SCP-SAFE-J単語

セーフガイッパイ

5.7千文字の記事
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

SCP-SAFE-Jとは、シェアード・ワールドSCP Foundation』に登場するオブジェクト(SCiP)である。

名は『Some Safes (Safeがいっぱい)』。

概要

SCP-SAFE-J
基本情報
OC Safe, Euclid, and Keter
著者 DJ Suptic
作成日 2015年6月18日
タグ 容器
熱力学
金属
リンク SCP-SAFE-Jexit
SCPテンプレート

SCP-SAFE-Jは3つのセーフティボックス (以下、Safeと略記する)である。いずれのSafeも同じ商品で外観上の差異のないSafeだが、SCP-SAFE-J-AはSafeSafe、SCP-SAFE-J-BはEuclidSafe、そしてSCP-SAFE-J-CはKeterのSafeである。これらのSafeSafe性はオブジェクトクラスSafeSafeでないかによってある程度判別可だが、それぞれ以下の特徴がある。

SafeSafeSafe性確認試験によってSafeであることが確認されているため、高度な特別収容プロトコルは制定されていない。EuclidSafeは基本的にはSafeだが、KeterのSafeに近づけるとSafeではないSafeになってしまう。そのときは、SafeSafeに近づければSafeに戻せる。KeterのSafeは全くSafeではなく、このKeterのSafeSafeSafeEuclidSafeのようにSafeにするための収容方法の研究を進めているものの、KeterのSafeSafeSafeEuclidSafeのように全にSafeSafeになることはないだろうと推測される。このように、3つのSafeにはそれぞれSafeな面とSafeではない面が存在し、この危険性・問題点に関するアセスメントは全に了していない。なので、SafeSafeEuclidSafe、KeterのSafeを取り扱う際にはSafe第一を心がけよう。

現在、これらの3つのSafeの収容担当を務めるのがDr.SafeDr.EuclidDr.Keterの3名である。Dr.Safeの担当はSafeSafeDr.Euclidの担当はEuclidSafeDr.Keterの担当はSafeSafeEuclidSafeの収容業務の補助であり、KeterのSafeDr.SafeDr.EuclidDr.Keterの3名が共同で行っている。KeterのSafeDr.SafeSafeSafeDr.EuclidEuclidSafeのようにSafeな状態に保つにはDr.SafeDr.EuclidDr.Keterが協して収容に当たることが欠かせないだろう。

しかし朗報がある。最近、Dr.SafeDr.EuclidDr.KeterのKeterのSafeEuclid間上にマクロスケールマイクロウェーブ放射を行い飲食物を加熱・解凍するを有し、これにより解凍された飲食物 (SCP-SAFE-J-D)はKeterのSafeSafeな状態に保つ性質を持つことが判明した。このSCP-SAFE-J-Dはその性質を発見したDr.Thaumiel名前を取ってThaumielと呼ばれており、KeterのSafeSafeSafeに保つ性質を持つことからThaumielとして定される。このThaumielのThawed MealはDr.SafeDr.EuclidDr.Keterにより(Safeとはいえないものの)Safeであることが確認されており、Dr.SafeSafeSafeDr.EuclidEuclidSafeDr.SafeDr.EuclidDr.KeterのKeterのSafeSafeに使用可

今後、SCP-SAFE-Jとして定される全てのオブジェクトDr.SafeSafeSafeDr.EuclidEuclidSafeDr.SafeDr.EuclidDr.KeterのKeterのSafeDr.SafeDr.EuclidDr.KeterのKeterのSafeSafeな (しかしSafeではない)Euclid間上のマクロスケールマイクロウェーブ放射により解凍されたSafeThaumielThaumielSafeな状態に保ち収容する方法が確立されればSCP-SAFE-J全体がSafeに再分類されるだろう。

何言ってるかさっぱりわかんない人のために

このオブジェクトは「同音異義語」の言葉遊びテーマにしたもの。『Buffalo buffalo Buffalo buffalo buffalo buffalo Buffalo buffalo. (バッファローバッファロー恐怖するバッファローバッファローバッファローバッファロー恐怖する)』とか『Substitute substitute substitute substitute substitute substitute substitute substitute substitute substitute substitute. (かわりの補欠を代用するかわりの補欠はかわりの補欠を代用する代わりの補欠を代用する)』とかと同じわけである。ポイントは以下の通り。

上記を踏まえて読んでみよう。

解読

SCP-SAFE-J
基本情報
OC Safe(), Euclid(), and Keter()
著者 DJ Suptic
作成日 2015年6月18日
タグ 容器
熱力学
金属
リンク SCP-SAFE-Jexit
SCPテンプレート

SCP-SAFE-Jは3つのセーフティボックス (以下、Safe()と略記する)である。いずれのSafe()も同じ商品で外観上の差異のないSafe()だが、SCP-SAFE-J-AはSafe(オブジェクトクラス)Safe()、SCP-SAFE-J-BはEuclid(オブジェクトクラス)Safe()、そしてSCP-SAFE-J-CはKeter(オブジェクトクラス)Safe()である。これらのSafe()Safe(安全)性はオブジェクトクラスSafe(オブジェクトクラス)Safe(オブジェクトクラス)でないかによってある程度判別可だが、それぞれ以下の特徴がある。

Safe(オブジェクトクラス)Safe()Safe(安全)性確認試験によってSafe(安全)であることが確認されているため、高度な特別収容プロトコルは制定されていない。Euclid(オブジェクトクラス)Safe()は基本的にはSafe(安全)だが、Keter(オブジェクトクラス)Safe()に近づけるとSafe(安全)ではないSafe()になってしまう。そのときは、Safe(オブジェクトクラス)Safe()に近づければSafe(安全)に戻せる。Keter(オブジェクトクラス)Safe()は全くSafe(安全)ではなく、このKeter(オブジェクトクラス)Safe()Safe(オブジェクトクラス)Safe()Euclid(オブジェクトクラス)Safe()のようにSafe(安全)にするための収容方法の研究を進めているものの、Keter(オブジェクトクラス)Safe()Safe(オブジェクトクラス)Safe()Euclid(オブジェクトクラス)Safe()のように全にSafe(安全)Safe()になることはないだろうと推測される。このように、3つのSafe()にはそれぞれSafe(安全)な面とSafe(安全)ではない面が存在し、この危険性・問題点に関するアセスメントは全に了していない。なので、Safe(オブジェクトクラス)Safe()Euclid(オブジェクトクラス)Safe()Keter(オブジェクトクラス)Safe()を取り扱う際にはSafe(安全)第一を心がけよう。

現在、これらの3つのSafe()の収容担当を務めるのがDr.Safe(人名)Dr.Euclid(人名)Dr.Keter(人名)の3名である。Dr.Safe(人名)の担当はSafe(オブジェクトクラス)Safe()Dr.Euclid(人名)の担当はEuclid(オブジェクトクラス)Safe()Dr.Keter(人名)の担当はSafe(オブジェクトクラス)Safe()Euclid(オブジェクトクラス)Safe()の収容業務の補助であり、Keter(オブジェクトクラス)Safe()Dr.Safe(人名)Dr.Euclid(人名)Dr.Keter(人名)の3名が共同で行っている。Keter(オブジェクトクラス)Safe()Dr.Safe(人名)Safe(オブジェクトクラス)Safe()Dr.Euclid(人名)Euclid(オブジェクトクラス)Safe()のようにSafe(安全)な状態に保つにはDr.Safe(人名)Dr.Euclid(人名)Dr.Keter(人名)が協して収容に当たることが欠かせないだろう。

しかし朗報がある。最近、Dr.Safe(人名)Dr.Euclid(人名)Dr.Keter(人名)Keter(オブジェクトクラス)Safe()Euclid(ユークリッド)間上にマクロスケールマイクロウェーブ放射を行い飲食物を加熱・解凍するを有し、これにより解凍された飲食物 (SCP-SAFE-J-D)はKeter(オブジェクトクラス)Safe()Safe(安全)な状態に保つ性質を持つことが判明した。このSCP-SAFE-J-Dはその性質を発見したDr.Thaumiel(人名)名前を取ってThaumiel(仮称)と呼ばれており、Keter(オブジェクトクラス)Safe()Safe(安全)Safe()に保つ性質を持つことからThaumiel(オブジェクトクラス)として定される。このThaumiel(オブジェクトクラス)Thawed Meal(レンチンしたご飯)Dr.Safe(人名)Dr.Euclid(人名)Dr.Keter(人名)により(Safe(オブジェクトクラス)とはいえないものの)Safe(安全)であることが確認されており、Dr.Safe(人名)Safe(オブジェクトクラス)Safe()Dr.Euclid(人名)Euclid(オブジェクトクラス)Safe()Dr.Safe(人名)Dr.Euclid(人名)Dr.Keter(人名)Keter(オブジェクトクラス)Safe()Safe(安全)に使用可

今後、SCP-SAFE-Jとして定される全てのオブジェクトDr.Safe(人名)Safe(オブジェクトクラス)Safe()Dr.Euclid(人名)Euclid(オブジェクトクラス)Safe()Dr.Safe(人名)Dr.Euclid(人名)Dr.Keter(人名)Keter(オブジェクトクラス)Safe()Dr.Safe(人名)Dr.Euclid(人名)Dr.Keter(人名)Keter(オブジェクトクラス)Safe()Safe(安全)な (しかしSafe(オブジェクトクラス)ではない)Euclid(ユークリッド)間上のマクロスケールマイクロウェーブ放射により解凍されたSafe(安全)Thaumiel(オブジェクトクラス)Thaumiel(仮称)Safe(安全)な状態に保ち収容する方法が確立されればSCP-SAFE-J全体がSafe(オブジェクトクラス)に再分類されるだろう。

関連動画

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2022/07/06(水) 12:15:06 ID: 2wGtd5UdGc

    JPでこんな感じのありそう。
    見ててsafeゲシュタルト崩壊起こしかけたわ。

  • 8ななしのよっしん

    2022/07/06(水) 12:28:30 ID: 4L1vQpV6hy

    >>7
    JPだと「生」とか「下」の読み仮名がやたら多い漢字を連打し続けるヤツになりそう

  • 9ななしのよっしん

    2022/07/06(水) 14:49:28 ID: 12Ep8vEChe

    このSCP-SAFE-Jの記事にSCP-6327-J(もしくはSCP-六三二七-J、またはSCP-___-J)のを与えてみたくなる

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/20(土) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/20(土) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP