アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック

について語るスレ

記事をみる

5

<<

>>

1/1

  • 1ななしのよっしん

    2016/06/08(水) 06:23:52 ID: 2UZ18PjTOC

    木根尚登のルッキング・アット・ユーとかジョン・レノンのセクシー・セディーとか聴いてるとこの人の油絵が頭に浮かんでくるんだ、妙にかなしい

  • 2ななしのよっしん

    2018/04/30(月) 21:50:26 ID: 2UZ18PjTOC

    太宰治のダス・ゲマイネにもこの人の絵と似た雰囲気を感じる

  • 3ななしのよっしん

    2018/06/04(月) 19:36:43 ID: Ud8Zdc9BXx

    ロートレックの絵は優しいところがめっちゃ好き。生き方は破滅的だったが、絵には本当に心がこもってる。すべての芸術の中でもダントツで好きだ。

  • 4ななしのよっしん

    2018/06/13(水) 19:33:00 ID: 2UZ18PjTOC

    ロートレック名時代のアンリ・ルソーがスーラから
    アンデパンダン展(展)の出品を断られそうになったとき、かばってあげたことでも知られる
    結構世話好きな人だったみたい
    アンリ・ルソーは晩年、ピカソローランサン、アポリネールといった若者たちと親しかったからエコールパリの画と思われがちだが、名時代はゴーギャンやロートレックと親しかったことからわかるように、世代的には19世紀末ポストの画だった。売れるようになったのはおじいさんになってからだけど。
    ロートレックの周辺って結構有名になった人多いね、浸りの生活だったという割には。

  • 5ななしのよっしん

    2018/06/13(水) 19:34:18 ID: 2UZ18PjTOC

    交友範囲の広い人だった。

<<

>>

1/1


TOP
       

ほめた!

すでにほめています。

ほめるを取消す

 

 

OK

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

キャンセル

ログイン