今注目のニュース
『天気の子』新海誠監督、『時をかける少女』細田守監督など…好きなアニメ映画監督といえば?
"頭を使うビジネスマン"は1日3個卵を食べよ
【大阪】駅のホームから電車が来る直前の線路に「爆竹」を投げるおじさんが目撃され物議!

Sa・Ga2 秘宝伝説単語

サガツーヒホウデンセツ

掲示板をみる(165)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Sa・Ga2 秘宝伝説とは、スクウェアから発売されたゲームボーイRPGである。
タグSaGa2がもっとも多く使われている。

概要

最初ににんげん(男と女)、エスパー(ボーイガール)、メカモンスターから四人選んでパーティーを組むRPGである。
あらゆる種族と文化がごった煮状態で共存する世界観、レベルの概念がい、ほとんどの武器に耐久があり原則消耗品であるなどRPGとしてみるとややしい特徴を持っている。

これらを端的に表現するならば、
「その肌に触る者は火傷し、その眼で見られた者を石化させるエスパーが、パワードスーツを着込んで右手に十手・左手癒しを持ちながら戦車を乗り回し、魔法を唱えながら核爆弾で敵を倒すゲーム
とでも言えば分かるかと思われる。

2009年9月17日には、スクウェア・エニックスからニンテンドーDSリメイク版『サガ2秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY』が発売された。
舞台3Dに移しはしたものの、メインストーリー台詞戦闘バランスなどは原作に極めて忠実に再現されている。
3D化に伴いテレポートや高速移動などのマップアビリティが追加され、秘宝のうち、○○マギだったものの一部がマップアビリティ用の秘宝に変化している。
戦闘シンボルエンカウントになり、エンカウント時に近くにいる敵も一緒になって大勢で襲ってくるチェーンエンカウントや、サガフロンティアの連携が搭載され、このシステムに関連するミューズモイラが追加されている。連携ではサガシリーズ染みの技が多数登場する。

また、この連携によってチーム内の人間関係が変化していき、それによってサブイベントが発生する時もある。
その他、強化されたボスと戦える亡者の闘技場魂の暗域が追加され、ボスを撃破したあかつきにはレアアイテムが貰えるため、これによって複数入手・再入手不可能アイテムがほぼなくなった。
細かいところでは、若干やりすぎた感のあるパロディのごく一部及び、CEROに引っかかるためかご禁制の品がそこはかとなく修正されている。
このほか、最後の最後で最大の変更点があるのだが、それはぜひ自分ので確かめて頂きたい。

種族紹介

GBサガ(及びサガフロンティア)は種族毎に通常の特性だけでなく
成長システムまでもがまるっきり違うという、かなり個性的な面々となっている。
秘宝伝説では4つの種族から好きなように選択して四人パーティを作ることになるが、
編成したパーティによって全く違う戦略が必要となる。

にんげん
装備した武器で戦うオーソドックスな種族で、自身は何の特殊も持たないがよく伸びる
このゲームにはレベルの概念は存在せず、戦闘中に取った行動によって戦闘が終了時にステータスがたまに上昇する。
体術やで素さが、などの武器でが、魔法を使えば魔が成長していく。を使えば防御も上がることがあるにはあるが、確率は非常に低い。
さは素さ系の武器の威と行動順にかかわってくるため鍛えこむと先に行動できて尚且つ威も高いと便利だが、攻撃の命中率は依存なので育てる順番は悩ましいところ。なおダメージが安定している、カウンター系攻撃を受けない、グループ攻撃が出来るといい事ずくめだが、を使っているとが伸びないので注意。
魔法の自習得はしないが、各種魔道書を装備すれば対応する魔法の使用が可
DS版では武器の熟練度が導入され、同じ系統の武器を使い続けると強くなるようになった。
エスパー
基本は人間と同じだが、たまに特殊を習得することがある。
特殊ファイアケアルと言った魔法から、テレポートなどの移動用特技、○ほのお といった耐性まで多岐に渡り、最大で同時に4つまで習得できる。たまに ×でんき などの弱点属性を習得してしまうこともある。
このは装備欄と共有されており、を4つ覚えると装備は半分の4つまでしか身に付けられなくなる。逆に、装備を5個以上身につけている状態では3個以下でスペースが埋まってしまうため、装備を外さないとそれ以上を覚えられない。
人間同様、戦闘時に取った行動によって成長する。育つ速度人間べて緩慢で、特にはからっきしであるが、防御は人間よりもやや上がりやすい。
メカ
自身は全く成長しないが、武器や防具を装備すると対応するステータスが上昇する。パーツを良いものにアップグレードするような感じで強くなっていく。
装備によってしかを上げられない分、ほとんどの場合1回で人間エスパー以上に大きく上昇するため、新しいに辿り着いて武器防具を新調すると仲間内で一番強くなる事が多い。また、防具を装備箇所を視して重複装備することができる。
メカに装備した武器はその時点で使用回数が半分になってしまうが宿屋に泊まると使用回数が回復するため、強い武器をメカに装備すれば半永久的に使用することができる。
魔法は一切使用できなかったが、DS版では魔回路が登場し、少々理すれば魔法を使えるようになった。
モンスター
成長というよりは変身していく種族で、戦闘終了時に敵モンスターを落とす場合があり、これを食べると別の種族のモンスターに変化する。
この食いには一定の法則があり、必ずしも強くなるとは限らないが、原則として強い敵を食べると強いモンスターになれる。強敵を喰らえば一気に強い種族になることも可
や特技は種族毎に全に固定されており、装備品やアイテムの使用は不可能となっている。
DS版では特技継承や変異種が追加された他、以前は最終盤の中ボスのみだった最高クラスを落とすモンスターが第四世界に登場し、魂の暗域で何度も戦うことができるため、モンスターが4体でも全員最高ランクモンスターになれるようになった。

NPC

秘宝伝説にはプレイヤーとして選択した四人の他、イベントで一時的に五人仲間が加わることがある。

せんせい
主人公たちが住む故郷の学校教師をしている、その名の通りのせんせい父親を探す主人公と三人の仲間立ちを温かく見送ると思いきや、不安だったらしく最初の洞窟を抜けるまでは同行してくれる。
種族はモンスター。前作魔界塔士スライムのような外見をしており、DS版では種族がスーパースライムと明記された。
最序盤の仲間にしては戦闘力が非常に高く、最初の洞窟戦闘は彼に頼り切りになる。HP吸収の溶かすに加え、グループ攻撃のファイアも所持しており攻撃は抜群。防御面ではケアルで生徒のケアも万全。
洞窟出口に待ち構えるボス殺した後はその場で寝ずの番をしており、主人公たちの故郷へ帰還を24時間体をって阻止する。学校はほっといていいんですか。
カイ
イシスの殿に住む女神官。癒しを持ち、容姿もかわいいため最初の世界アイドル的存在であるが、戦闘の際は巨大なバトルハンマーらのハートノックアウトしてくれる可憐な乙女
癒しは生まれた頃から体内に持っていた秘宝のによるもので、後に秘宝を狙う敵に体内へ侵入され、それを追う主人公たちに体内をうさま踏み荒らされることになる。特に、手足の血管や腸の中だけに留まらず、心臓の中にまで侵入することになるため、あまり手な技は使わないようにしてあげよう。
秘宝を抜かれた後は癒しを失ってしまったらしく、殿からはすっかり人気が失せてしまう。参拝客も現なものである。
ふくめん
砂漠世界屋に閉じ込められている男。共通の的を持つ主人公たちに同行してくれるが、最初は武器を奪われている。途中で武器を取り戻すが、いかんせんバトルハンマーなのでイマイチ役に立たない・・・と思いきやえれえ強い。中のザコはおろか、ボス戦でさえ彼のバトルハンマーは猛威を振るう。最初のと言えるボスとの戦いを彼のおかげで切り抜けられたというプレイヤーは少なくないだろう。
見た父親に似ているがツッコんではいけない。
リン
行方不明父親に代わって病気母親を看病している少女病気に効くというを探して山に入り、帰れなくなってしまったため主人公たちが町まで送っていくことになるが、そこで探していたポーションなのにツッコミを入れたプレイヤーは多いはず。それは山で採取するモノなのか。
中華な見たに似つかわしく体術を持つが、戦闘ではまったくの役立たずである。理に活躍させたければ銃器を装備させるのが難だが、迷子少女火縄銃を撃たせるのは道徳的にいかがなものだろう。
その後も別件でもう一度仲間になるが、役に立たないのは相変わらず。しかも、今度は装備を調えることもできない。
ちちおや
主人公父親旅の途中で再会するが、秘宝を守る的があるためには帰れないと言うものの主人公とは一時的に共闘してくれる。過去聖杯exit聖櫃exit、さらに四つのクリスタルを守ったことがあるという。魔界塔士の にんげんおとこ ではないか?という説が流れているが相は闇の中。
サブマシンガン電撃ムチを装備しており攻撃は十分、ケアルの書で回復もこなせるが、アーマーベストを脱ぐと防御マイナスになる虚弱親父でもある。
ところで、両親共にどう見ても人間であるにもかかわらず、主人公モンスターだったりメカだったりすることもあるが、ツッコんではいけない。きっとパーツでも取り付けたんだろう。
おたま
大江戸の世界父親の後を継いで女だてらにっ引きをしているキップのいいさん。子分にカメのでんぱちいるのだが、追われる身になったでんぱちを匿う言い訳が「吉原にでも遊びに行ったのでしょう」なのは少々直球勝負すぎやしないだろうか。吉原あるの?
っ引きらしく十手を装備し投げ銭も使うが、武器としての性は低いため、そこそこ高いステータスが活かせない。余っている武器があれば、それを渡すと活躍するだろう。さりげなく流し目も装備しており、お色気を武器にするしたたかさも持ち合わせているようだ。ただし、敵をマヒらせるのを色気と言っていいのかどうかは疑問。
ローニン
おたまと同じく大江戸の世界で寺子屋を開いている浪人。もとは岡山士だったらしい。岡山もあるの?
寡黙だが義理人情に篤く、主人公たちに同行して江戸の巨悪を討つために戦ってくれる。
白刃取りを使う剣術の達人だが、人間系特効の村正で群がる敵をバッサバッサとり捨て、あまつさえ寺子屋にいるときも二本差しをから離さない危ない人。
めがみ
冒険の終盤で仲間になる古き
ステータスカンストしており、えらく強い。と思いきや、破壊抜群のメインウェポンは使用回数が少なく、使用回数限のサブウェポンは威イマイチな上に単体攻撃なので意外と頼りにならない。
それでも、いざというときの切り札としてはそれなりに役に立つ。

敵キャラ

ラムフォリンクス
故郷の町を出たところにある最初の洞窟出口取っている固定敵なのだが、せんせいに溶かされて一で死ぬ運命にある悲しいモンスター。もっとも、せんせい抜きでも普通に倒せる強さなのだが・・・。
なお、ラムフォリンクスは後に普通に出てくる雑魚モンスターであり、この手の「ちょっと強い雑魚の固定敵」は随所に登場するためしくもなんともないのだが、多くのプレイヤーラムフォリンクスの名前だけはよく覚えているようである。
「ひほうをよこせ!おれはかみになるんだ!」
アシュラ
2世界を支配するボス砂嵐の中に隠れる阿修羅最上階にいる。
「○ダメージ」を持ち魔法が効かないためやたら強くみえるが、の中で仲間になるふくめんのスーパーバトルハンマーのおかげで主人公らがよほど弱くなければ労せず勝てる。
元は1匹のただのゴブリンだったらしいのだが、秘法を手に入れたお陰で6本の腕を持つ怪物に変化したんだとか。秘宝といってもただの炎のマギとかそんなんばっかなのだが。
アポロン(小世界2まで)
第4世界に君臨する新しき
主人公らと出会った当初は紳士的であり、アシュラを倒してくれたことに礼を言うと共に、これ以上のは必要ないと言って主人公らに秘宝をくれる。しかも同世界にまだ残っている秘宝のありかのヒントまで教えてくれる。
そうして第4世界は特に何事もく通り過ぎることになるが、そこでの態度は仮の姿。途中色々なところで再登場しては裏で暗躍しており、最終的には本性を表して主人公らの持つ秘宝を全て奪おうとする。
ビーナス
6世界で大都会を治めている。ビーナスの名の通り美をするが、一方で美しくないものを極端に嫌うがゆえに自分の都市を高いで覆って外界から遮断してしまい、美しくなくなった者は容赦なくの外へ追放している。
そのあまりの傲慢さから主人公らと対立することになる。決戦の際に主人公に言われたいまのあんたがいちばんみにくいぜ!名言
なお、ほとんどのボスには標準装備の ○へんか を持っていないため、石化攻撃で即死するボスとして有名である。厳密にはアシュラも ○へんか を持っていないのだが、時期的にアシュラには石化攻撃をする手段がないため、即死するのは事実ビーナスだけである。
しょうぐん おおごしょ
第7世界大江戸を統治するボス。しょうぐんは越後屋と裏で手を組んで麻薬を流すなど悪事の限りを尽くしているが、コイツ自身はただのバカ殿で大して強くもない。
しかししょうぐんを倒した後に現れる黒幕のおおごしょは秘宝を持っており、強なたつまきを起こす他、バルカン砲を乱射するなどかなり危険な人物。
オーディン
第8世界バルハラ宮殿に住む新しき
ここまででは、戦闘全滅すると見知らぬ宮殿のような場所に飛ばされる。そこにいる人物から「まだやるか」と問いかけられ、そこで「はい」と答えると全滅した戦闘を最初からやり直せるようになっているのだが、初めて復活させてもらうときに「将来わたしと戦え」と誓わされる。この時の宮殿バルハラ宮殿であり、戦うことを誓わされた人物がオーディンその人である。
なお一度も全滅せずオーディンの世話にならないままここに来ても戦うのは避けられない。
倒すと秘宝を手に入れると共に宮殿を抜けて次の世界にいけるようになるが、これ以降は全滅すると即座にゲームオーバーになってタイトル画面に戻されるようになる。
デスマシーン
第9世界にて最後の秘宝を守っているボス
雑魚モンスターではないというだけで特に会話があるするわけではい。
いるのは洞窟の最深部だが、そんな場所で容赦なくかくばくだんをぶっ放してくる大変物騒なマシーン
アポロン(第9世界以降)
汚い手で主人公らが集めた秘宝を奪い、そのによって大幅なパワーアップを遂げて界の中央で主人公らを待ち受ける。「この イージスのたてで きみらのこうげきは ふせぐぞ」という言葉の通り、最初はひたすらに隠れるだけで何もしてこないが、一定ターン経過すると秘宝の効果が現れて怪物へと変貌する。
怪物になってからはやたら強いが、頑って倒さなくても待っていると勝手に死んでくれる。
秘宝を全てえずに使ったため不全な変身をしてしまい自滅したようだが、それならたった7個の秘宝で変身してたアシュラは何だったんだろうか?

ピコカキコ

作曲植松伸夫伊藤賢治の共作

2506
1.伝説は始まる 植松伸夫
1398
2.秘宝を求めて 植松伸夫
1400
3.必殺の一撃 伊藤賢治
2799
4.Eat The Meat 植松伸夫
2948
5.安らぎの大地 伊藤賢治
2803
6.勇者のテーマ 伊藤賢治
2993
7.天の柱 植松伸夫
2808
8.闇の狭間で 伊藤賢治
3143
9.さまよえる魂 植松伸夫
2810
10.新しき神のテーマ 伊藤賢治
1199
11.あっ!! 植松伸夫
2949
12.死闘の果てに 伊藤賢治
3519
13.秘宝の謎 植松伸夫
2994
14.Never Give Up 伊藤賢治
2995
16.燃える血潮 植松伸夫
1881
17.Save the World 植松伸夫

関連動画

関連商品

GB版

GODDESS OF DESTINY

関連コミュニティ

元ネタ

神話エクスカリバーゲンブアポロン等)ネタテンプレファンタジーミスリルエリクサー等)ネタ省略
DSで追加されたもの、赤字DS版で修正されたもの。

アイテム・連携技

モンスター

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/16(月) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/16(月) 05:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP