今注目のニュース
「ネットに一般人を晒すな」に反論で炎上…芸人が直面した酷すぎる“理不尽”クレーム
電車内で「おしっこ」と宣言した酔っ払い 車内は一瞬で地獄絵図に...とある男性の衝撃体験
所得隠しのチュート徳井、「家計簿アプリ」のCMに出演していた 「スポンサーはキレていい」という声も

SUZUKI単語

スズキ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(119)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スズキ株式会社とは、静岡県浜松市にある自動車バイクメーカーである。略称として「スズキ」や「SUZUKI」と呼ばれることが多い。スズキ二輪ユーザーの99.9鈴菌保菌者である。逆に四輪は保菌者があまり多くないことでも有名。

またマツダ軽自動車OEM供給をしており、英ケータハムセブン 160用にもエンジンを配給している。

概要

1909年に鈴木式織機製作所として創業をする。1920年に鈴木式織機株式会社となり法人化をし、後に自動車バイク製造にも参入、まもなくそっちをメインにするようになったので、1954年鈴木自動車工業株式会社称をする。

1990年に現社名のスズキ株式会社となる。なお、軽自動車販売では1973年2006年まで34年間連続で内No.1のシェアを持ち、その後もダイハツと毎年首位を争っているが、スズキはその他にもモーターボートや発電機や住宅やワイン等も販売もしている。

1981年からアメリカ自動車メーカーGMと提携をしていたが、2008年に自社でGM所有の式を購入して現在は部品供給の提携のみをしている。

スズキバイク&自動車は、その個性が強くそのためファンが多い。コアファンを「鈴菌感染者」と呼ばれることが多い。また「ワゴンR」、「ジムニー」、「カプチーノ」と言った軽自動車は、各個性が強く「ベストセラカーからコアファンが多い種まで開発できる」のもスズキの特徴でもある。

2009年10月21日に、全新設計の中セダンキザシ」が日本で先行発売された(英名はSuzuki Kizashi)。
2008年リーマンショック以降の世界経済の低迷で、一時は発売が危ぶまれていた。
同社としては初となる本格的な自社開発の中セダンで、2.4Lの4気筒エンジンを搭載し、CVTを介して四輪又は前輪を駆動する。
日本には導入されていないが、海外では前輪駆動に6速MTも用意されている。 

シェアトップの座は2007年以降ダイハツに明け渡した形となっているが、海外での成長が著しい企業でもある。
スズキ安価で手ごろながら質の良い乗用車は、発展途上国・新人気が高く、中国をはじめとするこれらのが急成長をはじめた2000年代以降、その売り上げは年々凄まじい勢いで伸びている。
特に、中国と共に今急に成長しているインド市場では、内最大手のタタ自動車を差し置いてシェアトップを獲得し、"牙"と呼ぶにふさわしい鉄壁ネームバリューと地位を誇っている。
現在ではタタをはじめとするメーカーの猛追に遭っているが、高級に手の届かない階級の人々に安価を用意することで、今後ますますシェアを伸ばすことが期待されている。

2009年12月には、同じく新勝ち組であるフォルクスワーゲンとの資本提携を実現。
中国シェアトップを誇り、南でも圧倒的なフォルクスと、中東東南アジアにおいてシェアトップを誇る当社が連携することで、互いの地域補を図った形である。
高級市場を入れ続けてきたトヨタ世界同時不況によって打撃を受けたことで、このグループは既に単純な販売台数ではトヨタを抜き去って世界最大となっている。
時価総額などでは未だトヨタの4割程度であるものの、これからはメキメキとそのを伸ばすことが予想されている。
が、2011年9月フォルクスワーゲンとの資本提携を解消。対等な関係を望むスズキと、筆頭としてスズキを参加企業の一つとみなすフォルクスワーゲンとの溝が原因とされる。

2012年11月アメリカの四輪販売事業から撤退し、二輪車・四輪バギー・船外機に事業集約すると発表した。

2014年4月ニコニコ町会議全国ツアー2014スポンサーとして参加。ハスラーニコニコカーとして全を回る。同時にニコニコチャンネルも開設。

2016年5月三菱自動車工業の燃費試験の不正による他社メーカー調で燃費試験を通常と異なる方法で実施していたことを発表。ただし、SUZUKIはテストコースの影を受けやすいために、一部装置を個別に測定した上でテストコースでの実測値と較し、測定値が妥当であったためその値を使用したものであり、燃費を向上させたかのように見せかけるために意図的に不正を行った三菱自動車工業とは話が違うと言うことは書いておかなければならない。
なお、再測定の結果は測定値は誤差の範囲内であったため、燃費に関する修正は不要と結論を出している。

2017年トヨタと開発・物流面で協することを合意。実はスズキトヨタと縁が深く、二代鈴木俊三氏がバイク事業に参入する際、社長の同郷のよしみでトヨタスズキバイクを売ってもらったこともある。また1970年代2stエンジンで排ガス規制に対応できなくなって窮地に追い込まれた際、トヨタ4stエンジンを供給してもらって助かったこともあった。俊三氏は修氏に、「何かあったらトヨタを頼りなさい」と教えたという。

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連車種

自動車

→ スズキの四輪車種一覧

バイク

外部リンク

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/23(水) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/23(水) 21:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP