剣道

について語るスレ

記事をみる

367

>>

13/13

  • 361ななしのよっしん

    2018/11/30(金) 06:43:09 ID: Fvaz8boHom

    介者剣術は使われていたかどうかも怪しいインチキやぞ

  • 362ななしのよっしん

    2019/03/24(日) 08:29:06 ID: SbcUaHhHhv

    剣道は恐らく前提であり
    有効部位を面、小手、胴に限定したのは、戦闘では常心を保つことが難しいので、限定しないと迷いが生じやすいのと、

    その有効部位は必ずしも急所とは言えないけども
    狙いやすく打ち込まれれば戦闘が落ちる部位だからだとおもう。

    小手を切られれば武器を扱うのが難しくなり、面(額)を切られると出血で視界が遮られやすくなり、戦闘に支障が出る。
    胴は言わずもがな

  • 363ななしのよっしん

    2019/05/01(水) 08:06:30 ID: /D6vFcY/GG

    この本お勧め。想像以上に自分が左足と左膝を使えていないことに気づかされた。この本の内容と中段の構えと手の内が理解できれば面は打てるようになる。

    >>az4884584104exit_nicoichiba

  • 364ななしのよっしん

    2019/05/20(月) 00:37:10 ID: 4Ir1+PHB//

    >>357
    有段者の導者が竹刀扱う時も下に押すように振り下ろせ
    とか導することもあるように、棒当てだの揶揄される現代剣道で実践向けかと言えば怪しい

    芯さえずらしていれば相手に竹刀が頭部に当たってようが一本をとられない
    という時点でもう自滅特攻前提以外の何物でもい体捌きだし

  • 365ななしのよっしん

    2019/05/20(月) 23:36:30 ID: 1I0923Eop9

    そうは思わんな。
    剣道が相打ち前提なのは,防具以前にそもそも速を見切ることを諦めたと解釈すればいい。非情なまでの現実義だ。

    器の必然性とそれに対する恐怖を自分の武器に変えることが剣道には可で,つまり試合すらトレーニングの一環とすることができる。

    なんのトレーニングか。素人を器でもって一方的叩きのめすトレーニングだ。
    柔道は素人を甘く見て刺されるが,剣道にそんな甘えはない。

    その上でも左構えを全面的に解禁するべきだと考えている。

  • 366ななしのよっしん

    2019/06/01(土) 14:47:33 ID: 1I0923Eop9

    左構えへの配慮,防具の発展性のなさ,「剣」を標榜する愚かしさ等欠点は多々あるが,
    川崎の事件を見てると剣道こそが最適な護身術になるのではないかと最近思う

  • 367ななしのよっしん

    2019/06/02(日) 07:35:03 ID: /D6vFcY/GG

    >>365
     「速を見切ることを諦めた」っていうと違和感があるな。出端で決めた時の手ごたえを思い出すと、そもそも見切る必要がないところで仕留めたって言った方が近い気がする。
     もっと相打ちらしい技で、切り落としの合面や合小手面も、見切りが必要になる一手前くらいで勝負が決まっているとは思う。

    あと、厳密には左構えは解禁以前に禁止されていない。実際の左構えも導できる導者も見たことないけどね。

    参考:剣道試合審判細則規則第13条2項
    http://www.abiko-wakatake.com/cms2/index.php/kendo-zatsugaku/264-trivia-07exit

>>

13/13


TOP
       

ほめた!

すでにほめています。

ほめるを取消す

 

 

OK

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

キャンセル

ログイン