今注目のニュース
橋本環奈ショック、携帯壊れ「データ全部飛んだ、、、」
企業も知らない「学生インターン」のルール。格安アルバイト扱いする例も…
木下優樹菜の活動自粛発表、期間は「当面の間」

Ⅴ(遊戯王ZEXAL)単語

ハタライテクダサイブイニイサマ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(407)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

今はまだ、私が動く時ではない・・・

 

Ⅴとは、アニメ遊戯王ZEXAL」の登場人物である。CV山本匠馬

概要

Ⅴ

遊戯王ZEXAL第2部「WDC編」から登場する、トロン一家長男20歳。
フォー)と(スリー)だが、彼の『』という名前はファイブ」ではなく「ブイ」と読む。
遊戯王シリーズでも中々見かけないような長い銀髪)とい瞳を持つ青年で、本作で現在登場している男性キャラクターの中でも屈イケメンキャラアストラル測より「身長185cm、体重70kg前後」という特徴が判明しているが、今後訂正されるような事がければ、この設定が公式プロフィールでいいものと思われる。
また、達と同様で体の一部にの紋章があり、Ⅴの場合は額に青色の紋章がある。この紋章によってナンバーズカードを制御できたり、アストラルカイト達からのナンバーズへの干渉(=奪取)を寄せ付けないを持っている。

冷静沈着でクールな性格を持ち、トロンの下で達を束ねるリーダー格だが、一家の長・トロンに対する忠心は兄弟で最も厚く、彼への非礼に対しては達でも容赦なく怒りを露にする。
当初はナンバーズカードの収集などは専ら兄弟達に任せ、今はまだ私が動く時ではない・・・」と言いながらトロンの側に付き添いつつ様子を見るのみで、自らアクションを起こしている事がいので素性がど判明していなかったものの、外道かつ狡猾な性格で知られるが「兄貴よりもえげつない」とまで評したり、また回想シーンでは「私がデュエルを教えてあげよう」とも言っているなど、作品中では以上の実者であると推測される。
しかし、オープニング詐欺をしてまでデュエルをなかなか披露しなかった。一応55(Ⅴがふたつ!)話からデュエル開始だが長話の末モンスターを召喚しただけで終わった。ちなみに相手は元子の天城カイトである。

一家の長・トロン達()と共にDr.フェイカーへの復讐を誓っているのだが、第55話にて一家復讐論む理由が、フェイカーのに対する裏切りと判明した。
また、トロン兄弟の呼び名があまりに記号的であったため偽名やコードネームの類ではないかと多くの視聴者が推測していたが、56話にて本名がクリストファーアークライトであることが判明した。(55話時点ではバイロンクリスと呼ばれていたので一時はクリスというのがⅤの本名なのかと思われたが、クリスクリストファーという名前を称である。即ち、家族や親しい者同士で呼び合うときに用いる名前である)
ちなみにたちの本名はWDC完結間際の第72話でようやく明かされ、それぞれ「トーマス)」、「ミハエル)」というらしい。

他にもカイトは彼と(本編中で)最初に対峙した際、彼の素性を知っているような素振りも見せていたが、続く第50話でどうやらカイトデュエルの師であったことが明かされた。その後、「遊戯王5D's」に登場したデュエリストチーム・カタストロフ』を思わせるデュエリスト達に報酬と引き換えに遊馬を始末するよう依頼する一幕もあるなど、本格的にトロンの右腕として活動している一面も見せた。続く51話ではついにデュエルディスクとマーカー装備の姿を披露。しかし、デュエルコースタールール上、ライフを温存する為に後ろの相手をカード秒殺、その先の魔法ゾーンライフを増やすな現在のところ慎重な立ち回りで動いている。
そして決勝戦にてかつてデュエル南した子・カイトと対峙、デュエルとなる。デュエルでは『No.9 天蓋星ダイソン・スフィア』を召喚、さらには「カイトの手の内は全て知り尽くしている」と自ら評する通りカイトの攻撃や戦術を一切寄せ付けないまま、遊馬達を大いに苦しめたライバルカイトワンサイドゲーム同然に追い詰めてしまう手腕を披露。打つ手がい八方塞がりに見えたが、カイト(フェイカー)から受取ったらしい未知のカード未来への思い』がきっかけとなり『超銀河眼の光子龍』を召喚されたのち、一撃でライフを0にされ敗北
決着後、Ⅴは「自分が尊敬するが、Dr.フェイカーへの復讐へ赴くのを止めたかった」という胸中をカイト達に打ち明けると、Ⅴの持つ紋章の消失をきっかけにと同様に自宅にて眠りについたのだった・・・
どんだけに帰りたかったんだ、働きたくなかったんだとか言うのは禁句。

 

その後WDC編が完結ストーリーバリアン世界との対決を巡る内容へ移っていくと他の兄弟共々長らく姿を消すが、Mr.ハートランドアストラルと皇の鍵を失った遊馬の元へ刺客を差し向けた際に再登場を果たす。
の腕に装着された装置を開発するなど、舞台裏で尽していたらしく、遊馬の近況を知ったⅤはカイト遊馬の決意をみ、遊馬アストラル世界へと送り出すために下準備を行う。だがしかし、そこへMr.ハートランドが送り込んだ3人の刺客・忍者が出現、遊馬たちを阻止するために割って入ってくるが、「装置が稼働中の遊馬に接触されたら全てが失敗してしまう」事情から、Ⅴはカイトと共同戦線を展開して忍者を撃退するためにタッグデュエルを行うのだった。
このとき、かつてのデュエル子であるカイトに「足手いになるなよ」と憎まれ口をかれ、「言ってくれるようになったものだ」と返す一幕もあり、カイトのさらなる成長を認めている節が見える。
デュエルでは忍者デュエル前にカイトに対して仕込んでいた法・夢)でⅤを忍者と、忍者をⅤと誤認してしまう混乱状態となるが、これに対してⅤはなんとダイソンスフィアカイトを攻撃するという暴挙に出る。「策が尽きて血迷ったァ?」と忍者にも評されたこの戦法だが、師を信じるⅤはこの一撃で師関係の時代から鍛え上げたカイト生存を呼び覚ますべく、あえてカイトのLPを0にするかもしれない状況を作り出した。その結果、カイトはLPを500だけ残してⅤの読み通り生き残り、さらにはカイト生存が体内の免疫系を活性化した事で忍者が仕込んだも焼滅、復活を果たしたカイトとの共同戦術で事に忍者を撃退。
クラゲ先輩を自で治療できなかったシャークさん・・・ 
決着後は遊馬事にアストラル世界へ送り出してみせた。 

 

セカンドシーズン最終回では、仲間たちと再びアストラル世界立つ際に「今こそ私たちが動くとき!」と発言。これが最後の台詞となった。
動くのか動かないのかを最後までネタにされたともとれるが、ネタ要素で魅を引き立てるというアニメスタッフファンサービスでもある。

 

余談だが、彼のCVを務める声優山本匠馬はⅤの登場よりも先に、六十郎の子・闇の役でも出演している。
 Ⅴのデュエルシーンでも「だが切れ味は受けてもらう!」などという物騒な台詞が飛び出したりはしてないけど。

ニコニコ動画におけるⅤ兄様

トロン一家の筆頭デュエリストとされているにも関わらず、上述の通り達と違い現状デュエルを行っている描写がく、またDr.フェイカーへの復讐のための行動も自分からは特に起こさず、基本的にトゥーンアニメを見ているトロンに付き添っているのみであるためか一部の視聴者からは「ひきこもり」と呼ばれており、現場に赴くのが専ら達で自分はにいるだけ、という部分がどこぞの元デュエルキングを彷彿させるためか先述の「引きこもり」に加えて「無職」「ニート」などといった彼の端整な容姿のイメージに不似合いな称が定着し始めている。上記の「今はまだ、私が動く時ではない・・・」という台詞も、そういったイメージを良くも悪くも後押ししているようである。
続く41話で自ら出撃したかと思えば、その的はカイト遊馬デュエルを行うでもなくカイトハルトを連れて行くのみというもので、この一件よりニートに加え「ショタコン」「誘拐犯」の烙印まで押される事に・・・。更に、51話の魔法ゾーンで引いたカードがよりにもよってBBA治療の神 ディアン・ケト」であった事から更に不名誉な名称・ネタが増えることが予想される。
最近ではネット上や掲示板などでも「ニート」などの言葉で通じてしまっている有様で、彼がアニメ本編ニコニコ動画で登場すると「ニート働け」「仕事しろ」とまで言われる事がある。
(もちろん、こういったネタに不快感を催す人がいる場合もあるので、掲示板では空気を読むのが肝心。)

この通り、ほどではないもののネタ要素がそれなりに多く、「そうなキャラほど何かをやらかすだろう」という過去シリーズの前例…特に3人組の中で一番まともそうだったリーダー格がデュエルで弾けた実例があるため、いずれやってくるうであろう彼のデュエル回では弾けに弾けて「以上にえげつない」要素の全貌を見せ付けた結果、以上に視聴者たちを驚愕させる可性も高いが。
・・・と思われたが、第56話をもって表舞台から退場、に続いて自宅へ戻ると、そのままと共に眠りについてしまった。カイトとのデュエルで「ダイレクト攻撃で普通に勝てたであろうところをわざわざ、銀河眼の光子竜ごと倒してカイトの心までもを全に折ろうとした」といったところが「えげつない」と言われる所以と言えなくもないだろうか。それどころか、56話における退場時の台詞からすると弾けるどころか終始シリアスキャラクターとしてさっぱりまとまった感があるので、上記のような例を期待した視聴者とまともなイメージめる視聴者とで様々に意見や感想が分かれているようである。

その後久々に再登場を果たしてカイトとのタッグデュエルを行うが、この時の回想シーンによればⅤとカイト修行時代はなんと一週間も不眠不休でデュエルを行っていたことが明かされた。「ライフが1ポイントでも残っていれば、心臓が停止しようともデュエルを行う・・・ それがデュエリストだ!」というトンデモない発言も飛び出しており、おそらく過去が言っていた「よりえげつない」一面とは、もしやこれについてを言っていたのだろうか。
デュエルリアル心臓が停止しそうになったカイザーに対して、Ⅴはどんな言葉を投げ掛けるだろうか・・・ 

要するに、彼がイメージ通りのシリアスな人物か中の人同様残念なイケメン」と映るかは、視聴者次第と言えるだろう。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/19(火) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/19(火) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP