TiMidity++単語

ティミディティプラスプラス

  • 4
  • 0
掲示板をみる(25)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

TiMidityとはフリーMIDIソフトウェアシンセサイザーである。単にMIDIプレイヤーとして使われるほか、MIDIドライバーMIDIデバイスとして動作し、かつ、サウンドフォント(楽器の音が詰まったデータ)を利用して自由に各パートの音色を入れ替える事ができるため、MIDIシーケンサーと組み合わせる事で楽曲の作成にも使用する事ができる。フリーウェアである事もあって、ニコニコ投稿される楽曲で制作にTiMidityを使用している例は少なくないと思われる。

概要

 TiMidityとはUnixで開発され、WindowsMacにも移植されたフリーMIDIソフトウェアシンセサイザーである。原版のTiMidityの開発はすでに停止しており、その後Timidity++として開発が引き継がれたが、昨今はTiMidity++の更新も停滞している。現在、一般にTiMidityと言えば、TiMidity++の最新版であるTiMidity++2.13.2/2.13.3をす事が多いと思われるが、このバージョンMIDIドライバーには下記の通り問題があり、注意を要する。また、TiMidity++bw版という開発継続中のバージョンもある。

 TiMidity++の特色は、フリーウェアにも関わらず、MIDIドライバーや単体のMIDIデバイスとして動作し、かつ、サウンドフォントを利用して自由に各パートの音色を入れ替える事ができる点にある。このため、CherryDominoなどのフリーMIDIシーケンサー(やMidiYokeなどの仮想MIDIケーブル)と組み合わせる事で、Microsoft Synthesizer(MSGS)とかQuickTimeとかのがっかり音色では決して得られない豊かなサウンドフリーウェアのみで得る事ができる。そのため、SONARとかCubaseとかのプロ環境に(銭的・覚悟的な意味で)手を出せない初心者へたれDTMerなどを中心に、動画中などで特に明示されていない場合でもTiMidityが使用されている例が少なくないと思われる。

 なお、サウンドフォント以外で自由な音色でDTMで楽曲制作を行う方法としてはVSTプラグインを用いる方法があり、VSTiシンセサイザーを用いて音色そのものを作成し、さらにVSTエフェクタを多段階にかけるなど、さらに自由な楽曲制作が行えるものの、その分扱いは難しく初心者には大変かもしれない。

TiMidity++を用いたDTMの一例

あるへたれDTMerの制作環境です。ありがちな環境だと思いますが、そうじゃないかもしれません。

  1. MIDI Yokeをインストール。仮想MIDIケーブルとしてMIDIシーケンサーとの連携に必須。
  2. Dominoインストール環境設定→MIDI-OUT→ポートAに「OUT To Midi Yoke 1」を設定。
  3. TiMidity++をインストールTwSynthをスタートアップに登録。
  4. TwSynthで設定→シンセサイザ→ポート数"1",ポート0「In From Midi Yoke 1」を設定。
  5. Dominoでちまちまと打ち込んで(これが大変)、一通り作ったら再生してみてニヤニヤする。
  6. デフォルトの音色に物足りなくなったら、TiMidity++のサウンドフォント探しにGO!(これも大変)
  7. 以下、ひたすら頑る。根気の続くうちに完成したらいいなぁ…(トオイメ

MIDIドライバーの問題点

 TiMidity++最新版のMIDIドライバーには問題があり、TwSynthではなくMIDIドライバーとして使用する際には要注意。というか、TwSynthの方を使った方がよい。bw版では解決してる…?

MIDIドライバーで曲を冒頭から再生しようとすると固まる

 MIDIドライバーが"gm system on"などのシステムメッセージを受け取ると、なぜか固まります。曲を再生する際に曲の冒頭を外して少し後ろから再生するようにすると、とりあえず回避できます。また、これらのメッセージ削除しても一応は音は鳴りますが、これらのメッセージMIDIプレイヤー演奏の流儀を示するとても重要なメッセージであるため、削除したままでは他のMIDIプレイヤーMIDIデバイスは正しく音を鳴らせない可性が高いです。

一部のパラメーターが無視される

 開発途中のためなのか、Attack Time, Decay Time, Release Timeなどのパラメータが視されます。前述のパラメータはMIDIプレイヤーとして使用した場合はきちんと反映されるため、同じMIDIを同じTiMidityに演奏させているはずなのに、音の鳴り方が違うという滑稽な事になります。

関連動画

timidityに関するニコニコ動画動画紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 23ななしのよっしん

    2020/01/04(土) 19:52:07 ID: fpunG+onqv

    windows7のときは重宝したが、windows10になってから何回かの再起動のあとtimidity++使っても強制的にGSに変更されてるみたいな……?
    win7のときはたまにあったんだが10にしてから必ず起こってる
    様々なサイトで説明されてる方法を何度も試してるんだがそれを繰り返して再起動しても結果は同じで強制GS化してるっぽいんだよな
    もうPCだとtimidity++midiをいい音にすることはできないんだろうか

  • 24ななしのよっしん

    2020/04/20(月) 02:12:22 ID: Gns9x2Y7tw

    win10timidityが動いてくれないわ
    再起動すると一覧から消えたりする

  • 25ななしのよっしん

    2020/11/02(月) 02:36:39 ID: QS73lYnMPt

    Win10で動いてないってひと
    うちでは動いてんぞ
    BWも、UNKOも。

    >>23
    MIDIファイルGS ONが入ってないか?

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/17(日) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/17(日) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP