今注目のニュース
ド底辺キャバ嬢、ラグビーW杯に行く。ルールが分からず困惑…
「妻が血だまりで死んでいます!」 悲劇の夫を演じた男に終身刑
ネコ語を学びたくなる くしゃみのような鳴き声で何かを訴えかける子ネコがかわいい

ガブル単語

ガブル

  • 0
  • 0
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 2282023 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

もしかして → カプル

ガブルとは、機動新世紀ガンダムXに登場するMSである。
式番号はNRX-010、パイロット不死身殺人マシーンの異名を持つミルラドライド。

概要

ニュータイプ補者の乗った試作機の中で、もっとも有名であろうコルレルが、極限まで装甲を削減した夢のMSなら、このガブルはその逆で
チョーすげー無敵の装甲を持った防御重視のロボットを作ったらどうなるのかなぁ?
というロマンえてしまったMSである。

本機は全長28.3mという、同作に登場したMSの中ではもっとも巨大である。本体重量も22.5tとそれに見合った重量級。
上のように、本機体の最大の特徴は防御にある。
あらゆる衝撃は一切通らず、実弾武装はよほどのものでない限り(例えばサイサリスのアトミックバズーカみたいな普通は使わないような)このガブルの装甲を突破することは出来ない。
ならばビームはと思うと、両肩にはフィールド・ジェネレーターを搭載しており、通常のビーム兵器も一切を弾いてしまう。
こういったコンセプトから、ガブルは通常のMSの二倍以上の大きさになってしまった。そのため動きは鈍い。

しかもこのガブル、防御に重点を置いたためか、武器が一切搭載されていない。そのため出来る攻撃と言えばその巨大なマニピュレーターで相手を殴打することくらいである。

これを見てもわかるように、このガブルというMS、本来単独での運用を考えられていないような節がある。もし、本機を有効に使うとしたら、味方部隊の前方に配置して敵の攻撃を防ぎ、あとは友軍に敵を蹴散らしてもらうという、動くという役割くらいだろうか。

そんなこの機体を単独で運用させたフロスト兄弟鬼畜っぷりもさることながら、そんな機体をさして嫌がることもなく乗りこんだミルラ少尉変態っぷりも相当度をえていると言えよう。むしろニュータイプ補者の中でも、その変態っぷりは飛び抜けているとしか言い様がない。

ただそんな破壊されないための本機は、単独運用されることで皮にも崇高な死を望むミルラ少尉、すなわち死にたがりには打って付けな機体だったことだろう。

ガンダムを素手で三機も相手にしてなおその防御だけで圧倒していたが、ガンダムレオパルド零距離射撃かつ捨て身の特攻によりフィールド・ジェネレーターが破壊され、耐ビーム化されたことでビームによる集中火を浴び、破壊された。爆破する寸前にミルラ少尉は「これだ!この触感をは・・・」と満足そうな表情を浮かんでいた。

関連動画

関連商品

何してるんだよ……?く立体化しろよ!

関連項目

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 21:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP