龐統

について語るスレ

記事をみる

104

>>

4/4

  • 91ななしのよっしん

    2017/08/08(火) 13:09:47 ID: TAXeLeRSaV

    裏を返せば立な容貌や格というのも重要視されてたってことだろう
    身長八寸とかわざわざ記録に残されることがあるのはそういうもっともらしさも導者層のの一部として視できなかったからじゃないかな

  • 92ななしのよっしん

    2017/08/09(水) 15:06:32 ID: yazlwQ89sU

    と言うか人類史(下手したら生物史)の中で「采が良いこと」が才の一つにカウントされない時代や状況の方が少ないと思う

  • 93ななしのよっしん

    2017/09/24(日) 21:36:10 ID: WXuv5IvZOu

    演義で考えても張任の伏兵にやられるってのは大きなマイナス評価だわ
    史実で考えても実績はほぼいのに流れ矢で死ぬというのは知を評価するうえで辛すぎる
    司馬懿といやり合えるなんて流石に滸がましいレベル
    曹操劉備も実績が違いすぎる

  • 94ななしのよっしん

    2017/10/06(金) 06:40:29 ID: UojyPOwJ4P

    渋る劉備取りをすすめ、かつ決断させたこと
    に入っても決断を渋る劉備に具体策を提示し、劉璋へ決起することを決断させたこと
    ・軍師として攻めの半ば、関から雒までの快進撃を続けて楊懐高沛冷苞劉璝張任鄧賢李厳・費観・呉懿らの諸将を打ち破っていること

    と、短いながら実績は十分にある。
    そしてなんだか勘違いされてることが多いが(多分曹操の発言のせい)、当時の将軍クラスが前線に出て兵を督戦するのは当たり前のこと。

    前線で矢によって負傷した将帥は夏侯惇関羽周瑜と有名どころだけ見ても山の様にいるし、張遼甘寧は自身で先頭に立って切り込んで大戦果を上げた。
    それどころか曹操劉備孫策孫権らの君級ですら、前線で督戦中に死にかけたことも一度や二度ではない。
    流れ矢を受けてそれが死につながった龐統は単に彼らより少し不運であっただけで、特にそれで評価が下がるということはない。

    まあ幸運であることも将軍の条件だ、と言われたら返す言葉はないけども。

  • 95ななしのよっしん

    2017/10/19(木) 11:23:42 ID: yazlwQ89sU

    戦死しなかった場合は未知数な才の部分より(表現として正しいか分からんが)諸葛亮の義理の従弟っていう立場の方が重要な気がする

    劉備に仕官する前の諸葛亮って隠者なイメージがあるけど蔡瑁劉表龐徳と縁があるというかなりの名士ネットワークの持ちだしな
    が蒯越や蒯良どちらかあるいは両方の縁者だとしたら更に顔が広がる

  • 96ななしのよっしん

    2017/11/19(日) 05:54:22 ID: pFTbffoaAa

    系統的には曹沖周不疑のような人物をどう評価するかに似てるな龐統
    まあ彼らにべりゃ実績はあるんだが

  • 97ななしのよっしん

    2018/02/07(水) 10:47:34 ID: glXoWkLLwz

    ジャージ部だったんじゃね?

  • 98ななしのよっしん

    2018/03/27(火) 13:56:44 ID: yazlwQ89sU

    >>96
    龐統の毀誉褒貶がしいのは戦死したからってのもあるな
    まぁ関⇒涪⇒綿と快進撃を続けた劉備軍が雒で思わぬ反撃を受けたのは龐統の過失と言うより劉璋軍に対する油断があったんじゃないかと思うが

  • 99ななしのよっしん

    2018/05/18(金) 14:43:11 ID: eY21biu8Oj

    孫呉に残って働いてた方が本人にとっては幸せだったかもな

  • 100ななしのよっしん

    2018/12/05(水) 00:04:46 ID: fAMZekva+k

    生きてれば内は諸葛亮外は龐統、または龐統荊州は諸葛亮で長安陽までは取れただろうなあ・・・
    後は二人死んではいつもどおり

  • 101ななしのよっしん

    2018/12/17(月) 00:03:59 ID: rLvvF5XFn/

    劉備営のピークは219年だが、その崩壊は孫権の裏切りのせいであって、人材の問題じゃない(「関羽孫権を怒らせたせい」って言うのはほぼ唾で、孫権は最初から荊州南部狙ってたっぽいし)
    龐統の後はある意味法正が継いでるわけで、実績的見れば法正の方が頭は回るように見えるし、その法正孔明が居ても孫権の裏切りのタイミングは予測出来なかった時点で、龐統が生きていても結果は変わらなかったんじゃないかな

  • 102ななしのよっしん

    2018/12/19(水) 12:07:59 ID: dZnm5bMnFN

    どうだろうな
    予測できなかったというか最適な機を関羽自身が作り出してしまったわけで、
    が打倒より荊州奪還を優先しかねないのを現地で見抜け(て関羽に言う事聞かせられ)るブレーンがいればまた違った形になった可性はあると思うぞ
    荊州の守りを固めるだけじゃ北伐の攻撃が落ちるだけだけど、きちんと外交根回しして北伐に孫呉丸ごとガッチリ抱き込むとか
    あるいは多少機は逃しても本の長安攻めと合わせるとか、荊州にブレーン置いとくことで変えられた可性は少なくないとは思うよ

  • 103ななしのよっしん

    2018/12/19(水) 13:07:23 ID: KrHWg1lVdV

    >>102
    王甫「……」

  • 104ななしのよっしん

    2018/12/27(木) 00:34:17 ID: dZnm5bMnFN

    >>103
    やあ、言う事聞かせられなかった人
    まあ役者が足りなかったってことなんだろうけど、じゃあならって考えると龐統どころか下手すると孔明ですら…って所あるからな関羽
    というか王甫潘濬への毀損のせいでメタ事情から言わされた感すらある気がする

>>

4/4


TOP
       

ほめた!

すでにほめています。

ほめるを取消す

 

 

OK

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

キャンセル

ログイン