ロシア帝国

について語るスレ

記事をみる

93

<<

1/4

  • 1ななしのよっしん

    2011/10/27(木) 23:34:14 ID: xpUzNGpek4

    ロマノフの最期は悲惨すぎる

  • 2ななしのよっしん

    2011/10/31(月) 08:41:40 ID: IBS+8rNMer

    民主化をついになしえなかった、最後のローマ皇帝に相応しい末路であったな
    ユスティニアヌス大帝もピョートル大帝もさぞ嘆いたであろう

  • 3ななしのよっしん

    2011/11/26(土) 02:07:26 ID: uG7ni1vT0/

    革命の兆はあったんだろうが革命が起きてからはたちまち崩壊してしまったな
    いまの中東革命なんぞべ物にならないくらいかった
    いといわれる現代でもこうした革命においては
    近代のほうがよほど物事が進むんだなと思わざるを得ないな

    ロシア皇帝の血筋もいまやグチャグチャのバラバラでもう復活はないだろうな
    そもそも外の女によって支配されたのち革命によって滅びた皇族に
    どれだけの意味が現在あるのかわからんが

  • 4ななしのよっしん

    2011/11/26(土) 11:58:24 ID: SRIdaedVGI

    ロシア皇帝の「皇帝」とは「東ローマ皇帝」の意味だから、実は血筋は問題にはならない
    東ローマ帝国では即位してから先の縁者と婚姻する場合も一般に正統性が認められた
    プーチン投票皇帝に即位してロマノフ結婚すれば、立ロシア皇帝になるよ
    意外と最終手段でやったりしてw

  • 5ななしのよっしん

    2012/01/07(土) 14:51:36 ID: Zeszvcttz5

    今のロシア民って、ロマノフ王復活に肯定的なのかな?それとも否定的なのかな?

  • 6ななしのよっしん

    2012/01/07(土) 14:55:53 ID: oPgHQlcBMv

    「強いロシア」の復活をめるは少なからずあるらしい
    それに政時代を含むかどうかは分からんが

  • 7ななしのよっしん

    2012/01/11(水) 22:58:37 ID: Pf55vPmqvZ

    支配において問題なのは正当な権威と統治の妥当性だから、この場合血筋は副次的な問題だと思う
    むしろ顕在化するのは権威の正当化、恒久化の状況下においてだろう

    取り合えずスターリンなんて危険人物に傾倒させるよりはロマノフ復活に移行させた方が安全だと思うんだ

  • 8ななしのよっしん

    2012/01/14(土) 08:22:37 ID: BQmkeH0vHi

    ロマノフスターリン以上の危険人物がいなかったかというと、そんなこともないんだがなw

  • 9ななしのよっしん

    2012/01/19(木) 19:22:27 ID: Ig2pvZLfC1

    もしもロマノフイギリスのような立として現代まで続いていたらと妄想するとワクワクする
    あのの体質上、絶対あり得ないけどw

  • 10ななしのよっしん

    2012/01/27(金) 18:19:43 ID: xpUzNGpek4

    強大な権暴力いと治められない土地だからね

  • 11ななしのよっしん

    2012/01/30(月) 00:02:00 ID: Z1qDuOfTxF

    露土戦争
    >>sm16753101exit_nicovideo


    ロシア革命
    >>sm10682308exit_nicovideo

  • 12ななしのよっしん

    2012/03/05(月) 22:41:49 ID: MHEKDSKK/F

    >>3
    たしかロマノフは男系しか当になれない規定があって
    に座を巡って前の当と争っているんだっけ

    >>6
    一時、90年代ロシアの格差拡大で
    君主制復活5割近くに達した
    またエリツィン摂政を務める形で君主制を復活させる案もあった

  • 13ななしのよっしん

    2013/01/24(木) 16:36:33 ID: x/DK4y4Er+

    末期には議会や憲法発布と革命妥協し始めたけど時すでに遅しって感じだったな

    もっと妥協していればなあ

  • 14ななしのよっしん

    2013/03/24(日) 13:48:03 ID: k52fZGk6UA

    国歌終末感がやばい

    歌詞君が代並みに簡潔で旋も親しみ易いから、国歌の中では一番好きなものの一つだ。

  • 15ななしのよっしん

    2013/08/25(日) 04:42:17 ID: gHd9gqc3Lg

    >>5-6
    なんかタイムリー話題
    民衆じゃなく正教会とは興味深い

    在外ロシア正教会 ロシアにおける君主制復活を呼びかけ
    http://japanese.ruvr.ru/2013_08_23/120056541/exit

  • 16ななしのよっしん

    2013/10/04(金) 00:52:32 ID: AkNCEMWf/M

    もともと寒帯の辺に過ぎなかったところが、今日までにおける強大な軍事国家として君臨しているのはすごいことだよな。

  • 17名無し

    2013/12/25(水) 22:18:17 ID: FfuLm6WNoM

    結局後身のソ連は王侯貴族共産党に成り代わっただけで
    なんだかんだで帝国貴族が栄えさせていたものすら破壊したり放置したり放棄して
    底してを衰退させて破綻させたわけだからやっぱ慢はするべきだったのかもな。
    この帝国革命と変化と哀れな末路は全世界が見習うべき所があると思うよ。

    あと記事についてだけど一割の王侯貴族と九割の農とか間違いだろ。
    教会モスクとか結構あるんだから職者や他の職を持つ者も多くいるはず
    せいぜい農なんて六割ぐらいだろ。そんなんで帝国が成り立つわけない。

  • 18ななしのよっしん

    2013/12/26(木) 00:55:05 ID: oPgHQlcBMv

    >>17
    記事には「9割の“農的な農民”」とあるが「9割の“農”」とは書かれていないぞ
    言葉遊びのようだが結構大きいよ
    帝国時代の農民が非情な扱いを受けたからそういう表記なんでしょう

    >そんなんで帝国が成り立つわけない。
    そうだよ、だから崩壊していったんだよ
    たとえば19世紀半ばの農村人口は帝国人口の8割を確実にえていたよ
    その半分以上は農で残りも非人的扱いを受けた農的な農民

    あと職者はどっちかって言うと貴族側で、それを踏まえても王侯貴族は1割前後

  • 19ななしのよっしん

    2014/01/18(土) 16:02:54 ID: q/viNOO1hK

    「1905年、日露戦争アメリカ合衆国の仲介で引き分けという形で幕を閉じた。」

    引き分けでは日本側の勝利でしょ。別に戦争は「軍事が強い方が負ける事は絶対あり得ない」という単純な話ではない(国家総力戦WW1から)
    当時の世界日本が勝ったから驚いたわけだし、ウィキペディアにも日本語版・英語版ロシア語版共に日本勝利だと記載されている。それとも「9割の“農的な農民”」と同じく言葉遊びか何かか?帝政ロシアの方ががあるから本当は負けではないに違いいと?

  • 20ななしのよっしん

    2014/03/14(金) 20:34:53 ID: PVxGG3RbAc

    たしかロシア帝国は搾取もしてたけれど、反面自が発展途上であることを痛感していたところもあって、文化や科学技術には積極的に投資してたんだよな。それがバレエロシア音楽といった素晴らしい文化を生んだり、ソ連時代にT-34をつくったり宇宙開発したりする土台となったんだよな。今の日本もその点は学ぶべきかもしれん。

  • 21ななしのよっしん

    2014/03/14(金) 20:40:34 ID: IhB6Hzo2eT

    >>19
    実際ロシアは負けてないしな。
    権益の確保という面なら「勝利」という表現でもいいかもしれんが、
    アメリカ日本に勝ったとか、そういう意味合いでは決していよ。
    そしてその誤解が後々日本の内政問題に発展するわけだが。

  • 22ななしのよっしん

    2014/03/14(金) 20:42:10 ID: +IdhL/GAzR

    良くも悪くもモンゴル帝国ありきの国家なんだよなぁ。

    ロシア人自身の史観からか、ヨーロッパ系の要素ばかり見てモンゴルテュルク(アジア系)の要素が軽視されるのはあんまりよろしくないと思う。

  • 23ななしのよっしん

    2014/03/17(月) 01:13:34 ID: yq0Et67+Np

    しかし現実的には東ローマ的専制で、モンゴルの要素があんまないんだお

  • 24ななしのよっしん

    2014/04/01(火) 10:10:11 ID: ggR9h7yCcR

    ロマノフ王はものすごいを極めたとてつもなく魅がある王だと思うな
    当時世界土の二割を支配し、塊もアメリカに次いで保有し
    家族単位世界一お金持ち一家と考えると本当に魅を感じるんだよな
    是非とも積極的に研究したい家族

  • 25ななしのよっしん

    2014/04/02(水) 09:47:28 ID: I7YNFYTBgE

    >>21
    だからそういうに勝ちにも色々あって、日本のそういう勝ちだってことでしょ
    なんかこれで天狗になったのがいけないんだと思ってそうだけど、悪いのは天狗になったことであって勝ったことではないんだから、そこらへんは素直に評価するべきだと思うんだけど

  • 26ななしのよっしん

    2014/04/02(水) 10:22:44 ID: QY/oz13vxx

    っていうか、そもそもその「天狗になった」論も強引すぎてお話にならんのだけれどね

  • 27ななしのよっしん

    2014/04/18(金) 14:12:48 ID: ggR9h7yCcR

    >>nm2752135exit_nicovideo


    昨日撮ってきたといっても違和感いキレイさとクオリティ
    こういうのが実は一番いいプロパガンダ具ともなりうるのが辛いところ
    本当にいいと思ったしロシア帝国イメージが多大にアップしたわ

  • 28ななしのよっしん

    2014/05/20(火) 10:40:28 ID: V2fDsPQitW

    >>27
    今の時代はあからさまなものよりこういう素なものの方が効果を発揮するよな

  • 29ななしのよっしん

    2014/07/03(木) 00:31:37 ID: yq0Et67+Np

    ロシアは本当にいいだったんだね。
    なんでアカなんかにのっとられたのやら。
    ソ連導者って、レーニンモンゴル系)、スターリングルジア系)、フルシチョフとブレジネフはウクライナ人だし。

  • 30ななしのよっしん

    2014/07/03(木) 02:22:14 ID: 96QZYX2CDi

    ツァーリ支配の傲慢極まりない姿勢、それを支えた農制における民大多数の悲惨な暮らし。
    共産主義者が現れるはるか前から、山のように記録が残ってるよ?

<<

1/4


TOP
       

ほめた!

すでにほめています。

ほめるを取消す

 

 

OK

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

キャンセル

ログイン