今注目のニュース
窓用エアコンがいきなり落下 直撃で大怪我を負った幼児が死亡
フルポン村上、「幸せな家来だと思え」と相方を揶揄 ずん・飯尾「根が腐ってる」
アニメ背景の「巨大な月」、本当に浮かんでいたらどんなサイズなの?

もう何も恐くない単語

モウナニモコワクナイ

  • 23
  • 0
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 1108298 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

もしかしてもう何も怖くない、怖くはない

当記事には魔法少女まどか☆マギカ第3話のネタバレがあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

概要

魔法少女まどか☆マギカ第3話サブタイトル、及び巴マミ台詞である。
的な強さが伺えるが、実は密かに孤独感に怯えていた巴マミが、自分がもう一人ではないことに気づき、今まで抱えていた不安が消え去り、自信の表れのあ台詞である。

この台詞の前後に、敵対している少女に忠告されたり、妙に調子がよかったり、戦いが終わったらパーティー開こうとも言ってしまったり、途中でBGMが切れたり、敵が妙に弱そうだったり、即効で戦いを終わらせようとしたくなったりする。

要するに死亡フラグである

タグとして使用される場合「もう何も怖くない」と使用されることもあるため表記ゆれが存在している。

場面説明

魔法少女まどか☆マギカ第3話劇中での一幕。

巴マミは思う。否応なく戦いの世界へ踏み入ることになった自分とは違い、己の意志で己の未来を選び取ることができる。だからこそ願った。この子になりたい。決断の時までこの子強く見守れる者でありたい、と。

マミまどか告白する。戦いの地に一人立つ寂しさ、明日も知れないの恐怖、その不安と弱さを吐露する。

鹿目まどかにとって巴マミは憧れだった。自分の危機に駆けつけてくれ、己の身も構わずに優しく、厳しく、おおらかに接してくれるのような存在だった。だからこそ願った。この人のようになりたい。この人のようになれるがあるのなら、と。

まどかマミ告白する。その寂しさを自分が埋めると。その恐怖と共に戦うと。

かくしてマミまどかにとって隣に並ぶべき人となり、まどかマミにとって救いとなった。孤独な戦いも、の恐怖も、終わった。

 

二人共、この後の結末に何が待つのかも知らぬままに。

それはとっても嬉しいなって ~鹿目まどか~

私って、昔から得意な学科とか人に自慢できる才とか何もなくて
きっとこの先ずっと、の役にも立てないまま迷惑ばかりかけていくのかな、って

それが嫌でしょうがなかったんです

でもマミさんと会って、かを助けるために戦ってるの、見せてもらって
同じことが、私にもできるかもしれないって言われて、何よりも嬉しかったのはそのことで

だから私、魔法少女になれたらそれで願いはっちゃうんです

こんな自分でも、かの役に立てるんだって、胸をって生きていけたら、それが一番の夢だから

もう、一人ぼっちじゃないんだよね ~巴マミ~

大変だよ
ケガもするし、したり遊んだりする暇もなくなっちゃうよ

でも、それでも頑ってるマミさんに、私憧れてるんです

憧れるほどのものじゃないわよ、私

理して格好つけてるだけで、怖くても辛くても、にも相談できないし、ひとりぼっちで泣いてばかり
良いものじゃないわよ 魔法少女なんて

マミさんは、もうひとりぼっちなんかじゃないです

…そうね、そうなんだよね

本当に、これから私と一緒に戦ってくれるの?
傍に居てくれるの?

はい、私なんかで良かったら

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/18(月) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/18(月) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP