4ノ研究(学術書籍)生放送

ヨンノケンキュウカッコガクジュツショセキ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

概要

4ノ研究(よんのけんきゅう)は、「4(よん)」に関する研究・調考察をまとめた学術書。著者は言語学・数理社会学者の美濃治郎(慶応4年4月4日令和元年6月1日44巻。

4に関する考察

本著は長大かつ難解で、全編が漢字カタカナ表記であったこと、また禁忌とされた「4(よん)」を題とすること等から読まれることが少なく、近年まで一部の研究者(科学史、数理哲学史など)による解説書があるのみであった。近年インターネットによる言活動が盛んになったことから「4」の概念が問い直され、漢字ひらがな表記による復刻版が出版されると共に様々な有識者による解釈が行われている。令和元年5月には著者の曾孫である美濃健文による現代訳書が出版された。(「ッ!4の研究…。」球々新書なお、本記事はにその訳書の解釈に基づく。

―「4」が命の消失を示す記号となったこと、実はそれほど古くはありません。そもそも「シ」と読まれるに至ったのも偶然であったのです。それは単なる「気づき」の印であったのです。自然の調べ、いわゆる『ロジックワールド』に対する調和的な「気づき」ということです。

24巻「4ノ言的起

友人が問題を出す。あなたは答えを考えるだろう。「1?2?3?」いずれも異なる。だが「近い!」その時、あなたは鋭い霊感により閃きを得るだろう。「ああ、4(よん)ね。」と。

26巻ノ後編「卑近ナル4ノ誤用」

DraqonOuestの比喩

本著でよく知られるのは、名作RPGDraqonOuestドラクォンオゥエスト・通称ドラオエ)」をモチーフとした「4」の段階の考察である。解釈は解説書によりやや異なるがおよそ以下のような内容。

全体的消失(All) 集団(group)の消失 単体(one)の消失
呪文 サラキー サラ サキ
4の段階 みんな4ね まとめて4ね ひとりで4ね

美濃はこの段階考察の中で「いわゆる一般社会学的な線で申し添えるのであれば、最も注意を要するのは中間者である集団(group)の消失である。単体消失は蓋然性が高いが対が限定され、また全体的消失は対不特定多数に廓大することによる確立低下が著しい。結果的に『だれでもよいから4ね』と然程相違がく、対処法が類似するのである」とし、何より集団消失が危険であると喚起する。

【追加】健文の序文(4の誤り)

前述の訳書(「ッ!4の研究…。」)の出版にあたり、訳者である作家美濃健文の序文が話題となった。以下抜

444444444444444444444444444444

私の見る限り、これほどはありません。4とは非常に美しい数であると共に、私を未来の「読み(4み)」へと導いてくれた「気づき」の記号であったのです。

近年の言間においては、ある特定の集団(またそれに属する何か)を抽化し「〇〇4ね。」と表現されることが増えました。それは「気づき」の印であると私は思います。決して、希望を失ってはならない、見落としがある、陥穽にはまる、その前にはこの単純だが扱いの難しい記号が存在するはずです。また曾祖考察は、四元数論的数理社会学のよい入門書ともなると私は考えます。

補足

45の研究で知られる関連コミュニティ

そういうこと言ったらだめだよ!(半笑い)

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/29(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/29(木) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP