今注目のニュース
“京アニ火災”青葉真司容疑者 20代には「下着泥棒で連行」「家族が家賃補填」も
千原ジュニア「いずれ記者会見コントでも」発言に舛添氏「世の中の空気はそんな寛容じゃない」
寺の自由すぎるネコ おみくじ箱に入り込む姿に「なで放題おみくじとか最高!」「ちゅーるで引きだせますか?」

VOCALOUD単語

ボーカラウド

掲示板をみる(17)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

VOCALOUDとは、VOCALOIDを使用したラウドロック調の楽曲に付けられるタグである。

概要

 

聴いていて自然と↑のようなテンションになるVOCALOIDオリジナル曲に出会ったら、それはまず間違いなくVOCALOUDだ。

そもそもラウドロックとは90年代後半頃にハードロック/ヘヴィメタルから生したサブジャンルで、大雑把に言えば騒々しくしい(=LOUD)ロックの総称である。その音楽性は複雑に細分化と融合を繰り返しており、定義付けることが難しいが、音楽的特徴として以下のような点が挙げられる。

ラップデスボイスなどをとりこんだより幅の広いボーカルスタイルや、チューンダウンしたギターによる重苦しいリフエフェクターの多用、サンプラーターンテーブルの導入などによる複雑化された音像、ミドルテンポで16分音符のシンコペーションを聞かせたグルーブ感のあるリズムなど、それまでのヘヴィメタルにとらわれない様々なアイディアが導入されている。(Wikipediaラウドロック」より)

音楽である上、ラップデスボイス(ガテラルグロウルシャウトスクリーム等)をVOCALOIDで表現することは難しく、作り手は少数精鋭の傾向にあるものの、VOCALOUDオンリーのコンピレーションアルバムexit_nicovideo制作・頒布するなどシーン自体の動きは活発である。

使用上の注意

前述の通り、ラウドロックHR/HMが時代とともに細分化する過程で誕生したサブジャンルの一つである。
よって VOCAROCKボカロメタルであり、VOCALOUDでもある」という、ジャンル界線上にある曲も多数存在する。また、ラウドロック自体も細分化しており、様々なサブジャンルが誕生している。

VOCAROCKボカロメタル、あるいは他のサブジャンルとして認知されている曲に対してこのタグを登録する際には、ジャンル定義を巡るタグ戦争を引き起こすことのないよう、重ね付けが可なら他のジャンルタグを残す、タグが埋まっていれば「これってVOCALOUDかな?」などとコメントして様子を見るなど慎重に行うことが望ましい。

ま、こまけぇこたぁいいんだよ。みんなでニコニコモッシュしよう。

関連動画



関連商品

関連コミュニティ

関連項目 

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/22(月) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/22(月) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP