真珠湾攻撃

について語るスレ

記事をみる

277

  • 241ななしのよっしん

    2018/01/27(土) 21:39:18 ID: sWg51zcI0F

    >>233
    回りくどすぎるし、どこまで事態を正確に把握してたか分からんが、結局はレンリースに後押しされたソ連は自で押し返してるし、そもそも日本との戦いに突入したら太平洋経由のソ連支援ルートが使いづらくなるし。

  • 242ななしのよっしん

    2018/03/12(月) 20:53:37 ID: +TlH0nCsa8

    >>235
    ただジャイアンとして見せないと喰い物にされる時代、人種を考えなくてもそうなんだからつらい。

    日露戦争に負けるのは現代日本経済弱体化した上で英への依存度が今より高い日本になる可性は充分あるからかなりリスキー、個人的には経済があるなら別に依存はいいと思う、英が搾取じゃなくて利用価値のあると認識する程度の戦いをすれば経済的発展の見込みはあるだろう。ただそうなると軍部の発言権はある程度増す可性もあるしなあ。

    私見だが軍部の増長に関しては明治の元勲という押さえが消えれば大日本帝国憲法下では阻止するのは難しいと思う、元勲の後継者的立場となりうる政党政治家民の信頼を得ない限り。

  • 243ななしのよっしん

    2018/03/27(火) 12:16:54 ID: mXdbW7oD4U

    >>242
    つーても、その政党政治家が率先して軍部の増長を後押ししたわけだからな
    官僚と野党が「現在の政権憎し」でスキャンダルがあると騒ぎ立て共闘するとか、もう何というか……

  • 244ななしのよっしん

    2018/04/03(火) 02:21:51 ID: oni2oNMYQc

    >>242
    ジャイアンとして見せないと喰い物にされる」というのはあの御時世では大間違いよ
    実の所そういうジャイアニズム的な振る舞いが通用したのは世界パイ分けが済んでない頃の話で
    19世紀末辺りから限られた土地を奪い合うようになると、ジャイアニズムが通用しなくなくなる

    当時最強イギリスを見ると特に分かりやすいが、悪立ちする動きをすると(例:ボーア戦争
    他のスクラム組んで嫌がらせをしだし結果駄に疲弊することに繋がるようになり
    この辺りから事を起こすなら他と組んだ方が良い、と言う動きが出来た
    (結果、英国ですら栄の孤立を捨てて日本と言う同盟めた)

    ようはとっくの昔に単独でジャイアンぶるのは時代遅れになっていた。
    そんなもんを30年代にもなって露にやればフルボッコされる未来は絶対に避けられない。
    むしろ日本すべきは虎の威を借るスネ夫の狡猾さだったのよ。

  • 245ななしのよっしん

    2018/04/04(水) 22:50:28 ID: RulcEF0zkJ

    鎖国だの統一だのでグダグダしてた結果19世紀後半になってようやくパイ分けに乗り出した日独が周回遅れのノロマだったってことでしょ
    日露戦争に負けて戦後の方針を40年前倒しするのが一番だった

  • 246ななしのよっしん

    2018/04/04(水) 22:58:24 ID: vLb1MmGiEI

    オホーツク独立めてテロリスト跋扈する時代になってたさ
    https://matome.naver.jp/odai/2142664109900448901exit

  • 247ななしのよっしん

    2018/04/10(火) 23:36:28 ID: +TlH0nCsa8

    >>244
    でも日露戦争時代だとまだ必要だと思うけどな。まあジャイアンという言い方は適切とはいえんな、どちらとかといえば他に認められた縄りを守るヤクザか(上手いたとえが思いつかん)自・自勢圏を守るがあることを示すためにも財政的にも日露戦争を負けるのは危険だと思う。喰い物にされるは英保護・中南イメージとしては近い。借
    した上に不甲斐い負けをした日本に英が甘い顔するか?英がある程度認めるを示しながらも内が上手くいく負けなんて難易度高いだろ、だから日露戦争負けたほうがいいとは思わん。
    というか30年代だとそのとおりだと思うが、30年代について言ってないから他に言ってるんだろうがこの掲示板にいる人にとって釈迦に説法じゃない?

    >>245
    じゃあ日露戦争しないで良くないか?負ければ失う大陸はくれてやればいいし、負けたほうがいいってそんな上手い負け方ができるならわざわざ人命と戦費使わんでも上手くいくてはいくらでもあると思うが。

    これで終りにするけどどうどういう負けを考えているのか知らんが、負けてもっと上手くいかない可性の方が高いと思うけどな。

  • 248ななしのよっしん

    2018/04/14(土) 07:30:26 ID: RulcEF0zkJ

    結局日本近代国家としてやっていけるルートなんか史実通り、「アメリカの属になって、経済のお荷物となる軍隊と海外領土を切り捨て、アメリカの先進的な工業規格に導入する」以外に存在しないんだよ。日本人は核落とされるまでそれに気づかなかったけど、戦前にそれを理解させるには日露戦争に負けるのが一番手っ取り

  • 249ななしのよっしん

    2018/06/07(木) 20:26:51 ID: XgIfm2xpfw

    RulcEF0zkJアメリカを何でもくれる親戚のおじちゃんみたいに考えてるのが全くわからない
    日露戦争に負けてたら債務によってバナナ共和化するのが関の山やろ

  • 250ななしのよっしん

    2018/07/19(木) 16:58:33 ID: 7Hi/X4SPMq

    いやー面
    日本が題材にしたのもアメリカが題材したのもどっちも楽しんだけど
    自分が所属してるの見方によって見識も被害者意識もこうまで変わるとは戦争とは面いものだ

  • 251ななしのよっさん

    2018/08/09(木) 20:22:40 ID: 32aw1ZJgqn

    突然行ってびっくりさせたる!

  • 252ななしのよっしん

    2018/08/31(金) 17:19:20 ID: pWi0CoteB4

    なんで日露戦争の話になってるのか知らんけど
    日露戦争に負けたら良かった、って負けた負債の処理をまったく考えないで言ってるのか?

    当然ながら外貨建てだから、敗戦によって日本=円の信用が落ちようものなら
    負債額が膨れ上がっていく上に、戦況が悪くなるにつれ債の買い手が付かなくなるから
    額面割引した上で利率上げざるを得ない。
    史実ですらカッツカツの返済状況だから敗戦しようものなら財政破綻は不可避なんだが
    それを一体どの程度軽く考えてるのか分かったもんじゃないな
    になった所で負債を肩代わりしてくれるわけとは違うのだが

  • 253ななしのよっしん

    2018/09/06(木) 00:49:13 ID: vLb1MmGiEI

    な~に領土割譲&農以下の永久奉仕がいいとこだろ

  • 254ななしのよっしん

    2018/09/11(火) 01:06:50 ID: jmcCqUJT4m

    >>252
    そもそもアレ負けてたら勝手に日本を一等だと思ってた民が暴れてが潰れて終わりじゃない?
    返済もがなければできないし後継に引き継がれたらそれはそれで戦間期ドイツみたいな悲惨なことになってるんじゃ

  • 255ななしのよっしん

    2019/02/05(火) 01:20:53 ID: Os0a2KNcK7

    ID:RulcEF0zkJニキ
    日露戦争に負けてアメリカの属になってたほうよかったって思ってもない極論言って逃げたけどアリゾナ爆発させたはずってアメリカ悪意は絶対(の意思)」
    300ななしのよっしん
    2018/02/05() 18:04:06 ID: TrPKptKc1e

    かといって奇襲しなかったら、両洋艦隊法の新鋭艦がったところでアリゾナあたりが爆発事故で沈没⇒開戦⇒燃料が尽きて訓練すらできなくなった日本軍はまともな抵抗すらできずに壊滅という史実より悲惨な結末が待ってるだけなんだよなあ

  • 256ななしのよっしん

    2019/03/29(金) 22:03:13 ID: erWQGwyLy2

    真珠湾攻撃日本卑怯者扱いするヤンキーは自分の国見てから物言えや 相手に正々堂々戦うがいるかよ 恨むなら油断してた自の上層部に言え

  • 257ななしのよっしん

    2019/04/02(火) 02:06:22 ID: En94GTcTZD

    >>256
    米国上層部は嬉しかったと思うよ
    だって相手が攻撃後に最後通牒を渡してきて「連中は卑怯だ」って民に言い訳して大義名分まで貰えたんだから

    攻撃前に渡しても卑怯だ!と言えるけど、その場合民から「上層部も油断してたよな?」と突かれる可性が大きいし

  • 258ななしのよっしん

    2019/04/02(火) 18:49:56 ID: NrD/ssvfrh

    当時州ですらか遠くので軍人がたかだか3000人ぐらい死んだ程度でモンロー義的な姿勢を取っていたアメリカ人の世論が沸騰するってのも妙な話だよな

  • 259ななしのよっしん

    2019/04/02(火) 21:19:01 ID: qUwqMOWWMX

    >>258
    ドイツ本土を攻撃された訳ではないが、ルシタニア号事件やツィンメルマン電報事件をきっかけに世論が沸騰しWW1に参戦したことを考えると
    真珠湾攻撃で世論が沸騰したのは妙な話でもないと思うよ

  • 260ななしのよっしん

    2019/04/08(月) 11:46:55 ID: RhaCrBQUCD

    浪オープナーが真珠湾攻撃とか言われてて

  • 261ななしのよっしん

    2019/04/14(日) 13:39:50 ID: DW+ReqtfI1

    >>257
    が読んだ本だと当時の大統領が通達を受け取っていて「これは宣戦布告だね」と気づいてたけどあえて皆に通達しなかったという話があったな
    日本人が書いた本だから事実ではないかもしれんけど

    宣戦布告の通達ミスのせいで真珠湾攻撃が奇襲攻撃扱いになったという話があるけど
    きちんと通達していても奇襲攻撃であることに変わりないけどそこら辺勘違いされてるって潮だな

  • 262ななしのよっしん

    2019/05/01(水) 09:45:55 ID: H5Us/Boo7t

    というか予定通りに渡したとしてもマレー攻撃の後になるんだよね

  • 263ななしのよっしん

    2019/05/06(月) 22:21:03 ID: eiRJg2zO9w

    >>258
    アメリカの事めてるってこういう事なんだなって

  • 264ななしのよっしん

    2019/07/02(火) 01:29:45 ID: DW+ReqtfI1

    >>262
    メンバーパールハーバー高々に言う人はいても
    リマンバーマレーという人は全然見かけないな
    太平洋戦争の開始と日本アメリカの戦いの始まりがごっちゃになっている節があるだろうけど

  • 265ななしのよっしん

    2019/09/23(月) 14:21:21 ID: s51L52G+qG

    >>256
    外交交渉を時間稼ぎに悪用して、事前に機動部隊を侵攻させたなんて大日本帝国ぐらいなもんだ

  • 266ななしのよっしん

    2019/10/14(月) 20:55:45 ID: +TlH0nCsa8

    >>258
    戦争歴史みてると麻痺しがちだが冷静に考えて一日で3千人って相当やぞ。しかも一方的にやられたわけだから戦争を対火事とみてたアメリカ人の衝撃は大きいだろう。平和ボケというよりも戦争ボケしてなかったというのが正しいと思う。
    まあそのアメリカ人もすぐに麻痺していくのが戦争の恐ろしさ。

  • 267ななしのよっしん

    2019/10/26(土) 17:22:53 ID: l8gk6db476

    何か良く判らないですよねこPearl harborという所
    PearとEarl洋梨伯爵湾ですか?
    何だか瓢箪のよな形してます?

  • 268ななしのよっしん

    2019/10/26(土) 17:30:01 ID: Hla7+quB5b

    >>267
    お願いだから病院でお医者に診てもらってくれ・・・。

  • 269ななしのよっしん

    2020/01/01(水) 10:33:30 ID: eiRJg2zO9w

    陰謀論認めるとアメリカ作戦に見事に引っかかった間抜け軍になるよ

  • 270ななしのよっしん

    2020/01/09(木) 21:19:14 ID: oXYVMz28hu

    実際やりたい放題やっていたクセに、正論突き付けられたら逆ギレして戦争ふっかけてくる間抜け国家だからなあ。
    この辺やらかした連中って、所謂戦犯になったヤツより生き長らえたり、戦争始まったら楽隠居決め込んで知らんぷりしていたヤツが多い印

    特に、トップの皇族ジジイとか。


TOP
       

ほめた!

すでにほめています。

ほめるを取消す

 

 

OK

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

キャンセル

ログイン