R-9C単語

ウォーヘッド

  • 4
  • 0
掲示板をみる(49)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

R-9C"WAR HEAD"R-9C"WAR-HEAD"/ウォー・ヘッドとは、
R-TYPEシリーズ登場機体である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ カスタム仕様 ]
第一次バイド戦のデータをもとに建造されたカスタムタイプである。

亜空間での戦闘に特化した機体で拡散波動砲の装備など火器強化に重点をおいて開発された。その突き抜けたポテンシャルと破壊はまさに化け物と呼べる代物であった。

機体解説-つきぬける最強-

R-TYPEII」が初出であるこの機体は、当初R-9Aレーザーに加えショットガン、サーチの2種類のレーザーを追加、更に投下後前方広範囲へと炸裂する誘爆ミサイルを追加した純なアッパーバージョンとして建造されている。
また、職人による手作業で建造されたらしく、オリジナル機体は数えるほどしか存在していないとされる。

R-TYPE FINAL」においてはベテランパイロット向けのカスタム機としての位置付けであり、R-9A2データを受け継いで良された機体でもある。
また、「R-TYPE TACTICS」では亜空間航行を備えた機体として登場。較的い段階で開発可なので、活躍する機会は多い。

高すぎるポテンシャル、そして過酷な戦闘環境に対応する為にパイロットの四肢を切断し、「ANGEL PAC」と呼ばれるサイバーコネクトシステムによりコントロールされたという暗い噂もあるが、軍の機密に阻まれにされていない為詳細は不明である。

R-9Aより戦闘を重点に置いた為か、キャノピー部分が偏キャノピーから装甲キャノピーへ変更され、コクピット内部にはキャノピー部分へ集積された情報を元に合成映像を出する形をとっている。
その為、外部からはコクピット内部が見えないようになっている。こうした強化も、暗い噂を現実的に思わせる一面となっているのかもしれない。
それでもラウンドキャノピーにこだわる理由としては、それ自体がR戦闘機アイデンティティーであるからに他ならない。

なお、ビットデバイスに関してはビット自体が強化されていない為、R-9Aのものがそのまま搭載されている。 

武装

関連動画

登場は2:15~
初出作「R-TYPEII」のスーパープレイ

関連商品

関連コミュニティ 

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/09(日) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/09(日) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP