今注目のニュース
配達員姿のスヌーピーが貯金箱になった 切手セットやポーチなどの「郵便局限定スヌーピーグッズ」がかわいい
ふるさと納税週刊ニュースを新設!1月17日号の目玉は「次回のポイント10倍はいつ」「薪500キロ」
大声で国歌斉唱しているか、騒音計アプリまで使って監視した学校が大炎上

soldatnamn単語

ソルダートナムン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

soldatnamn(ソルダートナムン)とは、スウェーデンで16世紀ごろから存在した軍事的な慣習。

soldat」は「兵士」、「namn」は「名前」を意味する。英語に転ずると「soldier nameソルジャーネーム)」になろうか。

概要

新兵が部隊に配属された際に、新たなラストネームを付けられるという慣習である。

これは同じ部隊に同名の者が居たとしても紛らわしくないように、という実用上の理由があったようだ。あるいは後述のように勇ましい名前が見られることから、戦意高揚の意味もあったかもしれない。

従軍している間使用されるものだが、除隊した後も使い続ける者が居たようだ。

スウェーデンでは代々受け継がれる名字ではなく、の名前に「-son息子)」や「-dotter()」を付けた「称」をラストネームとして用いていた時代も長かった。アンデシュ(Anders)さんの息子アンデション(Andersson)というラストネームを用いたのである。しかし兵士息子父親のソルダートナムンを受け継ぐケースもあり、さらにその後の世代でも使い続ける事もあった。そのため、いわゆる「名字」として定着して現在も残っているものもある。

新兵に別名をつけるという類似の例はフランスの「nom de guerre(ノムドゲール)」など世界で認められるが、それが子供に受け継がれて名字にすらなりうるという点などはややしい。

兵士に相応しいイメージの言葉

  • Frimodig(大胆不敵な)
  • Frisk(新進気鋭の)
  • Modig(勇敢な)
  • Munter(活気付く)
  • Rask(速い)
  • Snäll(機敏な)
  • Stark(強い)
  • Tapper(いさましい)
  • Träff(命中する、打つ)
  • Villig(熱心な)

武器

自然や動物関連

他にも、出身地域など地名を基に名付けられることもあった。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2020/01/18(土) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/18(土) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP