Red Seeds Profile単語

レッドシーズプロファイル

2.3千文字の記事
掲示板をみる(57)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Marvelous Entertainment Presents

 

午前0時の異変

この町の悪夢





Red Seeds Profile
レッドシーズプロファイル

静かな田舎町"グリーンベイル"で起きた猟奇事件の正体とは──?

 

 

概要

 Red Seeds Profile(レッドシーズプロファイル)とは、アクセスゲームズ開発(発売:マーベラスエンターテイメント)のXbox360,PS3アクションアドベンチャーゲーム
発売日は2010年3月11日
プレイヤーFBI官であるフランシスヨークモーガンとなってアメリカ田舎町"グリーンベイルで起きた猟奇事件を捜することになる。

評価

「評価が極端に割れゲーム」として、日本国内のみならず海外でもその名が挙がるゲームである。

ギネスワールドレコード ゲーマーズエディション」というゲーム分野での世界一紹介する書籍の2012年版には、「最も評価が極端に割れサバイバルホラーゲーム」として本ゲームが掲載されている。

欠点と悪評

 テクスチャー等グラフィック面のレベルの低さ・操作性の悪さ・単調な戦闘・貧弱な敵AIなど、プレイしたどのユーザーが認める、立った欠点が存在することは確かである。
 そういった欠点を強調するようなプレイ動画や、意外すぎるラスボス戦の動画などが半ばネタ的な形でニコニコ動画含む動画サイト投稿され、それが有名ゲームブログ紹介されるなどしたため、そういった情報にしたものにとっては「欠点の多いゲーム」「妙なネタゲー」として印付けられてしまった。
 その上、そういった欠点を列挙した紹介文付きで「クソゲーオブザイヤー2010」にノミネートされてしまったことも悪いイメージを決定付けたといえる(クソゲーオブザイヤーに関しては、「操作性は悪いがむしろ良ゲー」として後に「選外」とされた)。

 さらにこのゲームアメリカで先行発売されたのだが、アメリカの有名ゲームサイトIGN」が「10点満点中2点というひどい点数を付けていたこと、さらにアメリカではメーカー希望小売価格19.99ドル(北で発売された2010年2月為替レート1ドル=約90円で換算すると1799円。)という、日本版の希望小売価格8190円べて格段の安価で販売されていたことが明らかになった。
 その結果、「海外ではロープライスでしか販売できないようなクソゲー日本ではフルプライスで売り抜けようとしている」という印が定着してしまい、もはや期待して購入するものはほとんど居なくなった。

意外な高評価

 しかし、そういった悪評とは裏に、ゲームサイトDestructoid」でのレビューでは、まさかの「10点満点」が付けられた。この1サイトだけが妙な採点をしたと言うわけではなく、「Gaming Target」では「8.5点」、「digital chumps」では「8.8点」、Game Informerでは「7.75点」といったように、較的高い評価を贈るサイトが多かったのである。
 海外では前述の安価リリースされたことから「ロープライスゲームの割には頑っている」として甘い評価になったという一面もあるだろうし、高評価を付けたサイトでも上記のような欠点は挙げていた。しかしそれでもどのレビューではほぼ一貫して、その奇妙で予測がつかないストーリーや独特の雰囲気、人物描写を高く評価している。

 発売時のレビュー以外でも、その後ゲームサイトGame Spot」における2010年Most Surprisingly Good Game(意外と面くてビックリ賞)」や、ゲームに関する番組「X-Play」における「2010年ゲームベスト10」中の「9位」(ちなみにファイナルファンタジー13は10位)等の様々な賞を獲得し、評価された。
 監督シナリオライターをつとめたHidetaka Suehiro(SWERY)氏はこのゲームによって、アメリカゲーム業界誌「Game Developer magazine」の選出する「2010年ゲーム業界に貢献した50人のゲーム開発者」の1人に選出されている。選出理由として「この作品の舞台である町グリーンベイルでは、プレイヤーが見ていないところでもキャラクター達が実際に生活している」「メインキャラクターの人格・内面が深く描写されている」「ゲームキャラクターを書こうとする者はであっても、このゲームから何かを学べるはずだ」などという賞賛が贈られている。
 「Games Radar」における2010年の「BEST WORST GAME」を受賞した際の短評はこのゲーム特性をよく物語っているかもしれない。「グラフィック、操作性、その他全てが現代の標準に達しないヒドい出来だ。しかしそれらが結合すると、何故だかベストゲーム仲間入りをする」。

 そういった高評価はユーザーの間でも顕著であり、カルト的な人気を博している。しかし前述のように評価が割れゲームとして有名であり、やはり全くの低評価しか下さないユーザーも数多い。

ついでの知識

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 55ななしのよっしん

    2020/10/17(土) 08:02:46 ID: rurcc/Tvym

    パッケージ日本語入ってるけどね
    今ならamazon北米版がお買い得

  • 56ななしのよっしん

    2021/11/13(土) 19:38:07 ID: LHW73vvEb6

    ねえ、ちょっと触れてみたけどこのシリーズ戦闘いる……?

  • 57ななしのよっしん

    2022/07/07(木) 01:22:48 ID: xII8tR7uuc

    いくらなんでもゲーム性酷すぎるだろ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/06(木) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/06(木) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP