剣術

について語るスレ

記事をみる

77

>>

3/3

  • 61ななしのよっしん

    2017/01/05(木) 20:55:27 ID: XL48uFGLgA

    古いほどガバガバってのは違うな、最古の剣術らしい>>59で言及した流は握りの変化を技術としてやってて、あれをガバガバ呼ばわりは決してできない。

  • 62ななしのよっしん

    2017/01/05(木) 21:06:52 ID: XL48uFGLgA

    http://hakudoh.com/wp/study/page_0502/page_02exit
    このサイト剣術形の解説を見るに
    剣術形の中に技を教えるもののほかに理を教えてるものもあるらしい

    ここでは剣術形と理形と言ってるけど、自分としては剣術形の中の技形と理形という分け方をしたい。

  • 63ななしのよっしん

    2017/01/06(金) 15:57:32 ID: XL48uFGLgA

    https://youtu.be/_QSfNScyvkQexit
    これ見ると剣道形も立剣術なんだなとわかる。

  • 64ななしのよっしん

    2017/01/08(日) 16:31:56 ID: NNEIzlV9sE

    時代が古くなればなるほど、術って付くものは(術を別とすれば)
    一般的じゃなくなっていくんだからそりゃみんな自己流のガバガバなるでしょ

  • 65ななしのよっしん

    2017/01/13(金) 02:50:14 ID: NHZ/ipw5Xn

    神道流は歴史を通じて良されてる部分あるだろうからなぁ
    名門だから人の出入りしいんだよあの流
    「最古の流」ってのは組織的導法が最初に確立したって意味だからな

    >>64
    この辺考察すると結構面くてなー
    本当に最初期の武術狩猟技術その物なので、親から子にそのまま継承される
    日本大和王権が成立する頃には専門的な軍事氏族が生まれたんで、彼らの武術は一族内での徒制で継承されてるはず
    663年の村江の戦いの後には唐式軍制導入してて、兵士の集団導法も導入されたと思われる
    防人という一種の徴兵制はちょうどこの前後に成立してて、記事にある「鹿島太刀が防人に伝授された」ってのは、新兵訓練を集団導法でやってたと解釈できるんだよな
    なのでこの時代の関東地方では、統一された剣術訓練やってた可性があるんだわ
    まあ鎌倉時代には徒制に逆戻りするんだが

  • 66ななしのよっしん

    2017/02/21(火) 11:45:06 ID: XL48uFGLgA

    歴史ガチ勢きたーw
    なるほど・・・。

  • 67ななしのよっしん

    2017/02/21(火) 22:00:36 ID: lKsfa6VGTL

    古代のほうが明治以降の軍隊と似ているという不思議
    というか中央と地方間の政治機構も中世より近代以降のが近いっていう

    >>65が言う徒制は開発領になった軍事貴族の子関東狩猟なんかで培った武芸達者の繋がりとか武士りにも係ってくるね

    野太刀自顕流軍事貴族の伴氏が伝えた技法っていう伝承があるし

  • 68ななしのよっしん

    2017/03/09(木) 04:27:46 ID: NHZ/ipw5Xn

    古代の中央集権から中世の領乱立への流れは東西で起こってるんだよね
    出来る限り大人数で団結したかった人たちから、自でやりたい人たちになっていく
    古代人にとって世界はそれだけ厳しいものだったんだろう

    技術の発達には統合による底上げと分裂による切磋磨が必要なんで、これは歴史の必然と言える
    この「統合と分裂」は、格闘技歴史にも非常に重要なキーワードだったり…

    >>67
    技術伝達のトップダウンとボトムアップだね
    奈良時代あたりには中央の軍事貴族の方が優れた技術、知識を持ってたはず
    地方に赴任した時には剣術を教えることで統治をやりやすくしたりもしてたんじゃないかな
    関東関東修羅の国だから、戦訓の蓄積が凄かったろう

  • 69ななしのよっしん

    2017/04/30(日) 18:52:41 ID: NNEIzlV9sE

    >>65
    制時代の戦法が分からないが剣術の出る幕はあったのだろうか
    ローマレギオン寄りの戦闘法ならともかく
    古代ギリシャよりの戦闘法であるのなら剣術の出る幕はないし
    時の術であればどちらかと言えばお偉方に授けた方が良いし

  • 70ななしのよっしん

    2017/05/04(木) 13:17:32 ID: NHZ/ipw5Xn

    >>69
    当時の日本の地形は山山山アンなのでメイン
    の頃になっても碌に長物が使われてないあたり筋入り
    いいぞー藪も払えるし船の上でも取り回しやすい

  • 71ななしのよっしん

    2017/05/04(木) 17:51:31 ID: hdNv6EYmfp

    ファランクスを使用した古代ギリシャも山だらけなんですがそれは

  • 72ななしのよっしん

    2017/09/14(木) 22:22:36 ID: NHZ/ipw5Xn

    ギリシャファランクスは重装歩兵が狭い街道を封鎖する形で展開するから強かったんじゃなかったっけ
    古代日本がやたら大好きなのは考古学で定説だったはず
    地中海ほど整備されてなくて路の重が高かったとかそんな理由なのかな
    東南アジアも短義だし気や文化的なものかもしれない
    あるいは重武装を可とする経済の差かもしれない

  • 73ななしのよっしん

    2018/01/15(月) 16:39:12 ID: gXGPd37udx

    それは数で負けてる場合の苦の策だな。
    ファランクス決戦向けに最適化された、えー・・隊形で、お互い可な限り多くの兵を一か所に集めて、示し合わせるでもなく広い野っぱらを探してファランクス組み合って戦うのが一種の作法だった。固定観念と言ってもいいかもしれない。
    共和制から政中期くらいまでのローマ人も歩兵偏重、決戦義という点では受け継いでるところがある。不思議だけど、山がちの狭い土地でそういう軍制が生まれたのは、多分お互いに戦争とは即ち一度ないし数度の決戦であるという共通認識があったからじゃないかと思う。
    要はファランクス地決戦用の戦法だったので、>>71は反論としては適切じゃないかな。
    ただまぁ・・、たとえ得物としてを使っていたとしても、集団戦で用いる技術は個人技としての剣術とは区別して考えてみるべきものだと思う。もちろんそういう意味での剣術が集団戦に応用の利かないものとまでは言わないけど、○○流みたいなのは訓練や修身としての意味合いの方が強い気がする。
    しかし日本中国の方がずっと染みがあるはずなのに、昔の戦い方となると全然分からないな。

  • 74ななしのよっしん

    2018/01/15(月) 17:09:20 ID: avkswLgJHF

    単純にかさばるからじゃねーの
    当時の日本の動員(徴募体)ではしかえられない(普段使い)の副兵装
    ギリシャ ローマは強大な組織ファランクスを訓練してに対抗したわけだが
    中世になると日本でもが増えるわけだがやっぱり狩猟に使われてる農民のの戦化をあてにされてる記録があったはず

  • 75ななしのよっしん

    2018/04/07(土) 22:10:47 ID: KvX1Nsm31V

    るのは同意 後規模とかじゃね? 訓練性は違う
    田を寄越せなら ゲリラか申し合わせて戦うか
    単位だろうからどちらにせよ小規模
    小規模やゲリラファランクス何て地形があれじゃい限り
    日本の場合更に高低差あるし理だよ


    後丸木がそれくらいに出てくる見たいだし
    は持ちじゃ防げん

    が後に出るのは(菊池以前にも絵だかに描かれてるらしいけど)規模の拡大と置きとか具の発達でしょ



  • 76ななしのよっしん

    2018/06/14(木) 20:07:32 ID: XL48uFGLgA

    自分と相手が同じ剣、竹刀を装備して
    物のの一定の範囲で戦う
    対称戦

    正直、条件を設定しつつの非対称戦を稽古に加えるべきだと思う
    一方的叩きかれるというのは得るものが大きかった

  • 77ななしのよっしん

    2018/09/25(火) 22:58:02 ID: 93m/+2SNU7

    >>74
    武士のことを「」というように武士階級が独占していて、むしろ農民は手にすることが出来なかった武器の可性があるんだよなぁ。
    例えば仙北正18年に上杉景勝が行った狩りの記録を見ると没収された4472点のうち類は2981336に対しは78しかない。同時期に溝口秀勝3973点を押収しているが、こちらにいたっては矢は一つもない。
    当時は農民が持ち得る武器はに限られ矢は、何らかの流通制限がかけられていた形跡がある。

>>

3/3


TOP
       

ほめた!

すでにほめています。

ほめるを取消す

 

 

OK

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

キャンセル

ログイン