The Witness単語

ザウィットネス

1.2千文字の記事
掲示板をみる(278)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(15)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

The Witnessとは、Thekla社が開発、販売を行っている一人称視点ファーストパーソンパズルゲームである。

制作者はJonathan Blow氏で、かつてパズルアクションゲームBraid」を制作し高い評価を受けた人物。名作アドベンチャーゲームMYST」にインスパイアされて本作を制作したという。

概要

ゲーム情報
ジャンル アドベンチャー
パズル
オープンワールド
開発元 Thekla, Inc.
販売元 Thekla, Inc.
機種 Win
PS4
発売日
配信日
2016年1月26日
価格 ¥ 3,980
その他 --
ゲームソフトテンプレート

小さな無人島探索しつつ、各地にちりばめられた様々なパズルを解いていくという内容。ストーリーと呼べるものはなく、主人公にも名前い (それ以前にしか見えない、おそらく男性)。

本作におけるパズルは、パネルに描かれた通路のスタートゴール一筆書きで結ぶことが基本となる。

ただし、最初こそスタートゴールを結ぶだけだが、探索を進めるにつれて様々なルールが追加されていく。これらのルール文字や言葉では説明してもらえず、自ら推察して解き明かす必要がある。一応、各ルールごとにチュートリアル的な低難易度パズルが用意されている。
もちろん、チュートリアルの場所も教えてもらえないため自で探すしかない。ルールが分らず解けなくなったら、別のパズルを解きに行ってもいいだろう。オープンワールドなので最初のチュートリアル以外なら基本的にどこから解いてもよい。

パズルの総数は650以上。後半になると複数ルールの混在が当たり前となってくるうえ、パズルの盤面が視覚的に把握しにくくしてあるものや、複数のパズルが連動しているものといった多種多様のギミックが行く手を阻むため、全体的な難易度は極めて高い。事実、このゲーム評価自体はかなり高い一方で、ガチの難度を好む外パズルゲームプレイヤー達からも「難しすぎる」と複数のレビュー摘されている。

プレイする際は灰色細胞を駆使することがめられる。

(以下、ネタバレのため反転
本作には隠しパズルが用意されており、その多くは風景に溶け込んでいて、特定度から見ないと発見できないようになっている。(→風景パズル
また、ストーリーは存在しないが、一応のエンディングは存在する。スタート地点に戻されるだけだが、同時にすべてのパズルやしかけが初期状態になるので、十分注意されたし。

関連動画

以下、実況動画のためネタバレ注意

パズル100%制覇RTAネタバレのためクリア済みの人向け。

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 276ななしのよっしん

    2022/05/06(金) 22:11:48 ID: bfQmI0XAgx

    当時学生で暇だったとはいえ、偽エンドでもよくクリアできたなと思うわ。

  • 277ななしのよっしん

    2022/05/17(火) 10:31:29 ID: iwvh5C6ABK

    どうも1時間映像にこのゲームメッセージが詰まってると評判らしかったけど、見てもそこまでの当てはまり方はしなくてもやもや
    かったけどね
    何か見逃してるのかなあ

  • 278ななしのよっしん

    2022/06/11(土) 05:09:32 ID: c6Q1Mrz+Cd

    パズルを解くことではなく、プレイヤーパズルを見出すようになることがこのゲームクリア条件なんですね

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/11(木) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/11(木) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP