VAIO単語

バイオ

1.4千文字の記事
掲示板をみる(43)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

VAIO(バイオ)とは、日本パソコンメーカーおよびそのブランドである。

かつてはSONYが販売するパーソナルコンピュータシリーズ名であったが、現在は同社の事業を引き継いで独立したコンピューター企業となっている。

概要

SONYの創立50周年となる1996年、「デジタルドリームキッズ」というコンセプトのもと、長年培ったAV技術と急速に発展するIT技術、熟成されたアナログ技術と最先端を進むデジタル技術を融合させた製品によって、ライフスタイルの変革と新たな楽しみを生み出すことをす。

その一環としてまったく新しいコンセプトを持つ庭用パーソナルコンピュータの開発を始動。そして1997年7月1日デスクトップPCV-T700MR」が内販売開始、現在に至る。[1]

2014年2月6日SONYPC事業を日本産業パートナー株式会社(JIP)に譲渡することを発表。SONY発のVAIOは2014年モデルが最後になるようだ。

2014年7月に、VAIO株式会社が設立、独立したメーカーとして始動した。

それ以前のパソコン事業

ソニーパソコンを手がけたのは、このVAIOが最初ではない。

1982年に独自アーキテクチャーの8ビットパソコンSMC-70を発売した。翌年にはSMC-777を発売し「HitBit」(ヒットビット)のブランドもつけられた。

1983年にはMSX規格でHitBitブランドを継承、松田聖子イメージキャラクターとして起用した(1985年まで)。MSX2規格ではHB-F1HB-F1XDといった低価格モデルヒットし、MSX2+規格のモデルまで1980年末まで供給し続けた。

一方でビジネスパソコンとしてはAX規格(AT互換機日本語ハードウェアを搭載したもの) としてQuarterL(クォーターエル)を展開した。後にDOS/Vによってソフトウェアでの日本語処理が可になるとAT互換機に転換したが、法人向けに限定されていたため、一般にはあまり知られていなかった。

その後、VAIOの発売に合わせるように、QuarterLブランドは終息していった。

名称

SONYパソコンは、ビデオオーディオを統合的に扱うことが出来るものでありたい”というメッセージを込めたコンセプトワードVideo Audio Integrated Operation」の頭文字から。

また、VAIOロゴは”VA”で正弦波(アナログ信号)、”IO”で二進法デジタル信号)を表しており、VAIOロゴ全体でアナログデジタル融合を表現している。

なお、あまり知られていないようだが「自然=Bio」「すみれ色/紫色Violet」といった意味も込められている。

2008年7月、さらに高い付加価値の創造提供し「Visual Audio Intelligent Organizer」と再定義された。

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *1996年9月米国で先行販売されている。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/30(金) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/30(金) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP