U.N. Owen was her? (Hyuji Remix)単語

ユーエヌオーエンハカノジョナノカヒュージリミックス

2.5千文字の記事
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

U.N. Owen was her? (Hyuji Remix)とは、KONAMI音楽ゲームSOUND VOLTEX」に収録されている楽曲である。

概要

アーティスト Hyuji
BPM 142
  NOVICE ADVANCED EXHAUST
難易度 4 9 13
譜面制作 U.N. Okawatt
ジャケット制作 冬虫夏草

SOUND VOLTEXでは東方ProjectとのコラボとしてIOSYSや各同人サークルなどの東方アレンジ曲をゲームに収録していたが、ついに募で東方BGMリミックス曲を募る「東方紅魔郷リミックス楽曲コンテスト」がSOUND VOLTEX BOOTHの稼働終期に開催された。そして次回作である「SOUND VOLTEX II -infinite infection-」にて、同コンテストで採用された曲が配信され始めた。その第二回配信で解禁されたのがこの楽曲。
原曲は「U.N.オーエンは彼女なのか?」。ジャケットキャラクター原曲が流れるEXTRAステージボスキャラクターであるフランドール・スカーレット

ちなみにタイトル読みはそのまま英語読みの「ユーヌオーエンワズハーヒュージリミックス」ではなく、「ユーヌオーエンはカノジョナノカヒュージリミックス」が正解。(Hyuji氏のツイートよりexit)ただし、制作者のHyuji氏は読みに関してはこだわりがないのでどちらでもよいexitTwitterで話している。

原曲人気曲であるからか、第一回配信でも同じ曲のリミックスが配信されているexit_nicovideoが、あちらはBPM200オーバーの攻撃的なしいリミックスなのに対し、こちらはBPM142募曲全体で見ても較的遅めで、ハンズアップの要素を含んだリミックスとなっている。曲調やネタなどに初期のDDRのような雰囲気を感じるのは、かなりのDancemaniaマニアであるHyuji氏ならではか。

曲も譜面も、最大の特徴はやはりブレイク音ゲーの曲はだんだんとド手なものになってきている傾向にあるが、この曲では2分の制限の中でしっかりとブレイクを組み込み、じわじわアゲていきサビ一気に盛り上げるというクラブミュージックらしい展開になっている。なお、ブレイク地帯は音量がかなり小さいのでプレイする際はイヤホン持参推奨。
ブレイク地帯はエフェクトもつまみでじわじわフィルターをかけつつロングFXで音をいじるだけの休憩地帯・・・なのはADVANCEDまでの話。EXHAUST譜面では一転して最大の難所となる。
つまみをじわじわ動かしていくのは変わらないが、それによって片手で制限された状態で両方のロングが絡んだ譜面、更には右のロングを押しつつショートのB(左から2つ)をかせる配置も登場する。レベル13までで片手両ロングロングと逆側ショートの配置はなかなか出てこないため、13適正レベルの人ではかなり難しく、14以上が出来る人でも初見混乱しかねない。
更にブレイクが明けてからも、ブレイクの複合を左右逆にしたような配置や、前半の盤に軸押しを足したそこそこの密度の盤、最後にラス殺し気味の左右振りを含めた複合譜面など難所が多い。
これまで13最上レベルと言われていたSpace Diver TamaParty Stream !!と合わせて13の3強と言われており、クリアレートも9/20現在その二曲を抑えて72台と非常に低い。
13挑戦段階の人が初見クリアするには厳しい譜面だが、ロングボタンの捌き方が肝になる譜面なので何度もプレイしていくと較的伸びやすく、また、片手でロングボタンを両方捌く場面は14以降は多く登場するため、い段階で慣れておくためにも練習する価値は充分にある譜面

ちなみに、譜面製作者のU.N. Okawattだが、もしかしなくてもD.watt氏だと思われる。ボルテにおいてはニーソリミックスが収録されていたり、この曲と同時に解禁された曲の制作に参加していたりする人だが、おそらく譜面制作はこの曲が初めて。SOUND VOLTEXKACサウンドトラック製作クレジットokawattという人物が存在したため、別人ということがのちに判明しました。
休憩地帯が定番のブレイクを難所に仕上げつつエフェクトでしっかり盛り上げてきたり、各譜面で聴かせどころ、かせどころが違ったりと、今後に色々期待したくなる初仕事っぷりである。

M3-2014にて、Hyuji氏が催するRTTF Recordsexitから、「Red rosesexit」という東方紅魔郷アレンジCDが発売された。

このCDには、この楽曲に加え、同コンテストで採用されたLunatic DialとSilver Impactの三曲のロングバージョンが収録されている。
あきばお~こくにて通販委託を行っているexitが、再生産の予定はいということなので、欲しい人はおめに。 

さらに、2014年5月11日に行われる例大祭では、サウンドボルテックス初のサウンドトラックSOUND VOLTEX ULTIMATE TRACKS - 東方紅魔郷REMIX -」が発売される。こちらには、この楽曲のゲームサイズバージョンエフェクトなしの状態で収録される。
2014年7月30日には通常販売も行われるので、例大祭に行けないという人はそちらを待とう。 

関連動画

は左がADV譜面、右がEXH譜面

関連商品

原曲が収録されているCD

当楽曲が収録されているRed Rosesなど、Hyuji氏が催している「RTTF Records」というサークルCDがあきばおーこくなどでにて購入可

Red Roses通販ページこちらexit

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/03(土) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/03(土) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP