今注目のニュース
流行語大賞「流行ってない言葉」を選び続ける「世論誘導の思惑」
北日本や北陸は雪や雨 北海道は暴風雪に警戒
山本彩「だいぶ好き」自宅で“ホラー祭り”開催も

THE KING OF FIGHTERS '96単語

ザキングオブファイターズナインティシックス

  • 1
  • 0
掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

THE KING OF FIGHTERS '96とは、SNKから発売された対戦格闘ゲームである。

概要

KOFシリーズ第3作。
前作から演出面が大幅に強化。超必殺技の複数所持、通常版とMAX版の差異明確化(パワーゲイザーならMAX版で3発に増加など)、発動時の演出が導入されたのも今作から。ゲームバランスは良くないものの、演出とBGMシリーズ最高品質というが高い。

『'95』からの変更点

参加キャラクターの一部入替
前作初登場のライバル八神庵は、過去2作でラスボスルガール・バーンシュタイン秘書を務めていたマチュア、バイスとともに参加し、怒チームではハイデルンに代わって養子のレオナが、チームではタクマに代わってユリが、ユリが抜けた女子チームは、前作のライバルを引き継いだのか、香澄が加入している。
小、中、大ジャンプの導入
高度が低く鋭い上に動きが速い中ジャンプを中心に、各種ジャンプを使い分けて攻めるのが強でKOF96以降のKOFは「バッタゲー」と揶揄されるほどジャンプ攻撃が強く、後述の飛び道具の飛距離が低下したことも相まってスピーディーな攻めが展開されるゲーム性となった。
飛び道具の射程の大幅制限
画面端から端までまともに(?)飛んでいくのは、アテナサイコボールケンスウ球弾、の闇払い、舞の扇、クラウザーブリツボールくらいで遠距離で気弾の撃ち合いということが少なくなった。
ゲージ消費行動の仕様変更及びMAX超必殺技の追加
パワーゲージMAX状態の攻撃補正が大幅に低下し、挑発でのゲージ減少が大幅に増したため、一定以上のプレイヤー同士の対戦において、パワーMAX状態になる事は滅多にない。
前作にあったガードキャンセル削除され、MAX状態時だけ何度でもガードキャンセル緊急回避が使用可に。
また、超必殺技えるMAX超必殺技が導入され、体1/4かつパワーMAX時に超必殺技を使うと演出とともに性が変化、多くは威アップする。
避けが削除
代わりに緊急回避が追加され、打撃無敵のまま前転・後転して移動するが投げには防備。
ただ、導入初期という事もあって性は悪く、移動途中に無敵が切れてしまって攻撃を受けることがしばしば。
その他
ダッシュフロントステップからレバーを入れ続けた分だけ走るランタイプに変更、垂直ジャンプ&後方ジャンプ字限定のガードの追加(ジャンプ技と飛び道具ガード可、地上技はガード不可)、ガードクラッシュの追加、カウンターヒットクリティカルヒットの追加、投げ外しの追加、ダウン受け身の追加、特殊技の全削除ヒットカウント表示の追加…etc
歴代KOF史上ふっとばし攻撃が最も性が良くどのキャラもやたら発生が速く判定も異様に強い上に、中ふっとばしに至っては中段である(KOF97以降はふっとばしの発生が遅くなり、中ふっとばしも中段ではない)。
コマンドの受付がシビアで斜め最低2フレーム必要なため必殺技がなかなか出ず、なおさらふっとばし攻撃に頼るもよく見られた(その反KOF97では多数のコマンド簡略化が有効になり逆に暴発が多くなってしまった)。
KOF95KOF97の中間のようなシステムで、全体的に攻めが強く各種ジャンプによるスピーディーなゲーム性は以降のKOFシリーズの土台となり方向性を決定付けた。
ジョーの挑発。
ネオジオフリー創刊号の表を飾った男が、どうしてこうなった

参加キャラクター

主人公チーム 草薙京 二階堂紅丸 大門五郎
餓狼伝説チーム テリー・ボガード アンディ・ボガード ジョー・ヒガシ
龍虎の拳チーム リョウ・サカザキ ロバート・ガルシア ユリ・サカザキ
チーム レオナ・ハイデルン ラルフ・ジョーンズ クラーク・スティル
サイコソルジャーチーム 麻宮アテナ 椎拳崇 鎮元斎
女性格闘チーム 藤堂香澄 不知火舞 キング
キムチーム キム・カッファン チャン・コーハン チョイ・ボン
ボスチーム ギース・ハワード ヴォルフガング・クラウザー Mr.BIG
八神チーム 八神庵 マチュア バイス
ボスキャラクター 神楽ちづる 吹きすさぶゲーニッツ
庭版では隠しコマンドプレイアブル

強キャラクター

鎮元斎
その場に寝転ぶ忘酔が追加され、寝ている間は極端に当たり判定が小さくなり、しゃがみD(足払い)のように少しでも地面から浮いているような攻撃はスカってしまい、この技を使われるだけで詰むキャラ多数。
酔から後転しながら攻撃する生技の反棚がこれまた狂っており、判定が強く無敵時間もある上に大きく後退するのでど隙がい。
しかも↑+Dで出せるために相手の動きを見てから出すことが容易で、近付いて投げようにも間合いの広いコマンド投げを持たないキャラ反棚で逃げられてしまう。
寝ながら移動出来るため強引に接近して削って体リードしたらガン待ちといったことも可で寝て待っているだけで大抵のキャラに詰みに近い状況を作り出してしまう。
他にも、攻撃判定の持続が長い中ふっとばしや昇りジャンプCが中段になり、超必殺技欄炎炮の発生が速くガードしても反撃が難しいため下手に体を減らすと画面端で削り殺されるなど寝なくても強い。
ネオジオフリークのムックではと共に二強とされ、当時の店舗大会やフロアルールでは、禁止・自重自己責任(=リアルファイトになっても知らないよ)の措置が取られる事が多かった。

ただし、上記の忘酔はコマンド投げや掴み投げ・の闇払いなどにはの為、それらがっている上位キャラには相性が悪いという致命的弱点がある。
以上により、強いキャラはとことん強いが上位キャラには弱いという極端な相性となっていて、よく言われる96最強というキャラではないというのが現在での評価。
八神庵
ダッシュが速くジャンプも低く鋭いため小・中ジャンプと相性が良く、ジャンプ攻撃が強いので対の選択肢になる小足や近Cが刺しやすくふっとばしも地上・中とも強く基本的に通常技の性が高準。
そもそも各種必殺技の隙が小さく、軒並み飛び道具が飛ばなくなった中で射程制限の地を這う飛び道具の闇払いを持ち、遠距離から寝転んだ鎮に攻撃出来る一のキャラとして鎮対策にも有効、対技弱焼きや突進技の琴陰などはガードさせてしまえば間合いが離れるためとりあえず反撃は受けないなど凄まじい性を誇る。
は二段から焼きには繋げなくなったものの本作でも小足始動が有効でヒット確認も容易で隙も少ない。
D投げから必殺技に昇格したコマンド投げ共通の発生1Fで相手と位置を入れ替えて一防備にするというものに変更されたが、ダッシュ近C→永久が可になり、失敗しても闇払いが出るのでノーリスク
当然、当時の店舗大会では永久禁止にされる事がほとんど。

闇払いやのおかげで鎮には非常に強く、隙の少ない高性な技ばかり持っているので上位キャラの中でもトップクラスの強さを誇る。
チョイ・ボン
各種ジャンプ攻撃の判定が強く、3ヒットしてめくりやすいジャンプCと発生が速くきっちり当てると着地に小足が繋がる飛翔脚が強どの対技に無敵判定がない事もあって飛んでも落とせないという事がしばしば。
特に飛翔脚はジャンプで飛び越した相手をサーチし方向転換して返って来る(KOF97以降は飛び越すとそのまま降りて行く)上にジャンプCでめくりながらキャンセルして出すことも可なのでヒットガード問わず厄介で削りも馬鹿に出来ない。
飛燕刺突と飛翔中で3回方向転換出来るようになりほぼ出し得になり、小足から竜巻疾風が繋がるので下段始動としては十分な威
小・中ジャンプと非常に相性が良く、これらの技で縦横尽に飛び回るチョイに一部キャラは地上戦を仕掛けることが出来ず撃ち落とせない。
上記2人と違い、システム煽りなどを受けた明確な強キャラ、C投げが掴み投げの為鎮相手でも戦えるのも強み。
クラーク・スティル
今作で投げを重視した性モデルチェンジ
各種コマンド投げからの追加入で発動するフラッシングエルボーの威が高く、スーパーアルゼンチンバックブリカー&フラッシングエルボーを3セット決めるだけで一部キャラKOパワーMAX状態ならゲーニッツを除く全キャラKO出来る。
また中ふっとばしもキャラの発生速度でやたら判定が強く、テリーバーンナックルと正面から当たっても打ち勝てるほどで、ジャンプから中ふっとばしか着地してから投げに行くかの2択が単純かつ強
その他、遠Dがリーチ・判定とも優れており、コマ投げや秘投げの間合いが広くチンが寝ても外側から吸える。
ただ、丸の小足がダウン中にヒットしてしまい、丸コレダー→小足→丸コレダーのクラーク限定永久コンボがあるのが弱点。
大門と同様BCD同時押しで攻撃避けを出すことができ、攻撃避け中でも投げ外しを行なえてしまうのでコマ投げや掴み投げを持ってるキャラ以外にはリードを奪った時点で勝ち確定となってしまうとんでもない性質を持つ
マチュア
もともとゲーム全体で発生が速く判定も強いふっとばし攻撃だが、彼女の地上ふっとばしは発生がアンディに次ぐ2番速さリーチが長く判定が強い上に隙も小さいと全キャラでも最高の性を持つ。
牽制、差し込み、対全て地上ふっとばし一つで十分で、これを連発されるだけで一部キャラは近付けなくなる。
突進技メタルマサカーも小技から繋がるほど発生が速く、ガードされてもガリガリ削る上にほぼ反撃されない。
そしてガードさせると再び地上ふっとばしが活かせる間合いとなっており、地上ふっとばし→メタルマサカー→地上ふっとばしがマチュアの連携。
それ以外の技の性なのでひたすらこの連携を繰り返すことになる。
なおコマンド投げがないので鎮・大門クラークに対してはほぼ積んでいる、上位キャラ陥落の噂も。
大門五郎
通常技にリーチがあり判定が強く火力も高い。
前作の反動火力が控えめになった本作でもコマンド投げは調整を受けてないような威叩き出し、投げ間合いが全体的に広くジャンプ予備動作も投げてしまい投げスカリモーションもいので全体的に投げキャラが強い。
また、前作の名残か大門クラークだけはBCD同時押しで避け動作が可で動作中に投げ抜けを受け付けてしまうため、コマンド投げを持たない相手には避け→避け中に投げ外し連打だけで時間切れで勝ててしまう。
地雷バグも既にこの頃から実装済みだが、全キャラに的確にヒットさせるレシピは研究されていない。
攻撃避けの調整ミスにより上位になっているが、ほぼ全てがクラークに劣っているのでクラークよりかは評価は下がるが、それでも強いことには変わりない

バグ

後退前ダッシュ
テンキー表示で364とかなりすばやく入すると、前ダッシュのモーションのまま後ろにダッシュするというとても面い現が起こる。今作はバックステップではなくバックダッシュなので、特に面い以外の活用法はない。
多段化
超必殺技が使用できない状態で各種強攻撃の最中に超必殺技コマンドを入れると判定が多段化して大ダメージ叩き込めるバグ

関連動画

KOF96exit_nicovideoタグ参照。

関連商品

Wii向けにバーチャルコンソールPS3PSPPSVita向けにネオジオステーションでも配信中。また、オロチ編を1本のソフトにまとめたものがPS29597)・PSP9498)で発売されている。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/08(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/08(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP