今注目のニュース
住み心地がいい「沿線」は? 首都圏と関西の計12万人に聞いた結果
超ミニ水筒が流行るが小さすぎて水筒の意味がないだろと話題に
NHKの朝ドラ「エール」の語りに津田健次郎さん 本人やNHKのツイートに喜びの声が殺到

The Beach Boys単語

ザビーチボーイズ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

The Beach Boys(ザ・ビーチ・ボーイズ)とは、アメリカロックバンドである。

概要

1961年カリフォルニア州で結成された。シングル4枚、アルバム1枚が全チャート1位を獲得している。

サーフィン自動車テーマにした軽快なロックンロールナンバーに、美しいハーモニーを添えた楽曲で知られる。この手の作品としては「サーフィンUSA」「ファンファンファン」などがある。

同時に、アルバムペット・サウンズ」やシングル「グッド・ヴァイレーション」に代表される、精緻で他に類を見ないサウンドを創造したバンドとしても評価されている。とりわけ、上記の二作品のほか、初期のほぼすべての楽曲を作曲したブライアンウィルソンは、天才作曲として、世界中のミュージシャンから尊敬されている。

メンバー

結成時メンバー

ブライアンウィルソン(1942-)ボーカルベースキーボード

デニス・ウィルソン(1944-1983)ボーカルドラムキーボード

カールウィルソン(1946-1998ギターボーカルキーボードベース

マイクラヴ(1941-)ボーカル

アルジャーディン(1942-)ボーカルギターベース

 

途中加入メンバー

ブルースジョントン(1942-)ボーカルキーボードベース ※1965年から加入。

 

一時加入メンバーカッコ内は在籍期間)

デヴィッドマークス1962-63、1997-99)ボーカルギター

グレン・キャンベル(1964-65ギターベース

ロンディ・チャップリン(1971-73)ボーカルギターベース

リッキーファター(1971-74)ドラムキーボード

略歴

1960年

61年、マイナーレーベルから発表した「サーフィン」がマイナーヒット(全チャートで75位)。

62年、大手レコード会社キャピトルと契約。ここから最初に発表した「サーフィンサファリ」が全14位の中ヒットを記録。続くシングルは不発であったが、3枚の「サーフィンUSA」が全3位の大ヒット。以降、トップ10ヒットを連発する。

64年、シングルファンファンファン」が全5位を記録。次のシングルアイゲット・アラウンド」、アルバム「ビーチ・ボーイズ・コンサート」は、共に初の全1位を獲得。

65年、アルバム「ザ・ビーチ・ボーイズ・トゥディ」発売。全4位を記録。それまではサーフィンテーマにした歌を中心に歌ってきたが、このアルバムあたりから、それらにとらわれない作が明確になりだした。シングルヘルプ・ミー・ロンダ」が2枚の全1位を獲得。

66年、アルバムペット・サウンズ」発売。それまでの陽気なイメージと異なるサウンドであったため、受けられない人も多かったようで、全10位にとどまる。しかし音楽関係者には好評で、現在に至るまで評価され続けている。「ロック史上最高のアルバム」とする者も多い。シングル「グッド・ヴァイレーション」が全のみならず、全英でも1位を獲得。

この年の1月、初来日。仙台東京横浜静岡名古屋大阪福岡(※)で演を行う。※演順ではない

67年、アルバムスマイル制作中止。制作ブライアンの精異常をきたしたことによる。膨大な断片が残されており、数多くの海賊盤が出回っている。当時このアルバム完成し、発売されていればと惜しむは絶えない。なお、37年後の2004年にはブライアン名義の「スマイル」が、2011年にはビーチ・ボーイズ名義の"The Smile Sessions"(邦題は「スマイル」)が発売されたが、いずれも当時制作中止となった「スマイル」が完成したというわけではない。

 

デビューからバンドの中心にいたブライアンを欠いたビーチ・ボーイズは、以降、基本的に彼抜きで乗り切っていくことになった(全にドロップアウトしたわけではないが、バンドの中心ではなくなった)。

 

1970年代 

1970年、自レーベルブラザーレコードを設立。キャピトル・レコードを離れ、ワーナー/リプリーズレコードに移籍した。この年に発売された「サンフラワー」は、メンバーそれぞれの持ち味が発揮された名盤とされる。ただし商業的には振るわなかった。

70年代人のメンバーを加入したり、当時流行していたディスコミュージックを取り入れたりするなど、試行錯誤が続いた。ライヴバンドとしての人気は衰えなかったが、新作は基本的に売れず、不遇の時期であった。

74年、ベスト盤「終わりなき」が発売され、ビーチ・ボーイズのリバイバルブームが起こる。

798月、2回の来日。イベントジャパンジャム」に参加。江の島演を行う。この時はブライアンも来た。66年には来なかったため、初来日となる。デニスはケガのため不参加。

 

1980年代

83年、デニスが事故死。

88年、ブライアンソロアルバムを発表。映画カクテル」で使用された「ココモ」が全1位を獲得。

 

1990年代

91年、3回の来日。東京名古屋神戸演を行う。ブライアンは来なかった。

92年、アルバム「サマー・インパラダイス」発売。ブライアンは参加していない。

98年、カールが病死。メンバー結束が弱まり、アルバンドを離れて活動するようになる。ブライアンはそれ以前からソロで活動していたので、以降ビーチ・ボーイズはマイクブルース体としたバンドとなる。

 

2000年代-現在

2011年、「スマイル」(原題"The Smile Sessions")発売。ただし、前述のように、67年に制作中止となった「スマイル」が完成したというわけではない。

2012年、第54回グラミー賞授賞式において、ブライアンマイクアルブルースデヴィッドマークスが同じステージに立ち、「グッド・ヴァイレーション」を披露。デヴィッドを含めたこの5人が共演したのはバンド史上初めて。アルバムゴッドメイド・ザ・ラジオの創りしラジオ」を発表。8月には千葉名古屋大阪で来日演が行われた。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/23(日) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/23(日) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP