今注目のニュース
40代でやる気が出ない原因は「男性ホルモン」の減少…どうすれば防げる?
「どう見ても槍(やり)を持った人にしか見えない」 静岡の道路で見つかった案内標識が「想像以上に槍」だと話題に
実業家の男、財産分与が嫌で現金1億円を燃やして資産を処分? 罰金を命じられるも真偽は…

SEED(ガンダムシリーズ)単語

シードガンダムシリーズ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(28)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

SEED(ガンダムシリーズ)とは、機動戦士ガンダムSEEDにおける、いわゆる覚醒である。
劇中で発動したのはキラ・ヤマトアスラン・ザラカガリ・ユラ・アスハラクス・クラインシン・アスカの5名のみ。
後述する発動時のイメージ映像から一般的な俗称を種割れという。 ファンの中で言及される場合はだいたい種割れと言えば通じる。

劇中での概要

正式名称はSuperior Evolutionary Element Designed-factor(優れた種への進化の要素であることを運命づけられた因子)で、SEED頭文字を取った略語。命名者はエリカシモンズ。 
ナチュラル・コーディネイター問わずに一部の人間に発現する「人類が一つ上のステージに上がる可性」(ノベライズ版より)といわれるもの。
ただ、「火事場の馬鹿力の表現」や「人間性の喪失を表現したもの」と監督と発言するなどSEEDシリーズのお芸である設定の揺らぎが見られる。
劇中ではこれを持つものは特別な存在と一部の人物(SEED世界のフィクサーことマルキオ導師ギルバート・デュランダルプラント最高評議会議長ら)に認識されているようであるが、有名な要素とは言いがたいようである。

アニメ劇中では発動すると、発動者のの色をした種子(シンならキラなら)が割れイメージとともに、眼のハイライトが消える。 実際怖いしレイプ目っぽい。
発動中は反応や判断が格段に速くなり、迷いなく的確に相手を殲滅する「バーサーカー」とも形容出来るような凄まじい戦闘力を発揮する。
感情の昂ぶりや危機的状況で偶発的に発動することが多く、感情の昂ぶりがトリガーとなるのだが性格面では口数が少なく感情の発露が少なくなるなど、感情を殺す方向に作用する。
ある程度回数を重ねるとコントロールが利くようにできるのか、SEED後半以降、フリーダム搭乗後のキラは任意での発動ができるようになっており、SEED DESTINYでの戦闘時はほとんどSEED発動状態で戦っており凄まじい戦闘力を発揮していた。本気出してないなんて大嘘じゃないですかー、やだー! 
コントロール下での発動では、感情を殺すような面はあまり現れなくなる。表情は相変わらずレイプ目で怖いが。
ちなみにアスランジャスティス搭乗後はコントロール出来ていたのだが、SEED DESTINY前半は迷いが多いのが悪影を及ぼしたのか、一度も発動していない。
シンカガリ、ラクスについては作中でコントロールできていたかどうか不明。 シンはいつもキレっぱなしで感情の昂ぶり放題だったしカガリ戦場に出て極限状態に陥ったのがSEED最終話付近とSEED DESTINYオーブ攻防戦くらいしかないので判断がつかない。ラクスはコントロールしてそう。

人類に普遍的にある要素のようにも感じられるが、作中で発動したのはコーディネイター4人とナチュラル1人とコーディネイターに偏っている。
コーディネイターの遺伝子操作によって因子の発動が促されているという説もあるが定かではない。
また、割と好き放題やってる外伝ASTRAYシリーズでは意外なことにSEED因子持ちキャラは今のところいない。 

他作品での扱い

スーパーロボット大戦ではシリーズによって扱いが異なるが、気上昇で発動し与ダメージ・最終命中・回避・クリティカル率に大きめの補正がかかる強として再現されている。
キラアスランシンが強になるのは論、カガリも発動中はそれなりに使えるようになるし、ラクスも戦艦故になかなか発動させ難いが、発動を安定して出来るようにしてやるとエターナル戦闘を積極的にこなせるようになる。
 
ただ、カガリやラクスは封印されている時期が長く、作品によってはアスランも後半になるまで封印されていることがあるためキラシン双璧の強さになることが多い。 

Gジェネレーションシリーズだと戦闘関連の値+5、強気で更に覚醒値が+20される固有アビリティとして登場している。
微妙値上昇と、原作通りSEED系列のMSに乗せようとするとストライクフリーダムプロヴィデンスドラグーンにしか補正が入らない覚醒アップのため、スパロボのそれよりは効果が低く、使い勝手もあんまり良くない。
人によってはスロット駄として外して使われることもある。あんまりだ。 

VSシリーズにおいては、ガンダムVSガンダムではフリーダムの特殊武装として実装されていた。効果は発動中任意のタイミングで行動キャンセルが自在にできるというものであり
他を圧倒する異常なまでの機動自由度の高い立ち回りでガンダムVSガンダムではぶっちぎりの強さを誇った。 
次作であるNEXTではシステム変でキャンセルが全機体できるようになったり、SEED自体も弱体化したためそこまで強なものではなくなった。
EXVSシリーズでは、フル覚醒で種割れ状態のカットインが入るくらいに見えるが通常の覚醒べると若干違う補正がされて差別化が図られている。 

関連動画

種割れシーン動画

関連商品

関連コミュニティ

seed(ガンダムシリーズ)に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

  • 26ななしのよっしん

    2018/03/29(木) 10:09:03 ID: YmCQUGISXC

    意味を知らないと卑な言葉に聞こえそうだ(現に自分がそうだったから)

  • 27ななしのよっしん

    2019/03/18(月) 11:11:07 ID: TohjkABpee

    どっかの書き込みでみたが「母艦やそれに乗ってる友人のために覚醒するキラと自分が死にそうになって覚醒するシン」でめっちゃ笑った

  • 28ななしのよっしん

    2020/02/28(金) 04:58:54 ID: x/FnpcVclF

    >>27
    大体の連中が怒りかそれに近い感情で覚醒してるからなぁ
    「守りたい」って気持ちで覚醒したキラは中々レア

急上昇ワード

最終更新:2020/02/28(金) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/28(金) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP