今注目のニュース
島根は「ラーメン不毛の地」じゃない! 「ラーメン県」投票最下位に、現地民が猛反論
「ガンダムSEED DESTINY」ブラストインパルスガンダム、ガンプラ再販! “ブラストシルエット”の再現度に注目
「サークルK・サンクス」公式サイトの中古ドメイン、約6000万円で落札される

WCCF単語

ワールドクラブチャンピオンフットボール

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

WCCFとは、セガが開発したアーケードゲーム『ワールドクラブチャンピオンフットボール』の略称である。

概要

正式名称は『WORLD CLUB Champion Football』

2002年、「SERIE A 2001-2002」の副題で、全で稼働を開始。
当時セリエAに所属していた全クラブ選手を、赤外線透過の特殊インクを使ってカード化。ピッチを模したプレイフィールドに、好きな選手11人+控え5人を配置して采配を競うシステムが受け、サッカーファン、トレカファンをも巻き込んだブームを巻き起こす。
その後、「SERIE A 2002-2003」を経て、2005年に「EUROPIAN CLUBS 2004-2005」と称してリニューアルイタリアだけでなく、イングランドスペインオランダから、リーグ、およびUEFAチャンピオンズリーグでの成績などを基に選出されたチームカード化される。その後、2005-2006で、ドイツフランスも含めた6ヶまで拡大。

2007年から、「INTERCONTINENTAL CLUBS 2006-2007」へ移行。ブラジルアルゼンチンからもチームが選出されるようになり、仮想トヨタカップを行うことも可になった。試合経過に影をもたらすキープレイヤーシステムが採用されたのもここから。
2009-2010で、UEFAチャンピオンズリーグ2003-2004にて大番狂わせを達成したFCポルトが、満を持して新規参戦、総参加が9に増えた。また、キープレイヤーを攻撃・守備・補助で1人ずつ、最大3人まで名できるように訂されたほか、カップ戦の合間に行われていたレギュラーリーグCPU戦限定モードとして独立。上位リーグにいないと参加できない上級タイトルカップへの参加も、い段階から行えるようになった。

2011-2012からは、セガ発行のアーケード用共通ICカードaime」にも対応し、1枚のaimeで最大10チームまで登録、管理できるようになった。従来の専用ICカードを使うのはデータ引継ぎの時だけであり、2012-2013では旧カードからの引継ができなくなっている。
2012-2013ではサブタイトル年号表記のみとなり、7シーズンぶりに欧州クラブのみの出演となった。ver.2では、ブラジルワールドカップにあわせて、スペインイタリアブラジルアルゼンチンの代表選手を「代表」というカテゴリーユニフォームで収録。09-10のレアでは厳選された5人だけだったが、こちらは各レアリティに選手が配されている。

2013-2014からは、レアカードQRコードが記載されるようになり、aime内の「選手名鑑」へ登録しておくと、ミーティング中に特別導が発動する新システムを採用。また、同じセガ製のサカつくシリーズから秘書システム引用した。
さらに、ver.2に続いてシリーズ初のver.3をリリースカードは「14-15オープニングエディション」と分類され、新シーズンへは移行されなかった。

当該シーズンの成績、各選手の試合出場時間などを基に定を行い、年末に新シーズン開幕というサイクルができあがっていたが、2016年1月末からの2015-2016において、かつて開発インタビューにてられていた、ゲーム年号表記を現実と併せるという標が、シリーズ開始から14年うこととなる。

最新版は、2017年1月末から、「2016-2017」のサブタイトルで順次稼働中。1試合あたり300円だったプレイ料が1試合あたり200円への値下げ敢行をはじめ、練習からミーティグルームへ直行する試合前準備の簡略化、今まで隠し要素的に扱われていたキャプテンフリーキックなどの適性可視化と、シリーズ開始15周年に向けて、一見プレイヤーが感じるをなるべく低くしたいという努を感じさせた。

http://www.wccf.jp/exit

具体的なゲームの流れ、問題点などは、上記公式HPや、Wikipediaを参照ください。

カードのカテゴリーとレギュレーションの変化

本作で入手できるカードは、出演選手の知名度、シーズンにおける活躍度などによってレアリティが変動する。

カードと呼ばれるレギュラーカードと呼ばれるスペシャルモニターでは銀色で表示されるレア色表示のレジェンドの4種類に大分され、最初からレアリティの高いカードをならべて、フリークラスチームを編成することも可だが、負け込むと財政難に陥り、選手のやる気が上がりにくいなどの悪影が出る点は要注意。
公式大会では、スペシャル以上のカード使用を5枚までに制限したU-5が必須の参加規定となっている。
2004-2005からは、レア以上の使用を5枚までと制限し、カードの使用制限をしたU-5Rを追加。
2012-2013の公式大会からは、現行シーズンカード8人以上を使用という制限が加えられることもある。
カードだけで編成されたレギュラークラスといっても、プレイヤーの眼や、起用した選手の評判次第では、大物食いも充分可である。

なお、選手個人の引退クラブの出演状況などにかかわらず、今まで制作、排出されてきたカードはすべて利用可。

レアカードの選出基準

レアカードは、MVP以外に、代表チームから選出される場合と、ポジション別に選出される場合がある。

レジェンド

2002-2003から追加された上級レアリティセリエAクラブへの所属経験があり、02-03シーズン当時はイタリア外で活躍していた現役選手を対に選出。
カルチョ時代の在籍クラブの現状や、選手の実状は問われないため、イタリアでは立った活躍を残せなかったパトリック・エムボマが選出されていたりする。
02-03 ver.2では、カルチョで活躍し、当時引退済またはキャリア終盤にさしかかっていた選手を対としたオールタイムレジェンドが増設された。

2004-2005での一時休止をはさみ2005-2006では、出演クラブに長年在籍している選手の全盛期を数値化して収録。
さらに、2006-2007では、往年の名選手を対としたキングオブレジェンドを増設。現在ペレ、ボビー・チャールトンディエゴ・マラドーナヨハン・クライフフランツ・ベッケンバウアーアルフレッド・ディ・ステファノ、エウゼビオ、リカルドサモラ、ジュゼッペメアッツァの9人が選出されている。
2007-20082008-2009では、オールタイムレジェンドのみの選出。
2009-2010は日本代表に特化されており、代表引退を表明後、2010年現在で現役を続けている選手を対としたJレジェンドと、2010年現在で現役生活自体を終えている選手を対としたJオールタイムレジェンドが排出される。
2010-2011以降は再度オールタイムレジェンドのみの選出となっているが、現役時代にも出演経験のある選手がATLEで再登場する例もしくなくなった。
2012-2013では、新たにヒストリー・オブレジェンドを追加。レジェンド選手1人に対して、ブレイク前後、全盛期、晩年など、時代を区切ってそれぞれデータ化したもの。第1号にはロマーリオが選ばれた。ver.2では、選手のサインも印刷されたサインド・オールタイムレジェンドが増設され、その第1号にはボビー・ムーアが選ばれた。
2013-2014のHOLEは、選手個人ではなくワールドカップ眼が置かれ、1990年ドイツ優勝の原動となったローター・マテウス、2002年ブラジル優勝に貢献したカフー、2006年イタリア優勝時の将で、バロンドールも受賞したファビオ・カンナヴァロという構成になっている。
2015-2016 ver.3からは、出演クラブで多大な人気と功績を誇る選手を対としたレジェンドオブクラブと、編成上は扱いになるオールタイムレジェンドレギュラーも追加。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2016/01/24(日) 11:04:35 ID: ipT3aGZ/lj



    >>lv246605655exit_nicolive



  • 10ななしのよっしん

    2019/03/20(水) 01:56:06 ID: WZ0tfoMqRQ

    最新作のFOOTISTA、今の所見事にコケてる気が・・・今の時点でもやっていない状態がしくないのは不味い気がする(複数店舗で確認済み)

  • 11ななしのよっしん

    2019/03/29(金) 16:35:45 ID: qKpNlPZnVo

    プレイヤーだけどなんか凄く寂しくなったね
    大画面から聞こえる実況もないしそもそも試合自体流してない

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP