氷菓

について語るスレ

記事をみる

1,349

>>

45/45

  • 1321ななしのよっしん

    2017/09/21(木) 03:46:24 ID: jymK6eqU6g

    今の連載している場所が分からないなら"追ってる"とは言えないと思うが。
    というか原作小説は追っていないのか?書き込みを見た限りでは一度でも氷菓に熱を上げていたように思えん。

    まあそれはともかく漫画は来の新刊で、アニメでやったエピソードはほぼ終わりだ。
    手作りチョコレート事件』が描かれているらしいから
    時系列順で話を進めていることを考えると『おきましておめでとう』も描かれるだろう。
    遠まわりする雛』を描くほどの余白は残らんだろうと思うけどね。

    ちなみに漫画は既に原作トックの2/3を描き終わっているから、原作ペースによっては追いつくよ
    そうなった場合は年一で出ればいいなんてレベルでなく、6年近く待つこともあるだろうからそのつもりで。

  • 1322ななしのよっしん

    2017/09/23(土) 06:05:34 ID: /r143SY5vu

    えぇ・・・なぜそんなに強い口調、、、

    追っていると言っても単行本なので。。。
    もちろん原作も、アニメも、漫画もみんな見てますよ。
    それぞれのメディア作品が好きなので、続きも気になるし、
    二期も欲しいし、連載も続いて欲しいという思いです。

    もう「あきまして」なんですね。じゃあアニメ分は終わりそうですね。

  • 1323ななしのよっしん

    2017/09/24(日) 11:41:42 ID: DwzBTWyMre

    先日のニコ生一挙で初見だったのだが、ラノベじゃなく一般レーベル(で合ってるよね?)からの発売なせいか、ラノベテンプレ的なキャラ描写もなく、いい意味で淡々としてたのがよかった。
    自分があまり知らないだけかもしれないが、一般小説アニメ化しいと思う。(普通だったらこういう一般小説系は実写ドラマ化される例が多いと思う)
    アニメノリ原作小説読んだら恐らく面食らうだろうと思うけど。(一般小説だから元々挿絵は少ないだろうし、もしあったとしてもアニメと同じキャラデザの人が担当してるわけじゃないっぽいし)

    後、アニメで見て分からなかった部分が少し
    「愚者のエンドロール」では推理物に疎い自分ですらなんとなく外観は掴んでたのに、後の話である「クドリャフカの順番」で全く想像もつかなかった推理を披露した奉太郎が、あの程度のことにも気づかないのは少し違和感がある…

    「連峰は晴れているか」で奉太郎が最後に言った「神経」とか「人の気も知らないで」ってどういう意味?

    「正体見たり」の最後の姉妹二人の仲のいい描写はアニオリらしいが、上記の「連峰は晴れているか」で遭難者が助からなかったみたいに、そういう「苦さ」を描写するには原作みたいにあのままぶつ切りの方が良かったように思う。(原作既読組からするとそういう感じだったらしいし)

  • 1324ななしのよっしん

    2017/09/24(日) 12:31:46 ID: dTwZn8uHm+

    >>1323
    元々ラノベレーベルで出してたのが打ち切られて、原作者が売れっ子になったので角川文庫で復活したって流れ。
    第一作が出たのは2001年ハルヒとかより前なので、あの辺からのテンプレを踏襲してないのはある意味当然っちゃ当然

    んで内容についての話だけど
    ・普段は一歩下がった線で“そもそも何でこんなまどろっこしい事を”という部分に切り込むのが奉太郎スタイルだけど、愚者後半では有り体に言えば女の術中にハマってたため。
    探偵役として乗せられちゃって、映像内のを解くことに拘るあまりメタ線を失ったがゆえの間違い
    ・連峰ラストでの台詞の意味は作中でも言われてる通り。知人の命が懸かったヘリを眺めてた小木の切実さを知らずに「あのおっさんヘリが好きだったね」なんて思い出話のネタにしちゃったのは、かが咎めるわけじゃないにせよ神経だろうという認識
    ・「正体見たり」のラスト変については、週スパンで話が進むアニメならではの構成上の話だと思う。長編で思いっきり苦い話を扱うので、短編部分の重さが後を引かないような救いも矛盾しない範囲で描いてるんじゃないかと。時系列順に並べたせいもあってよりによって次が「愚者」だし。
    他で言うなら「チョコ事件」はアニメも大概苦いけど、あれでも原作からシーン足して多少中和してはいる

  • 1325ななしのよっしん

    2017/09/24(日) 12:58:57 ID: DwzBTWyMre

    >>1324
    大体分かったアニメって時系列順だったんだね…でも後一つ
    連峰で回想のあのヘリ小木の「知人」を救助しに行ってるなんて描写あったっけ?(自分の勘違いかもしれんが…)

  • 1326ななしのよっしん

    2017/09/27(水) 07:09:30 ID: O1G1lamYpA

    TSで累計来場者30えてたわ
    単純な内容をあそこまで面くした原作もさることながら京アニ渾身の映像美と演出で
    何回も見れる良作で名作だわ
    原作者もアニメに感化されてほうたるえるたそスイートENDにしてくれれば良いんだけどな
    あそこまでやってくっつかないとかいだろう
    あの二人めっちゃ良い夫婦になると思うんだよ……
    休みの日とかは縁側で二人まったりとか飲んでそうやん…?

  • 1327ななしのよっしん

    2017/09/27(水) 13:36:16 ID: Am0yD6FDlP

    >>1325
    小木先生は知人を救うためのヘリが飛ぶのを期待していたんだな、それなのに気楽に小木先生ヘリが好きだったとか言うのは駄だな、
    を導くための推理をえんえんしてたのが連峰なんで、確はないよ。小木先生にわざわざ尋ねるのも傷をえぐる話だしね
    奉太郎はあの状況から他人のことを察したいと願っている儀な人種だよという話なんで、そのへんのテーマをまとめる意味もあってか後から「いまさらといわれても」という短編集に所収されている
    なんともけったいなモットーを掲げる奉太郎には、実は彼なりの「優しさの理由」がちゃんとあるぞという短編集なんで、読んでみると分かりやすいかもしれない

  • 1328ななしのよっしん

    2017/11/05(日) 20:56:51 ID: rRUrTZd1Se

    そういえば、3連休頭から実写版放映されてるんだっけ。
    全く見る気がしないが。

  • 1329ななしのよっしん

    2017/11/07(火) 03:15:15 ID: /r143SY5vu

    映画速見てきましたが、
    悪くない出来でした。素直に楽しめました。

    キャストに難色を示す人も多いかと思いますが、後半にかけていくに従い、だんだん慣れていきました。所詮キャストなんて、第一印ですのでそこまで気にしなくていいかと、特にサトシがはまり役で、見たを有り余る演技の幅で補ってくれていました。

    視聴者にも分かりやすいように、事件の進みを一本道にしてくれたり、サトシ摩耶香の仮説を入れ替えて、話の流れをスムーズにしたりと、脚本の腕もいい感じでした。

    原作再現度もかなり高く、何より100分でうまく氷菓編をまとめあげているかと思います。
    原作変箇所がいくつかありますが、幾分納得できたり、映画なりのフォローとしての部分もありつつ、映画なりのストーリーになっていたと思います。

    気になる点でいうと、監督さんが元々ホラー映画が得意なこともあり、氷菓大人しい空気感と重なって少しホラーっぽい雰囲気になってしまっていた。
    原作などでは、えるに何故か逆らえない→仕方ないから付き合う。
    というふうに心情を変えていく折木君ですが、
    映画だと、得体の知れないえるが怖くて逆らえない→えるに恐怖など感じず対等に。
    みたいな関係性に感じてしまった。(これは個人によるかも)
    でもそんなホラーな雰囲気も関谷純の暗い回想シーンにはベストマッチだったので、一長一短かもです。

    あと時間が短いから仕方ないが、折木君のキャラ少し違った。
    原作ではかなり、最後の方までは受身で事件に望んでいた彼ですが、映画だと結構、積極的。千反田を鼓舞する場面さえあります。
    それはそれでありだとも思いますがね。

    とにかくいい映画でしたよ。

  • 1330ななしのよっしん

    2017/11/08(水) 09:40:32 ID: nYhHNtZGra

    糸魚川先生との初対面のシーンや、折木がトイレに行く前の千反田とか怖かったなww

  • 1331ななしのよっしん

    2017/11/22(水) 22:11:08 ID: TCv6ntnyro

    今さらだとは思うけど、実写氷菓アニメファンはともかく古典部シリーズ好きな人なら見て損はないよ

    ただとりあえず再現とか以前に山崎賢人と広瀬アリス高校一年生の役で出すにはやっぱりキツいよね!広瀬アリスはちょっとアニメチタンダエルに引っられてるとこあったし、違和感がヤバイ

    見所としては個人的に関谷純というか
    アニメでも小説でも人物像が描かれることも少なくてボンヤリとした存在だったんだけど映画ではストーリーが追加されて裏主人公にまで昇されてたのは見事だったと思う
    みんなであれこれ「関谷純」について考えてる間、本郷奏多演じるカリスマ溢れる勇ましくてカッコイイ英雄的な関谷純が描かれるんだけど、事実明らかになるにつれ小でどこにでもいるごく普通だけど優しい文学青年にまで萎んでいく演出は本当に見事だったと言いたい

    全体的に氷菓って作品を楽しみたいならアニメ小説読んでおいたらそれでいいって思うけど、もし氷菓好きなら実写でしか表現できないものがあるから絶対見てほしい。そろそろ終わる映画館もあるからめに

  • 1332ななしのよっしん

    2017/11/28(火) 20:03:37 ID: spQXz2ajZu

    アニメが有名なだけで原作は一般小説だから実写映画自然ではあるよね
    ここ見た感じアニメ実写化じゃなく小説実写化みたいだし今度見に行ってみよう

  • 1333ななしのよっしん

    2017/12/06(水) 14:11:46 ID: LjMSyrYd7r

    dアニメニコニコ支店で観られる様になった(ただし月極め有料
    http://www.nicovideo.jp/watch/1505885865exit_nicovideo

  • 1334ななしのよっしん

    2017/12/10(日) 22:22:38 ID: 1s9DkW4H4c

    久しぶりにアニメ見返してみた
    歳とると制服とか学校生活全般がまぶしく見えるね
    氷菓の場合はすんなりといかなかったりビターな後味がなおよくしてくれる

    ところで昔から気になってたんだけども
    序盤のほうに多く出る奉太郎の心表現(?)とでもいう不思議な描写
    1話だとえるの伸びるシーン掲示板文字が溢れ出るシーンなんかは
    意図が良くわからないのよね
    奉太郎が人の圧に押されてるって表現なんだろうけど何故あんなに不思議チックにしたのか
    初見たときは物語シリーズみたいな作品と思ってた

  • 1335ななしのよっしん

    2018/02/28(水) 02:51:35 ID: LjMSyrYd7r

    >>1334
    モンタージュ技法だろ。
    大百科に項いがググればすぐ説明がヒットする。
    武本監督は多用する方だと思う。

  • 1336ななしのよっしん

    2018/03/18(日) 21:32:25 ID: WYVSnuIXRY

    映画のモンタージュを調べてみたが、どう読んでもあの演出とは特に関係ない事が書いてあるんだが

  • 1337ななしのよっしん

    2018/05/28(月) 22:56:16 ID: oM1rLqnQ/Z

    ただの技術パフォーマンスじゃないのかな

  • 1338ななしのよっしん

    2018/05/29(火) 06:38:28 ID: r635PR8jzt

    >>1336
    繋がっていない映像を組み合わせることで
    的要素を映像に置き換える手法のことだけど
    エイゼンシュテイン・モンタージュでググれば出てくるが

  • 1339ななしのよっしん

    2018/07/03(火) 22:21:05 ID: GgHzT2X65U

    ネトフリ加入したから古いアニメあさってるのよ
    んで久々に観たんだが、アニメ氷菓、やっぱ面いなぁ
    原作小説だってすぐわかるような緻密な心情描写や、独特の演出なんかがいい
    また年を取ってから再度観ると、キャラへの印も違うもんでさ
    ほーたろみたいなやれやれ系主人公大好きだったのに、今みるとまだまだ若いなぁって思うもの
    台詞回しとかホントにこいつら高校生かよってなくらい渋いけど、所々に思期ならではの悩みやさが感じられてしみじみしちゃうぜ…
    当時の感想も新鮮で、初めは「退屈」とか「解きのレベルが低い」だの「アニメ化しなくてもよくね」とまで言われてて驚いた
    否定的な意見も少なくなかった状況が、それでも徐々に受け入れられていく変遷を見て、このアニメの「丁寧さ」にめて感した
    あ、それといつ観てもえるたそ天使やなって そこは不変だぜ

  • 1340ななしのよっしん

    2018/07/30(月) 00:30:15 ID: bOviVhGPcE

    モンタージュ理論ZOY

  • 1341ななしのよっしん

    2018/08/04(土) 09:57:30 ID: WYVSnuIXRY

    えるのが伸びたりが咲くのはただの心風景であってモンタージュではないと思うんだが
    えるが近寄ってくる→一関係なはずの)映像が何故か挿入される→えるに手を握られる
    とかならモンタージュだけど

    あと>>1334は「なぜああいう演出方法を選んだのか分からない」と言ってるんであって
    「演出の意味自体が解らない」と言ってるわけではないので
    それに対して「あれは××技法だよ」とだけ言っても答えにならないし、話が噛み合っていない

  • 1342ななしのよっしん

    2018/08/17(金) 20:40:13 ID: ZvzyJBuS7b

    アニメ最後の場面、えるに今はまだ愚者のままでええんやで、と折木君の口から言ってほしかったな
    えるに対する地元の大人の甘えを垣間見える回だったからなおさら

  • 1343ななしのよっしん

    2018/10/26(金) 19:25:17 ID: L6RRtax+Xj

    いまさらと言われても、を今更ながらに読んでアニメを見返したけど、やっぱり好きだわ

  • 1344ななしのよっしん

    2019/01/21(月) 21:57:13 ID: rRUrTZd1Se

    原作の『古典部シリーズ』を久々に読んだらアニメも見たくなったので何度かの視聴。

    めて見直すとすごいなこの作品。
    キャラクターの心情をオリジナル描写や背景で表しつつ、答えをそこはかとなく交えながら七変化とまではいかないかもしれないが、着せ替ええるたそオタクの心をくすぐりそれで違和感のない展開。
    答えを知って再視聴すると新しい発見が次々見つかるわ。

    しかし、2期やってくれないかな。
    『二人の距離の概算』を軸にして、『いまさらと言われても』やオリジナルを挟めば1クールは十分いけると思うんだけどな。

  • 1345ななしのよっしん

    2019/03/06(水) 00:21:31 ID: oL20jPHBMc

    今更ですが、小説としての作品もですが、京都アニメーション氷菓クォリティは凄いと思ってます。人物の生き生きとした表情(特に千反田える)細かい所までの緻密な描写(民宿に向かうバスの中でのてんとう虫の動き)、他にもあげればキリがないのですが、2012年の作品ですが、今でもこれをえるアニメがいくつあるのかな?と思ってます。

  • 1346ななしのよっしん

    2019/03/10(日) 01:47:00 ID: 8QWeBaloY4

    四名って、イメージ的には
    数字が上がっていくほど持ちの度合いも大きそう。
    逆に身分、柄、権威などは数字が少ないほど高そう。

  • 1347ななしのよっしん

    2019/05/26(日) 00:51:03 ID: OU0YMLH5zo

    おおおおおおおおおおおおおおおおお
    やっっっと漫画の最終巻が出たああああああ
    約1年半も待たせやがっておせーよタスクオーナ!!
    京アニ原画と原作の雰囲気を兼ね備えたこの漫画が最高に好きなんだよ!!

  • 1348ななしのよっしん

    2019/06/10(月) 00:35:24 ID: pzTQZOQDU+

    コミックで終わりかと思いきや、二年生編もやってくれるみたいで嬉しいね

  • 1349ななしのよっしん

    2019/07/24(水) 01:47:37 ID: S9ky0DD+wR

    事があってから武本監督(とガトー)のオーディオコメンタリーを聞き返すと、米澤先生とはまた違う、優しさでもって古典部シリーズアニメに変換する作業に当たってた感じがなんとも…言葉にならない。本当に優しい人だったんだなと節々で感じる
    自分は原作信者だからアニメ氷菓の中には合わない解釈もあったが、古典部の、とりわけ奉太郎里志男子二人に対しての丁寧で優しい線は好感が持てた

>>

45/45


TOP
       

ほめた!

すでにほめています。

ほめるを取消す

 

 

OK

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

キャンセル

ログイン