TOBAL2単語

トバルツー

1.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

TOBAL2』とは、スクウェアPlayStationで発売した格闘ゲームである。『TOBAL No.1』の続編。
開発ドリームファクトリー

概要

FF7FFTサガフロなどを生み出したPS中期にスクウェアから発売された3D格闘ゲームである。鳥山明デザインキャラクターたちを動かし、麗なコンボ快に叩き込めるのが最大の魅

開発は(現在ではあまり評価が高くない開発会社)ドリームファクトリーである。しかし当時は鉄拳バーチャファイター製作したスタッフたちが在籍していたこともあり、当時の3D格闘ゲームにおいては非常に優秀なゲームバランスを実現、PS時代の「隠れた名作という評価を受けている。"FF7体験版おまけ"などと言われた前作『No.1』とは訳が違うのだ。

隠れた名作と評されるのは単なる格闘ゲームに収まらず、クエストモードが存在したことである。本作以前から「トルネコの大冒険」というダンジョン探索ゲームは存在したが、あくまでもRPG的な造りであった。それに対し、作り込まれた格闘ゲームキャラクターがそのままダンジョンに潜り、モンスターと戦いながらクリアアドベンチャーアクションRPGは当時としてはかなり新なアイディアであった。

しかもダンジョンに登場するモンスターを捕獲してコレクションしたり、「捕獲したモンスターを使って対戦をすることも可と、1人でもかなり長く深くやりこむことが出来る。モンスター適当な調整ではなく、各種オリジナルの技や特殊な性を持っているものがほとんどであった。ただし、アイテムの確保やキャラの育成など難易度は高く、クリアできずに挫折してしまう人も少なからずいた。

ゲームシステム

ガードボタン

バーチャと同じく、ボタンを押すことでガードをするシステムを採用。
ガード構え中に上段/下段攻撃をすることで、上段/下段強攻撃を出すことが可

奥義

3D格ゲーにはしく、メインキャラ飛び道具を放つことが出来る。
飛び道具自体はガード不能ではあるが、撃つには溜めが必要な上に体力を消費する。しかも軸移動で簡単に避けられてしまう。
また長く溜めることで大きなダメージを与えられるが、外した場合は体力無駄遣いしてしまうことになる。
飛び道具は相手の起き上がりなどに重ねるのも難しく、対戦では暴発→回避されて反撃で死ぬケースが多い。

つかみ

ガード中に中段攻撃ボタンを押すことでつかみを出すことが出来る。
つかみに成功すると、相手に上段/下段/投げ/つかみ移動を出すことが出来る。
つかみからの打撃/投げ/移動の読み合いはシンプルなのに深いため、対戦中が非常にエキサイティングである。

つかみ打撃

掴んでいる相手に上段/下段攻撃を3回当てることで少しの間気絶させることが可
しかし捕まれている側も打撃を上段/下段ガードガード
しかもガードが成功するとつかみ状態をはね除けることが出来る。

つかみ移動

掴んでいる相手を引きずったり押したりして、ステージ上を移動することが出来る。
このゲームリングアウトがあるため、体力で負けていてもステージ際に押し込んで投げることで逆転が可
相手につかまれて移動させられている際、相手が移動させたい方向とは逆方向に十字キーを押すことで、踏んって移動を耐えることが出来る。 

投げ

掴んでいる相手に対し、十字キーによって投げる技が変化する。
また前述のつかみ移動中にも投げをすることが出来るため、お互いに投げに対する読み合いが発生する。

投げ抜け

相手に投げられた際、一定のタイミングでG+中段を押すことで投げを抜けることが出来る。
投げ抜けが成功すると傷で脱出できるが、しかしつかみ打撃があるために安易に投げ抜けばかりを狙っていてもいけない。 

ジャストフレーム

通常技において特定タイミングボタンを押すと、特殊な生技を出すことが出来る。
これを利用して相手を固めたり強コンボ叩き込むことが出来る。

ジャストフレームに成功すると、キラキラしたエフェクトが身体にまとわりつくのですぐ分かる。  

ぶっちゃけ

ここで動画ゲームシステム解説をやっているので、これを見た方が。ギギギ。

関連動画

 

対戦動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/03(日) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/03(日) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP