七つ道具

について語るスレ

記事をみる

4

<<

>>

1/1

  • 1ななしのよっしん

    2013/01/03(木) 22:56:23 ID: MObodHOW9c

    ジャイアンうなぎ

  • 2削除しました

    削除しました ID: iOF6dmI4FH

    削除しました

  • 3ななしのよっしん

    2015/02/19(木) 23:08:11 ID: 8kI+gexc9d

    武士七つ道具って戦国時代って割には騎射戦重視っぽい装備で(長や鑓がない)いつから言われてるんだろと思って検索してみたが
    江戸時代後期の『嬉遊笑覧』って随筆の「武事」という項を一応見つけた
    原文(一部)読めるサイト
    http://yoshiok26.p1.bindsite.jp/bunken/cn14/pg482.htmlexit
    ○『』に鎗の事をいひて~ の文章の途中『』という文書からの引用中で
    北畠の記によれば、先ず具足、かたな、太刀、そして矢を負う。それから持って、ほろ掛けて、かぶと着ればこれで七具、あるいは七つものというぜ。」とあった
    弁慶七つ道具とか他の七つ道具の話もしてるな

  • 4ななしのよっしん

    2015/03/04(水) 06:10:52 ID: 8kI+gexc9d

    自分で書いといてあれだが上の文結局いつから?の答えに全くなってないなorz
    太刀セットだから打刀(浅反りの湾)じゃなく(組討に使う直)の事だろうな
    これに兜と大袖、った大を着て衣持った鎌倉的騎武者が
    帽子に半首、巻姿の徒歩武者と対されてると思うと絵的に格好いいと思ったんだがな~
    」も江戸時代っぽいし妄想じゃ資料は出てこないな

<<

>>

1/1


TOP
       

ほめた!

すでにほめています。

ほめるを取消す

 

 

OK

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

キャンセル

ログイン