むにむに公園単語

ムニムニコウエン

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 2104364 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

 むにむに公園とは、むにむに教授が創る物理演算シリーズ舞台となる公園である。

概要

 物理エンジンを用いたシュール実験動画定評のあるむにむに教授。その実験場及び研究の成果がむにむに公園である。
 当初はと地面だけのだだっ広い間だったのだが、 『「ブランコで一回転できるか?」永年のに決着をつけた』にてブランコが作成されたのを皮切りに背景オブジェクトが段々増えていった。
  こうして次々に制作されたむにむに公園の遊具は、教授の新たな実験台にされたり、ガンダム等の巻き添えを食ったりしている。

むにむに公園の遊具たち

ブランコ

 全ての元凶にして最初に設置された遊具。
 ブランコを漕いでいるのはピンクの二人。むにむに教授が自分で組んだアルゴリズムで動き、ピンクの漕ぎ方は遺伝的アルゴリズムで学習させたもの。通称「ぴくぴくピンク」。 

すべり台&シーソー&高層ビル群

 『物理エンジンで高さ1000mのすべり台を作った』で登場。すべり台の高さを較するため、東京都庁第一本庁舎(243.4m)とペトロナスツインタワー(451.9m)とブルジュ・ハリファ(828.0 m)も同時に制作された。ノーマルタイプローラタイプの2種類が存在する。その後の動画背景では一般的なスケールのものが使用されている。
 同じ動画シーソーも初登場しているのだが……。

鉄棒

 「ガンダム遺伝的アルゴリズムで歩かせた」にて、ガンダム進化を待っている間に制作された遊具。前回りを行う人ロボット付き。

ジャングルジム

 通常サイズと巨大サイズ(高さ10m)の2バージョン。人ロボットに巨大サイズの方を登らせる実験を行った。しかしロボットはてっぺんまで登り切った後も動きを止めないため……。

回転遊具

 いわゆるグローブジャングル。こちらも遺伝的アルゴリズムで回し方を学習させており、試行錯誤の末、めでたくまともな回し方を習得した。

ベンチ

 何の変哲もないただのベンチ。ただし使われ方はまともではない

その他のオブジェクト

 枝葉の伸ばし方を遺伝的アルゴリズムで学習させた木。枝をより高く、かつ広く伸ばすように進化させると自然な形の木が生えてくる。高さだけ進化させるとアスパラガスになるし、広がりだけ進化させると菌糸のようになってしまう。 
 ちなみに枝先のピンクに変えるだけでの木ができる。
 それ以外はやっぱり何の変哲もないただの木なのだが、むにむに公園に生えている木がまともに扱われると考えてはいけない。

 勾配をランダムに変化させて生成された山。高さは10mから8848mまで。
 動画内ではむにビークル(後述)に山登りをさせているが、山頂を一直線にしているため……。
 いろは坂の存在理由がよくわかることだろう。

 

むにビークル

 タグの初出自体は『かたづけロボットに意識は宿るか?』に登場するかたづけロボットだが、その後は上述の山登りに登場した二人乗り四輪自動車すようになる。
 ドライバー投げ捨てるもの

ガンダム(&巨大ロボット群)

 王蟲の突進を止めるべく制作された正義ロボット。他にサイコガンダムダイターン3マクロスも(大きさのみ)再現されて登場。
 後にVer0.02として造形がブラッシュアップされ、歩行を学習しようと悪戦苦闘したり、遊具を吹っ飛ばしたりする姿が見られるようになった。

関連動画


自動公園

関連項目

流行語100

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/11/27(日) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2022/11/27(日) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP