典韋

について語るスレ

記事をみる

27

<<

>>

1/1

  • 1ななしのよっしん

    2010/07/07(水) 19:19:48 ID: P9qwkrVLQ3

    あれ、手矛を投げたエピソードって対張繍戦じゃかったんだ

  • 2ななしのよっしん

    2011/04/02(土) 20:39:17 ID: j4GF3aB+gs

    正史に伝があるのに字は残らなかったのか

  • 3ななしのよっしん

    2012/03/02(金) 08:34:04 ID: chm0A2JsI4

    ここはに任せて先に行け!の元祖だよなぁ

  • 4ななしのよっしん

    2012/03/02(金) 08:41:35 ID: zSJKc5YTbj

    得物がないお(´;ω;`)

  • 5ななしのよっしん

    2012/10/12(金) 16:03:08 ID: qnxO6hEx9G

    無双典韋は顔は怖いが、もの凄く良い人で困る。

  • 6ななしのよっしん

    2012/11/21(水) 10:05:49 ID: 9q7+L2cLJV

    曹操示だったのかも知れないけど、降伏したばっかりの張繍たちのことを睨みつけて威嚇するのはダメだろ…と思ってしまうw
    そりゃ不安になって反乱もしたくなりますわ。

  • 7ななしのよっしん

    2013/02/18(月) 20:24:14 ID: 5NQK1ISU8v

    無双典韋海外人気が高いんだよね

  • 8ななしのよっしん

    2013/02/23(土) 04:45:41 ID: g4GzYoq+Ov

    確かにハゲマッチョとかアメリカとかイギリス人は好きそうだなw

  • 9ななしのよっしん

    2013/03/02(土) 07:59:34 ID: FCJnIiRJF1

    何年頃に曹操配下に加わったんだろうか
    190〜194年頃だよね

  • 10ななしのよっしん

    2013/07/12(金) 15:27:27 ID: 1fCUK0hzAA

    横山三国志キャラ名鑑だかでは「字なし」と書かれてたな。

    字に関しては、当時成人する際に付けたモノということで、むやみに名を呼ぶことは上の人間や両親等以外では極めて礼なものとされていたらしい。
    そういった煩わしさがあったため、字を付けたあだ名のではあるが、ここから推察するに悪来の再来だと曹操に言わせ悪来典韋となった時には彼はまだ成人していなかったのではなかろうか。
    悪来と呼ばれそれが定着したが故に字を付ける必要がくなった、というところじゃないだろうか。

    そう考えると割としっくりくる。

  • 11ななしのよっしん

    2013/10/02(水) 11:21:41 ID: u37Dh46yVX

    この人の字は「悪来」だよなぁ
    本場ではどう思われてるのか知らないけど

  • 12ななしのよっしん

    2013/10/31(木) 17:29:24 ID: G035QqejgG

    悪来は字じゃなくてただの渾名だろ。
    しかも典韋曹操に悪来と渾名されたのは物語上の創作だ。
    悪来が「悪臣」ではなく「怪力無双の人」という例で出されるのなんて三国志演義くらいだから、側近の典韋を悪来とすることで曹操辛(の様な暴君)とイメージさせるためのキャラ付けだろう。
    それにしても悪来を選ぶってのはかなり微妙チョイスだが。

  • 13ななしのよっしん

    2013/11/28(木) 21:54:12 ID: I6ZY0/co9e

    贏来(悪来)が暴君紂王の太鼓持ちながら、牧野の戦いで忠を尽くして戦って死んだ点に、
    正史における典韋の事跡をある程度貶めつつやかに書き出すための材にしたんじゃね

  • 14ななしのよっしん

    2014/06/16(月) 03:21:54 ID: h1XmVPN+KO

    殷の紂王を知る人はいても、その臣・悪来を知る人は少ない。
    自分もまた、典韋のお蔭で悪来を知りました。

  • 15ななしのよっしん

    2014/07/12(土) 12:28:07 ID: fzLrodj/NG

    劉封関平も字が不明だし典韋も字がいと言うより不明なだけだろうね。
    公孫淵みたいに避諱のために字の記述が省略されてるケースも考えられるけど。

  • 16ななしのよっしん

    2015/03/02(月) 16:08:54 ID: ju3VEAXNBy

    個人の戦闘力だと
    典韋呂布、どっちが強いんだ?

  • 17ななしのよっしん

    2015/04/24(金) 12:01:31 ID: CUwPPX/JCZ

    答えが出るわけなかろうに

  • 18ななしのよっしん

    2015/04/24(金) 15:09:59 ID: ZfAHGgPNEk

    ありなら呂布
    なしなら典韋じゃろ

    してを驚かして落という妄想も面いが

  • 19ななしのよっしん

    2015/06/12(金) 15:54:20 ID: jTMzMYgCaJ

    典韋の使ってた双戟ってイメージ的に短戟の二刀流かと思ってたけど、方戟のことを言うのか

  • 20ななしのよっしん

    2015/09/13(日) 11:56:08 ID: n6r6IXQvXU

    横山三国志でさっきまで戦ってた許褚が召し抱えられることになった時に「おう、よろしく頼むぜ」とをかけるフランクっぷりが好き
    それから「うちの殿は戦も強いし頭も切れる」「いずれ大きくなられる御方」と続くのだけれど、その後の典韋曹操の行く末を思うと切ない

  • 21

    2016/01/02(土) 14:31:25 ID: rstFT3oJ+a

    弁慶元ネタ

  • 22ななしのよっしん

    2016/02/27(土) 01:21:11 ID: LQzliZRieo

    三国志登場人物でバーリトゥードのトーナメントやったら
    たぶんこいつか許褚の優勝だよね

  • 23ななしのよっしん

    2016/10/06(木) 14:08:30 ID: CUwPPX/JCZ

    勇者の定番エピソード「素手で猛倒した」あたりがいからなぁ
    許褚と違って最後殺されてるし
    強いには違いないだろうけど

  • 24ななしのよっしん

    2017/07/20(木) 21:55:07 ID: VySVW+25m9

    山中で虎を追いかけ回しているところを夏侯惇が発見、採用」ってパターンもあったはずだが出典が分からない

  • 25ななしのよっしん

    2018/01/23(火) 14:23:29 ID: wUABWIXFxb

    >>12-13
    悪来の由来にそういう見方があるか、とから鱗の想い
    せいぜい三国志の時代には剛無双の代名詞だったのが
    時代あるいは封神演義の成立とともに数合わせでに封じられた佞臣の印が強くなっていったのかぐらいにしか思ってなかったわ

  • 26ななしのよっしん

    2018/03/07(水) 16:23:40 ID: jOY1gj0Xb1

    羅貫中は妙に例えが上手いというかなんというか…

  • 27ななしのよっしん

    2019/01/18(金) 02:19:05 ID: 4QDMhsvvjL

    中はかなりのインテリ層ですし……「学のない庶民に受ける話でありつつ、学のあるインテリ層(エリートコースからドロップアウトした浪人エリート)」にも受けるようにしたんちゃうか
    「分かりやすい話でありつつ、故事を用いることでインテリの知識披露にもうってつけ」って話の作り方は、良くも悪くも広い層に話を広げるのに役立ったろうしな

<<

>>

1/1


TOP
       

ほめた!

すでにほめています。

ほめるを取消す

 

 

OK

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

キャンセル

ログイン