大沢たかおを使った読み上げ機をさんざんおもちゃにして遊んだなんJ民をつけられたのである。

ただの読み上げだけでもさんざんおもちゃにしたなんJ民は、曲に合わせて歌ってくれるという「さらに進化したおもちゃ」に飛びつかないはずがかった。

なんJ民はこのおもちゃを手に入れた間、とある弁護士K氏のことをおもちゃネタとして使い、K氏や淫夢ネタにした曲を作詞しまくった上、Orpheusにボーカロイド並の調教を加え、曲を大量に生産し始めた。さらに作曲した後、完成URLを貼るだけで曲を開できるという手軽さもアダになり、Orpheusの流行に拍をかけてしまった。

おもちゃを使い潰すことに定評のあるなんJ民は、ロックからオペラ、果ては般若心経もどきのお経までも作成してしまい、これには研究室の先生も驚いたようで、

歌詞は全く感心できませんが、自動作曲でこんなことができるなんて、開発者の側でもびっくりです。

歌詞は、これでは唐沢さんがかわいそうですが、自動作曲の使い方は見事です。まるでオペラみたいですね。名作なので、管理者消去するのが惜しい。(ss)

とのコメントを残している。

もちろん開発者さんサイドとしては一応怒っているようで、序良俗に反する歌詞や、中傷を含む楽曲を禁止している。……が、やはり相手はなんといってもなんJ民である。開発者さんサイド削除して回っているらしいが、それに追いつかないほど作曲されたり、ニコニコなどに転載されたりするなど、もはや事態は収拾できなくなりつつある。

なお、現在は開発者さんサイド削除も半ばあきらめたのか、「特定コミュニティ(=なんJの作品」としてなんJ民の作品を隔離しており、巨大な警告文exitとともに「研究より実が大きくなれば閉鎖する」と宣言している。

自動作曲技術開発の立場から、自動作曲の多様な利用法を把握して研究の進展に役立てるのが的で、自動作曲結果を保存していますが、この先のページには歌詞の内容が偏っていて一般ユーザの視聴に適さない作品が多く含まれています。個人名、揶揄、中傷、罵詈雑言、汚物用、性的表現なども見られます。なお、研究にとって益よりの方が大きい事態になれば、ここは閉鎖します。

実のところ特定コミュニティ、もといなんJ民の楽曲には歌詞さえをつぶれば)意外と研究用途になる(前述のように自動作曲にもかかわらずロックから読経まである)ため、K弁護士などによる法的措置などがない限りは一応をつぶるつもりであるらしい。また、投票が隔離されたのも、「歌詞が面いから」「不謹慎度が高いから」などの理由で投票されるのを防ぎ、純に「自動作曲システムを上手に使った曲」を投票で上位にあげるためという理由があるらしい。

それにしても、研究用のシステムをこれだけおもちゃにしている上、大量に不適切な表現を含んだ曲を「一応研究的なので」と置いてくれている開発者さんサイドには、なんJ民感謝しなければならない(め)。

そしてついに2012年12月削除が追いつかなくなったため、隔離サイト閉鎖されてしまった。しかし嵯峨先生サイドには何の非もないことを銘記しなければならない。

と、思われていたが即復活を遂げた。どうやら2013/2/15日にNHKが特集を組んだようでそれの取材の際に一応消しておいた模様である。うーんこの
しかしそれと同時にいくつかの名曲削除をくらいなんJ民ショックを受けている(mp3はいまだに残っている) 

ちなみに……

この「オルフェウス」、爆笑問題爆問学問で取り上げられたことがあるexit

たとえ楽器ができなくても、譜面が読めなくても作曲ができる。そんな夢のシステムオルフェウスだ。オルフェウスはまだまだ未熟だが、歌詞さえいれれば好みのタッチ作曲し、しかも歌ってくれる。夢であることには変わらない。
(中略)

数学音楽はつながっている。」今回の役、嵯峨山茂教授る。数学を武器にしながら、独学でピアノマスターしてしまうほどこよなく音楽愛している。
オルフェウスの小さな一歩から、音楽世界の大変革がはじまるかもしれない。
音楽好きの私はそれを待ちこがれている。

関連項目

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/21(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/21(火) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP