Su-27単語

エスユーニジュウナナ

2.3千文字の記事
掲示板をみる(131)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

フランカー

Su-27とは、スホーイが開発した戦闘機である。
称及びNATOコードネームフランカーロシアではスホーイ機の称としてスーシュカ(Сушка)とも呼ばれる

概要

ソ連空軍から、長大な航続距離ミサイル搭載を持つ機体を要され、試作機T-10Sを基に開発された。初飛行は1977年、運用開始は1985年

Su-27の最大の特徴は、西側戦闘機を大きく駕する高い機動性である。この機動性のため、コブラ(状態から高度を変えずに急に機首を上げる機動)などと言った、通常の戦闘機では不可能な機動を行うことができる。
さらに発展では、フック(旋回中に行うコブラ)やクルビット(高度を変えずに1回転する機動)などより高度な機動も可である。これらの機動はあくまで航空ショーで行うものであり実戦には不向きではあるものの、Su-27がどれほど高い機動性を持っているかを明している。

航続距離については、機内燃料のみで4000kmの飛行が可なため、追加燃料タンクを必要としない。

また、兵器搭載量にも優れており、短距離空対空ミサイルR-73を4発、中距離空対空ミサイルR-27またはR-77を8発で、計12発の空対空ミサイルを搭載できる。さらに、R-73とR-77はそれぞれ似たような性を持つ西側のAIM-9AIM-120較すると射程距離では大きく勝っており、空対空ミサイルの撃墜も可である。

Su-27に装備されているスロットバックレーダーは、西側のレーダーシステム較すると性能面で全体的に劣っていて、複数同時ロックオン不可能なため、アビオニクスの低さがSu-27の弱点となっている(発展では良)。しかし、Su-27のIRST(赤外線捜索追跡システム)は、レーダーでは捉えづらいステルス機を探知するを持っており、最大50kmの索敵範囲を持つため、この性は高いと言え(一般的なIRSTの範囲は15km)、また、このIRSTロシア戦闘機にしかない優れた特徴とも言われている。

Su-27は戦闘機の中でも豊富なバリエーションを持つ機体であり、数多くの発展が開発され、その多くが海外向けとなっている。バリエーションは下記参照。

バリエーション

さらに細かいについてはWikipedia参照。

Su-27
基本。最も多く製造された。直系のも存在する。
Su-30
タンデム複座のマルチロール。Su-27シリーズの中でも、カナードを追加したもの、アビオニクスを近代修化したもの、Su-37の機構を応用したものなど、が多岐に渡っており、そのほとんどが海外輸出用である。
Su-32/34
並列複座の戦闘爆撃機称はストライクフランカー(F-15に対するF-15Eと同じ理屈)及びプラティパス、NATOコードネームフルバック。
生存性向上のため、コックピット装甲はチタンで造られている。アビオニクスは他のSu-27シリーズとは異なっている。
並列複座のコックピット、前脚収容庫内のからの乗降、長時間飛行に備えてのトイレとキッチンがある(とされていたが実際には携帯な簡易トイレ携帯食料を加温できる保温ボトルだけであった。個別記事参照)など、戦闘機の中でも非常にユニークな機体。
Su-33
艦上戦闘機称はシーフランカーNATOコードネームフランカーD。カナードアレスティング・フックの追加、平尾が折み式、テールコーンが短くなっていること以外は基本的にSu-27と同じ。
Su-35(Su-27M)
カナードが追加され、アビオニクスを中心に大幅に性を向上させた。
西側での非公式称はスーパーフランカー。試験機や初期生産など17機が製造されたが、ソ連崩壊後の経済危機で、結局ロシア空軍は採用せず、輸出も成功しなかった。[1]
Su-35S(Su-35BM
カナードは付いていない(そもそもカナードは電子装備の重量が増加して重心が前方に移動したことに対応して取り付けられたもので、電子装備の軽量化で必要がなくなった)。Su-27にべ機内燃料搭載量を20増やし、推偏向ノズルも備えている。[2]
Su-37(Su-27M2)
Su-35の発展称はターミネーター及びスーパーフランカー。推偏向エンジンを搭載。

ゲームなどの作品において

現役戦闘機最強と言われるF-15ライバル機のため、知名度が高く、フライトシミュレーションフライトシューティングで頻繁に登場する。またこの時、よく敵側の戦闘機として登場することが多い。

エースコンバットシリーズでは、全ての作品で、Su-27/32/33/35/37のいずれかが登場しており、Su-35はエースコンバット2では役機となった。
また、エースコンバット6では、アイドルマスター星井美希が描かれた痛戦闘機のSu-33が登場。
Su-37については当該記事を参照。

関連動画

ゲーム作品におけるフランカーシリーズ(エースコンバット

MikuMikuDanceにおいてもフランカーモデルが絶賛活躍中

関連商品

関連項目

脚注

  1. *飛来したSu-35はどの「Su-35」? ややこしいロシア機の名前、「27=35=37≠35」とはexit 2018.11.6
  2. *スホーイ"PAK FA"(T-50)登場」藤田勝啓 航空ファン 2010年4月
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/19(金) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/19(金) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP