T-50単語

ティーゴジュウ

掲示板をみる(42)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

T-50とは、

  1. ロシアの新戦闘機スホーイ設計局内での設計名称 → Su-57
  2. 大韓民国で開発された練習
  3. 第二次世界大戦中に少数が生産されたソ連歩兵支援戦車

本記事では2.について記載。

概要

T-50 ゴールデンイーグル韓国に設立されたKAI韓国航空宇宙産業)がロッキード・マーティンと共に開発を行った単発複座のジェット練習機。1992年に開発が開始され、初飛行は2002年2003年末には韓国空軍より受注を受け、量産が開始。2005年から運用開始される。韓国空軍用の練習機が50機、韓国空軍のアクロバットチームブラックイーグルス用の機体として10機が生産がされている。

また、この機体は輸出も決定されており、インドネシアへT-50が14機、TA-50が2機の計16機、フィリピンFA-50が12機、イラクへT-50が24機輸出される予定である。

仕様[1]

バリエーション

関連動画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *T-50 Triumphsexit
  2. *アメリカ空軍の次期ジェット練習機はボーイング/サーブ製に決定exit 2018.10.9
この記事を編集する

掲示板

  • 40ななしのよっしん

    2021/08/07(土) 20:31:33 ID: bnk1mCygpA

    どっちでも一緒だろうがT-7の方が新しいな。

    >>34
    仕事を振り分けなきゃ潰れるって
    米国なのに共産主義みたいになってきたな

  • 41ななしのよっしん

    2022/01/23(日) 17:09:57 ID: iARpr4qyIU

    ミリオタ先生の説によると「設計はLM」だとか「設計はアメリカ」とされてるらしい。
    だが何故か的なソースが出てこないの機体。

    当事面子(片や朝鮮戦争トラウマからかやたら産化率に拘る、片や鬼畜GAOが存在する)を考えると、レポートの1つ2つ出ててもおかしくないなんだけどな。

  • 42ななしのよっしん

    2022/08/03(水) 04:40:17 ID: gCjArBFpPR

    ポーランドが48機購入、軽戦闘機としてなかなか好調だな

    F-16レイアウトが酷似してて機種転換が簡単らしい

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/08(月) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/08(月) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP