今注目のニュース
夜中2時に鳴ったインターホン 「一人暮らしの女性宅への訪問者」にゾッとする
喫煙中に電子タバコが爆発 米・17歳少年のあご砕ける
胸や尻を触り卑猥な言葉も ヒーローショーのお姉さんがセクハラ被害告白 東京ドーム「事実確認中」

SPIRAL LIFE単語

スパイラルライフ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

SPIRAL LIFEとは、車谷浩司石田小吉(現:石田ショーキチ)によるユニットである。

概要

 バンドブーム期に活躍したバンド「BAKU」のギターボーカルバンドの解散後、以前から交流のあった石田と結成し、1993年にポリスターよりデビュー
 二人で作った曲の初出はBAKU解散間際にメンバー各々が作詞作曲ボーカルを担当した「BAKU」というシングル3枚組のコンピレーションにて石田が「Freaks of go go」名義で制作した「Love Frower」と「Brind」の2曲で、この頃からSpiral Lifeのサウンドを思わせる曲になっていた。 

 特徴としては、の透き通るような歌に、当時流行していた渋谷系オルタティブロックの要素、6070年代ロックンロールフレーズ石田の得意とするエレクトサウンドを盛り込んだ独自の世界観を持った音作りを体に活躍していた。

 シングル7枚、アルバム3枚、コンピレーション盤2枚をリリースし、ブレイク寸前と言われていたが1996年に活動を休止。その後、バンドサウンド体を置いたソロプロジェクトAIR」、石田エレクトユニットの「Scudelia Electro」を結成し活動していく。

 彼らの曲は90年代中期に演劇集団キャラメルボックスで劇中歌やエンディングテーマで利用されていた。
キャラメルボックスプロデューサーである加藤史氏がラジオで偶然聴いた曲(「RASPBERRY BELLE」らしい)に衝撃を受け、すぐにラジオ局に曲名とアーティスト名を確認し、彼らの曲を使う事を決めたとの事。

 音楽性の違いもあり、活動再開の可性は低いものの、お互いに親交は続いているようで、石田笑っていいともに出演する際、から大きなが送られたり、雑誌で対談していたりする。
 2013年には1stアルバムFurther Along」の発売20周年記念のリミックス版を石田監修の元で製作
当時のテープから音データデジタル処理するために取り出した際、ギターソロデータが消えていた為、に相談したところ「過去に拘らない人間だし、石田君なら素晴らしい作品になると思うから好きに作りたまえ。」と言われたそうで、欠損したギター部分を石田めて弾く事となった。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/06/24(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/24(月) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP