新田義貞

について語るスレ

記事をみる

32

<<

>>

1/2

  • 1ななしのよっしん

    2017/09/23(土) 17:57:35 ID: pYPcg2iqVM

    やっと記事が作成されたのか、長かったなあ…

    太平記だけだとまさに噛ませ犬な描かれ方になっているけど
    後の徳氏が箔付けに新田氏末裔を唱えたりしているのを見るとやっぱり押しも押されぬ名門の一族なんだよな
    あくまで武士層を基盤にしたか朝廷建武政権)に組み入れられたかで足利とこうまで明暗が分かれるとは

  • 2ななしのよっしん

    2017/09/23(土) 18:04:40 ID: v9mD+1h19s

    干潮時進軍兄貴

  • 3ななしのよっしん

    2017/09/25(月) 09:12:14 ID: kqhF9Q0ZWC

    要するに倒幕までの人だったと

  • 4ななしのよっしん

    2017/10/03(火) 20:31:17 ID: fOuMuTOa/J

    名門というか名門(笑)というか・・・後醍醐には対足利カウンターとして使われただけだし、家康の方も一応清和源氏の末裔でありつつ系図がどうとでもできる便利な血筋として利用されただけなので、実態はなんもないんだよなぁ。ずっと官位持ちの一族だった足利とは、ほとんど初期から勝負になってない。

  • 5ななしのよっしん

    2017/10/04(水) 22:17:47 ID: 1WjqKzG58W

    新田義貞が尊氏に勝ってたのは精の強さだけだろう。
    と言うか足利尊氏メンタルが弱すぎる。

  • 6ななしのよっしん

    2017/10/14(土) 00:18:08 ID: /RL1Qt5wR3

    個人的に尊氏にとって楠木正成は好敵手(とも)って感じだけど
    新田義貞ライバル(笑)って印

  • 7ななしのよっしん

    2017/10/14(土) 15:37:45 ID: pYPcg2iqVM

    手越河原で直義を寡兵でフルボッコにしているのを見ると戦下手ではないんだよな
    そこから尊氏が出したらあっという間に負けるあたりが凄まじいかませ感漂う原因なんだろうけどw

  • 8ななしのよっしん

    2017/11/15(水) 10:53:27 ID: EgkS6Cahly

    >>4
    最近の研究だと鎌倉攻めに参加したのは単なる足利下の部将としてと言われるぐらいだしなあ……
    なまじ柄が良かったのと鎌倉で活躍してしまったせいで足利から独立して対抗祭り上げられてしまった感じ

  • 9ななしのよっしん

    2017/11/15(水) 12:24:49 ID: bWZgf7Xxjw

    スタートラインは尊氏と較してあんまりいいとは言えないし
    った方なのかな

  • 10ななしのよっしん

    2017/12/05(火) 21:02:56 ID: AgB54zSfA1

    >>7直義はどっちかというと内政や調略
    戦闘はうまくないんだよなぁ・・・。

    そして足利尊氏赤松円心斯波高経といった
    武将クラスだと義貞はフルボッコにされるという・・・。

  • 11ななしのよっしん

    2017/12/06(水) 01:56:33 ID: If0ixDyPkQ

    ここ最近になって南北朝武将の記事が次々と出来てきているが
    そのどがレスしかあっても1~2件程度。
    そんな中三か余りですでに10件書き込みがあるのはさすがというべきかな
    でも、あまり良く言っている書き込みがいなぁ…
    大きな功績も上げてるのに、他の失敗や敗北等がイメージを塗りつぶしてしまってるのか
    あと、楠木の足を引っったような印もあるのも(偽はともかく)

  • 12ななしのよっしん

    2017/12/13(水) 20:16:59 ID: fOuMuTOa/J

    失敗がどうのという以前に、行動に戦略的な視点が全く感じられないので基本二流と言わざるを得んのよ。
    義貞で典的なのが逃げる時にを落とすか落とさないかとなり、を落とすなんてセコい真似はしないといってそのままにした話。これは宮方の価値観ではアホだと酷評され、逆に足利方の価値観では東武士らしく潔くてよいと褒められてるんだが、要は行動が最後まで田舎者の一兵卒なんだよね。
    とてもじゃないけど大将の器じゃない。なのに立場は宮方の総司令官みたいな扱いなんで、どうしても情けない武将という印になってしまう。

  • 13ななしのよっしん

    2017/12/13(水) 20:26:22 ID: HkHiVAaIn5

    >>11
    やっぱり知名度は高いからねえ
    南北朝鎌倉倒幕)で活躍した武将といえば、足利尊氏楠木正成、そして新田義貞とまずこの三人が挙がるし
    何時の時代も評価が高い楠木正成、毀誉褒貶がしい足利尊氏、そして知れば知るほどボロが出る新田義貞みたいな扱いになっちゃってるけど

  • 14ななしのよっしん

    2017/12/17(日) 19:54:46 ID: 1Q+lREQrDq

    としての扱いが低いこともあって、そもそもは表舞台々しく振舞える器じゃないんだよね...
    正直、後醍醐天皇の理想のために持ち上げられ、振り回された末に使い潰されたようにしか見えんわ
    どれだけ落ちぶれようともとその皇子を奉じ続けて殉じたわけだし、ヨイショだろうと正一位を貰えてようやく報われて良かったなと思う

  • 15ななしのよっしん

    2018/02/21(水) 12:49:26 ID: ZMzmRE3yl9

    >>12
    新田義貞って南の総大将扱いだけど、実際に北畠新田ごときの下につけるかと反抗的だし
    楠木正成新田には同情的だけど、この人は田舎武士センスないわ…足利のほうがよっぽど都会的なセンスあるわと思っているふしあるし
    醍醐には親王と一緒に捨て石扱いされて北陸に飛ばされてるし
    変に軍事センスがあって鎌倉落としたのが間違いだったと思うわ

  • 16ななしのよっしん

    2018/02/25(日) 02:37:20 ID: pYPcg2iqVM

    一応尊氏を一時九州まで追い落としたりはしているし(勾当内関連の伝説はあくまで創作だと信じたい)
    鎌倉陥落も含めて上手く場を与えれば相当な武功は上げられるだけの人物だとは思うんだが…

    いかんせん使う側が革新的に見えて武士の扱いは旧態依然そのものの後醍醐なのがまた不運
    せめて芯まで公家だけど一面リアリスト北畠親房あたりが当時の首にいれば多少は違ったんだろうか

  • 17ななしのよっしん

    2018/03/02(金) 21:59:15 ID: co6+qYfoTb

    義貞って基本劣勢側で負け続けでもおかしくないのに、割りと勝ちを拾うという戦術レベルではすごい有能さだよね
    戦略レベルになるとなのか臣団なのか人脈なのか田舎武者の悲哀さが炸裂するけど

  • 18ななしのよっしん

    2018/03/04(日) 11:10:27 ID: X4rvOo2L8T

    北畠親房息子サポートせず駄死にさせたからなあ

  • 19ななしのよっしん

    2018/03/11(日) 18:07:41 ID: MyEivmHRAx

    親房「州の兵があればもう一度尊氏を追い落とせるはず」
    「多賀落とされててそれどころじゃないぞ」
    太平記作者「顕が義貞と合流してれば勝てたのに、手柄を奪われることを恐れて結果負けるとは」
    義貞・顕足利方と戦いながら美濃越前の山越えて合流とか理だぞ」

    クソほど連携取れてない南方狂おしいほどすき

  • 20ななしのよっしん

    2018/08/04(土) 17:27:15 ID: yikt3BM90E

    グンマー英雄

  • 21ななしのよっしん

    2018/09/20(木) 23:14:21 ID: 61EyauVE11

    新田義貞有能だ」<違和感がある
    新田義貞無能だ」<違和感がある

    ふしぎ

  • 22ななしのよっしん

    2019/01/11(金) 09:35:04 ID: iuFeimVSHw

    戦場指揮官とすれば優秀で、一方面とか日本全体のことを考えると追っつかないだけだぞ。

    義重流の惣領とはいえ一御人で官だった義貞と
    流の嫡流と見なされ、北条一門に準ずる格で、全に所領や一門庶流を抱える大族の次期当として育ち、元時から貴族とされる従五位に叙せられて、当就任以後は上総守護にもなっていただろう尊氏との差があるだけだぞ。

  • 23ななしのよっしん

    2019/03/21(木) 02:07:20 ID: vt/cVN0SK7

    ラノベに言うと「途中でコケた場合のヤン・ウェンリー

  • 24ななしのよっしん

    2019/03/27(水) 01:26:59 ID: fOuMuTOa/J

    いや、さすがにそこまで優秀じゃないだろw
    勝てる勝負なら不可なく揮できるってだけで、本人に特別優れた戦術性とかはないよ。どう贔屓に見ても正成、顕、師直、誉の次に来るか来ないかぐらい。多分宇都宮とかあの辺のほうが上だと思う。

  • 25ななしのよっしん

    2019/03/30(土) 22:41:32 ID: X4rvOo2L8T

    >>22
    ほんと立場が違いすぎるなあ
    尊氏に対抗できるとなると後醍醐の皇子たちと北畠顕家くらいか
    ここまで違うと創作によくある尊氏にライバル心燃やしてヘマする義貞は理があるな
    に一人の武将、一人の臣下として職務と忠を貫いただけなのかも

    >>24
    誉様は戦はそこまで上手くないぞ
    コミュと根回しが頭抜けていて、いつの時代も出世するならそれが必要という現実を体現した御仁
    師直は彼自身はまさに勝てる勝負なら不可なく揮できる将で、むしろ調整役として優秀だった人

  • 26ななしのよっしん

    2019/04/01(月) 19:54:44 ID: fOuMuTOa/J

    誉については四畷の戦いなんかを見るかぎり、純に戦術としても馬鹿にできないと思う。天才ではないけど要点を抑えてて手慣れてる感じ。
    師直は分捕切捨の法で機動重視したという一点だけで評価しても足りるんじゃないかな。個人的にはこれも戦術評価の内だと思ってるので。
    少なくともどちらも戦術面で新田が勝ってるという印はまったくないなあ。総合的な戦闘力はまたちょっと違うかもしれないけど。

  • 27ななしのよっしん

    2019/04/13(土) 10:20:25 ID: cj8YIp1VOy

    尊氏はもとより、正成とも得宗の御内人兵衛尉の官位持ち・大持ちの都会人スタートが違いすぎるし
    官の田舎が左近衛中将になって死後は贈正一位に列せられるのは
    すごいサクセスストーリーで、そういう視点からだと面い人物だと思う。

  • 28ななしのよっしん

    2019/05/12(日) 12:50:45 ID: tbWQlPgmr0

    尊氏は最初から三河一を始め全各地に所領を分有する一族郎等がいてその組織で戦っているけど
    義貞は新田という村規模の土地の地だけが部下で、
    他は一族といえど部下ではなく下知にも応じない窮状から
    武勇のみで上り詰めた新

  • 29ななしのよっしん

    2019/06/24(月) 13:31:43 ID: kqhF9Q0ZWC

    >>4
    そういや足利に正一位っていないね
    てか室町時代に正一位自体公家も叙されてないのか
    その後世良田ファミリーが代々正一位というのが何だかアレだけど
    やっぱ足利日本国(笑)が余程お気に入りだったんですかねえ

  • 30ななしのよっしん

    2019/08/15(木) 04:55:38 ID: a8CVoHvub0

    朝廷の側が幕府と一体化して権威を維持しようと躍起になってたわけだし、足利氏の側から理に高い官位要する意味なかったのでは

<<

>>

1/2


TOP
       

ほめた!

すでにほめています。

ほめるを取消す

 

 

OK

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

キャンセル

ログイン