VOICEROID・CeVIO・AITalk系動画タグ問題単語

ボイスロイドチェビオエーアイトークケイドウガタグモンダイ

5.9千文字の記事
掲示板をみる(970)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(25)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

概要

現在VOICEROID音声合成読み上げソフトを用いた動画には製品名を元とした読み上げソフト名+動画ジャンルという形でのタグ付けが定着している(例:VOICEROID実況プレイCeVIO劇場等)
しかし、この形式では使用するソフトによってタグが変わる事となり、実質的な動画ジャンルユーザーコミュニティは同一であっても

といった潜在的な問題を抱えており、これは読み上げソフトの健全な発展を阻する要因として視聴者/投稿者双方の観点から状態の善を望むが各所において度々上がる状態となっている。

また昨今の業界動向として、

といった問題の発生が予想されることも統合案が真剣に模索されるようになった背景となっている。

議論の目的と具体的な案

上記に説明した現状の「読み上げソフト名+動画ジャンル」という形でのタグ付けではA.I.VOICECeVIO AI等、今後新しいソフトが増えるにつれ類似のタグが増える!ソフトをまたがるキャラが増えるにつれ動画につけるタグが複雑化する!という問題を抱えており、これらは本来似たようなタグなのだからなんとかしてもっとタグの種類を簡略化したい、簡単に検索出来るようにしたい!

というのがこの問題の趣旨でありこ議論ゴール地点である。

なお、ニコニコ動画では他にもAquesTalk、所謂ゆっくりボイス音声合成読み上げソフトとしていちジャンルを築いているが、こちらとはキャラクターコミュニティの性質の違いなどから住み分けがなされている状態であり「VOICEROIDCeVIOAITalk動画の統合」という本来の趣旨から逸脱するため、ここでの議論の対には含めないものとする。
(当初はそちらに配慮した案も議論されていたが、決まらない・テキスピText to Speech)の先例のように対とする利用者層がぼやけて定着しない可性が高い為)


以下にこの掲示板議論された案を挙げる。

A、「VOICEROID」の総合タグ化

問題のジャンルにおいて代表的かつ最大多数である「VOICEROID」を総合タグ扱いとし、関連するVOICEROID以外のソフトを用いた動画もこのタグを付けられるようにする

利点
欠点

B、AItalk派生系は「VOICEROID」、CeVIO系は「CeVIO」で既存のタグに合流

AItalk生系ソフトA.I.VOICE含む)のVOICEROIDタグ使用、CeVIO AICeVIOタグ使用を許可する

利点
欠点
  • 全な統合はできず、タグ重複といった問題も未解決となる

C、「ボイチェビトーク」の総合タグ化

VOICEROIDCeVIOす造として一定の知名度と使用実績がある「ボイチェビ」にAITalk系の「トーク」を加えたボイチェビトークの名称を統合タグとして採用する

利点
欠点

D、その他の新規名称での総合タグの新設

新たに総合的な名称を作り、それを元にしたタグを用いていくようにする案
太字は肯定的な意見が多かった案)

【C案派生、または製品名称の一部を使用する案】

→製品名称の一部を使用する案の場合、C案と同じ問題を抱える上に呼称の定着において知名度に劣る点が摘されている

【歌唱音声合成ソフトにおいて徐々に広がっている「ソフトウェアシンガー」の呼称に対応する案】

理念そのものには賛同者が較的多くみられるが、SofTalkとの呼称の類似性が摘されている

【読み上げ「キャラクター」の要素を強く押し出す案】

→本来ソフトウェア単体ではキャラクター性を持たないAquesTalk類(ゆっくり)との差別化を明らかにする為にも「キャラクター付き」の要素が強いが望ましいとされたが、ゆっくりが"キャラクター"に含まれない理由を初見の人に説明することは難しいのでは?」「”音声合成”や”ソフト”の単が含まれない場合、Vtuberなどにも該当者が出てくるのでは?」という問題が摘されている

【その他の名称】

……などの名称が案として挙がっている。

製品名称に近いほど範囲が限定され今後の状況の変化に対応しづらくなり、製品名称から離れるほど普及難度は高まる点が、各名称共通の弱点と言える。

新規名称でのタグ新設を考える際の注意点

新タグ策定後の具体的な運用について

ここからはC案D案を総合タグとして採用した場合として話を進める。

運用としては、当面において既存の「ソフトウェア名称+ジャンル名」タグ置換えではなくいているタグに決定した「ソフト総合+ジャンル名」タグ追加して使用することを想定しており、これまで通りのタグの使用を否定するものではない

例として、

VOICEROID2結月ゆかりCeVIOさとうささらA.I.VOICE琴葉姉妹

を使ったゲーム実況動画があったとする。これに

ゲーム名」VOICEROID実況プレイCeVIO実況プレイA.I.VOICE実況プレイ
結月ゆかり実況プレイさとうささら実況プレイ琴葉姉妹実況プレイ

タグを付けた。タグの残り数3。ここにもし、

「(キャラ付き音声合成ソフト総合)実況プレイ

に当たるタグを追加でタグロックすることができるならば、今後同じようにタグの利用者が増えることで検索する際は「(キャラ付き音声合成ソフト総合)実況プレイタグどのソフトを使っていようがVOICEROIDCeVIO、他ソフト全件の新着が漏れなく検索できるようになる。特定キャラ名で動画を探したい場合はキーワード検索で後ろにキャラ名を追加で定するだけでよい(し、既存のキャラタグを使ってもよい)。これはキャラクターが増えて「登場キャラタグ全員分載せられない」という場合でも機する。

当面は利用者の少ないタグが一つ増えることになるが、今後タグの利用者数が増えるほどタグメリットは大きくなる。何よりVOICEROIDA.I.VOICECeVIOといったソフトの種類に依存しない為、タグの増加速度ソフト単体のものより

タグの利用者が増えることで、最も総合タグ使用の恩恵を受けやすいのは少数ソフトの利用者、あるいは複数の読み上げソフトを使っている動画だが、何より、使用ソフト関わらず同じジャンル仲間を探したい投稿者、そのジャンルの良作動画を広く探したい視聴者にとってそれは福音となるだろう。

ただし視聴者投稿者の意思を尊重せずタグを押し付けることは新規統合タグ・既存ソフト固有タグ関わらず推奨される行為ではない特に、視聴者が勝手にタグを消して上書きするようなことはトラブルの元であることをしっかりと認識すること。

一方で、上記の理念に賛同してもらえる投稿者においては、積極的に統合タグタグロックを行うことを勧める。

で、どのタグ使えばいいのよ

……という話についての結論だが、
それはニコニコ的に言っても「使う人が多いタグが皆の選んだタグということになるだろう。
有望な案は出たので自分の中で各意見を総合し、その中から投稿者に選んでもらう形、つまり、

「この問題を知る投稿者がそれぞれ自分の動画に総合タグに相応しいと考えるタグロックすることで徐々に普及させ、最終的に1個にまとめる」

といった形がこの問題の現実的解決手法となるだろう。

何もかも解決し全員が納得する会心の答えなどなく、ここまで挙がった全ての案に一長一短がある。

掲示板での議論においても各人それぞれに「こちらの案の方が韻がいい」「こちらの案の方が現実的だ」「こちらの方が将来性に優れる」という譲れない意見がある以上は、いくら議論したところで最終的な決着を見ることはいだろう。

それならば、ここまでまとまった話を広く知ってもらうこと、知ったうえでそれぞれ行動してもらうこと、が具体的にこの問題解決の為に行えることではないだろうか。

例えば自分が「ソフトウェアトーク」を推進したいと思ったならば、自分で投稿した動画タグロックを行ったり、身内に掛け合ってみたり、あるいはタグ単語記事を作って内容を充実させたりして、少しでもそのタグ使用者の数を増やすことが結局は一番統合の説得となる、というように。

VOICEROIDCeVIOAITalk音声合成ソフトで作られた動画に、既存の慣習でこれまで付けられてきた
読み上げソフト名+動画ジャンルタグが、だんだんと時代に合わなくなってきている。その問題点と々でできる善点を、少しでも多くの投稿者や視聴者に認識してもらう。

それがこの問題の解決のために、VOICEROIDCeVIOAITalk音声合成ソフトニコニコ明るい未来の為に、いま々ができることではないだろうか。

今後のソフトウェア事情

関連動画

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/07(火) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/07(火) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP