今注目のニュース
〝食べログやくざ〟が波紋。事実と違う口コミは罪に問われないのか?恐喝行為の可能性は!?
美少女ゲームレーベル「feng」運営のホワイトローズが破産 「あかね色に染まる坂」など人気
網タイツをあえて封印した生脚仕様!『冴えカノ』加藤恵がメタリック仕様のバニースーツ姿でフィギュア化!Amazonで予約受付中

Satoshi Nakamoto単語

サトシナカモト

  • 1
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Satoshi Nakamotoとは、暗号通貨Bitcoin」(ビットコイン)の最初の開発者であり、おそらく最初の採掘者、そして最初の送信者である。

Bitcoinやひいてはそれに続いた多数の暗号通貨、さらには様々に応用されるブロックチェーン技術の始祖とも言える存在だが、その正体は一切不明。

概要

Bitcoinは、2008年10月31日暗号理論に関するメーリングリスト内で「Satoshi Nakamoto」によって発表された論文「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System[1]に基づいて開発された。

2009年1月3日には最初のBitcoin(「block #0」とか「genesis block」などと呼ばれることもある)が初めて採掘された。Bitcoinは採掘や取引の記録を遡ることができるため、その記録が現在でも確認できるexit

その5日後の1月8日には同じメーリングリスト内で「Satoshi Nakamoto」よりBitcoinリリースが告げられた。リリースよりも採掘が先なので、つまり1月3日の最初の採掘は「Satoshi Nakamoto」による試し掘りであった可性が高い。(あるいは、Satoshi Nakamotoにリリース前にBitcoinを試用させてもらった何者か、という可性もあるが)

さらに1月12日には最初の他者への送信exitが行われており、これは「Satoshi Nakamoto」からの10BTCの送信だった。相手はPGP社に所属する暗号技術者サイファーパンク活動家でもあった「Hal Finney」で、上記メーリングリスト内で期から「Satoshi Nakamoto」と活発な議論を行った人物でもある。

「Satoshi Nakamoto」は初期にはBitcoinの共同開発に参加していたが、2010年には他の開発メンバーBitcoin公式サイトbitcoin.org」のドメインを含む様々な権利を譲り渡して連絡を絶った。その後は2014年3月に数年ぶりに一度だけ短いメッセージ投稿したのみで、2018年2月現在では数年間音信不通となっている。しかしBitcoinオープンソースであるため他の開発メンバーがその後もプロジェクトを引き継いで開発は続けられている。

Bitcoinの、ひいては暗号通貨コミュニティからは「始祖」的な人物として尊重され、時には崇敬のような感情を向けられていることもある。Bitcoinの最小単位「0.00000001 BTC=1 satoshi」の名称が彼(または彼女?)にちなんで名付けられていることからもそれがわかる。暗号通貨コミュニティで論争が起こったときなどに「それはSatoshi Nakamotoの思想と異なる」とか「Satoshi Nakamotoの論文をもう一度読み直せ」といった言葉が相手への非難として使用されることもある。

「思想」と言うとやや大仰にも感じられる言葉だが、確かに「Satoshi Nakamoto」が思想とも言うべきものを持っていたらしいことは、発言記録からもい知れる。例えば上記のメーリングリスト内で、「You will not find a solution to political problems in cryptography.」(「あなたは暗号技術の政治的問題への解決策を見出すことはできないと思う」)というコメントに対して、「Satoshi Nakamoto」はこう回答している。

Yes, but we can win a major battle in the arms race and gain a new territory of freedom for several years.
(そうですね。しかし々はこの数年間、「軍拡競争」の戦場において勝利し、新たな解放領域を獲得することができています。)

Governments are good at cutting off the heads of a centrally controlled networks like Napster, but pure P2P networks like Gnutella and Tor seem to be holding their own.
(各政府は、例えば「Napster」のような中央制御式のネットワークの息の根を止めるのは得意でした。しかし「Gnutella」や「Tor」のようなピュアP2Pネットワークは屈していないようです)

Satoshi

こういった発言から察するに、Hal Finneyと同じくサイファーパンクであり、リバタリアン的な思想をもってBitcoinを創り上げたものではないかと思われる。

「Satoshi Nakamoto」の正体は不明である。日本人男性であるかのような名称だが、日本語を使った形跡はく本名なのかどうかは疑問視されている。

「中本哲史」と日本語表記されることもあるが、これはかつて「bitcoin.co.jp」において記載されていた表記である。[2]しかし「bitcoin.co.jp」のドメイン2011年に登録されたものであり、「Satoshi Nakamoto」が表舞台から姿を消した後に作成されたサイトであることを考えると、本人に「あなたの名前はどう漢字表記するのか?」と聞いて記載された表記ではなく、推定表記に過ぎない可性が高い。

男性」「複数ではなく一人の人物」をす人称代名詞「He」が使用されることが多いが、これらの点についても確たる根拠は何もない男性かもしれないし女性かもしれない。複数人のグループの共同名義かもしれない。

年齢も不明で、老人かもしれないし若者かもしれない(仮に2009年に未成年天才少年/天才少女だったとしても現在は成人しているだろうが)。容姿も不明。

これまでマスコミなどがその正体を探ろうとしたが、少なくとも表されている限りではも成功には至っていない。「この人こそSatoshi Nakamotoだ」と名しされた人物は複数居るが、ほぼ全員が「自分はSatoshi Nakamotoではない」と否定しており、推定の理由も「名前が似ている」とか「この人なら開発可では?」といった憶測に基づくものばかりで、動かぬ確かな拠が示された人物は一人も居ない。「自分がSatoshi Nakamotoである」と申し出た人物も一人居るが、それを明するための十分な拠を提示しなかったためにこの申し出は信頼されていない。

ちなみに上記の「2014年3月に数年ぶりに発せられた短いメッセージ」は、「Satoshi Nakamoto」だろうと推定された人物が現れてメディアに追い掛け回されていたときに「私はその人物ではない」とする内容であった。騒ぎをたしなめようとしたものと思われる。

これまでの論文や投稿には英語が使用されており、その文章には非英語話者がしばしば行う不自然な表現やミスなどの跡が認められないことが確認されている。また投稿時間の解析から睡眠時間帯が推定され、標準時UTC-5かUTC-6の地域で暮らす人物ではないかとも推測されている。

人間ではなくAI人工知能)なのではないか?」[3]という突飛な考えを持つ人も居るようだ。しかし2008年2009年当時のAIBitcoinのような高度なコーディング人間が書いたものと見紛うほどの論文制作自由な会話を行うことなどはできていなかったため、少なくとも人間ではないかと思われる。

他の説としては「Satoshi Nakamoto魔王説exit」「Satoshi Nakamotoエイリアン説exit」など。

Bitcoin創成期に採掘(マイニング)を行っていたため、非常に多くのBitcoinを所有しているとされている(1148800BTCと推定した調がある。[4]2018年2月4日現在のレートで換算すると日本円にして1兆円)。にもかかわらず、姿を消して以後これらのビットコインを使用している形跡がない(上記のようにビットコインは取引の記録が開される)。この点も「Satoshi Nakamoto」の社会的立場や価値観についてのを深め、様々な憶測を呼んでいる。

「Satoshi Nakamoto」の正体を探って表しようとすることには倫理的な問題点もある。「Satoshi Nakamoto」の素性が明かされれば、世界中の犯罪者からその所有Bitcoinを狙われること、またBitcoinの存在を快く思わない者からの攻撃がなされることはほぼ確実であろう。また「Satoshi Nakamoto」のこれまでの行動から考えると、自らの素性を明かすことを望んでいないと想像がつく。

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *Bitcoin公式サイト内で英語原文がPDFファイルで読めるexit。また、和訳版を公開しているブログexitもある。
  2. *Bitcoin P2Pベースの仮想通貨 - ビットコインexithttp://www.bitcoin.co.jpの、2011年7月17日時点のアーカイブ
  3. *Is Satoshi Nakamoto an A.I.?exit
  4. *The Well Deserved Fortune of Satoshi Nakamoto, Bitcoin creator, Visionary and Genius | Bitslogexit

掲示板

  • 4ななしのよっしん

    2018/02/15(木) 17:15:43 ID: eFzbgLI1jt

    これからの世の流れ次第ではノーベル経済学賞モノの人物なのかもしれない

  • 5ななしのよっしん

    2018/03/03(土) 08:43:55 ID: MWaqqOXZ+e

    >>4
    マジノーベル経済学賞モノだよね
    仰る通り流れしだいで、人類史に残る偉人になるかも
    コレで数年以上続いたユダヤ人マフィアによる世界支配が揺らいだら面いわ

  • 6ななしのよっしん

    2018/06/03(日) 14:15:54 ID: 0suJ2yhiPH

    >>2
    それはナカモトのせいじゃなくて自業自得なんだよなぁ・・・

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 09:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP