今注目のニュース
椅子に座ったまま、布団に寝たまま、ペットを残したまま…… いつ誰に起きるかわからない「孤独死」の現場を再現したミニチュアが壮絶
大島優子、AKBINGO!終了に「寂しい〜」
「Zaif」元運営のテックビューロ、仮想通貨交換業を廃業

ダチョウ単語

ダチョウ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 2556701 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

ダチョウとは、ダチョウダチョウ科ダチョウ属の鳥類である。

飛べないの代表格の一つとして有名。

概要

アフリカ中部南部といった燥地帯に生息するで、飛べない代わりに地上を走って移動する事に特化した種類・走鳥類の一種。現存する鳥類の中ではもっとも巨大である。古くから人間社会にもその存在が知られており、ヨーロッパの王貴族の紋章のデザインとしてダチョウの羽根モチーフにされている(イギリスプリンス・オブ・ウェールズの紋章など)。みそが片方の玉よりも軽いという逸話でも有名。
畜としても飼育されており、様々な観点からダチョウの優れた部分を、人間社会のあらゆる分野であれこれ有効活用しようと研究する動きもある。 

生態

体高:最大約230・体重:最大約130㎏。タマゴも現存する鳥類では最大で、直径約15・重量は1.5㎏にもなる。殻の厚さは2mmほどあり、80㎏の衝撃にも耐えられるほどの頑強さを誇り、確実に産まれてくるを守る。タマゴ世界最大の細胞でもある。

ダチョウの先祖は地上に新地をめ適応し、進化によって身体が大きくなるにつれて飛ぶことに適さない身体になり、飛行は失われていった。

羽自体は他の鳥類と同じ位置にありそれなりの大きさだが、飛ぶようには作られていない。ダチョウも含む走鳥類突起という飛ぶための筋肉と接続・動かすためのが消滅しており、その結果を動かす筋肉である胸筋が他の鳥類べて退化し貧弱になっている。そのため、を飛ぶためのを作り出せない。

を飛ばなくなり体を軽くする必要がくなった結果、過酷なアフリカの地上で生き抜けるよう大化していき、前述したように100㎏越えの巨大なとなった。見たは立そうなダチョウのだが重量級の体格を飛ばすにはあまりにも小さい(ダチョウが飛ぶにはセスナ機の並みの大きさが必要)。ダチョウのは疾走時のブレーキ・方向転換などの取りやダンスや外敵への威嚇の際に使用される。

ダチョウの羽根は浮を得るための構造にはなっていない。その代わりその羽毛はかなりふわふわしており、体温を常に安定させることに利用される。つまり外からの熱を遮断し、の寒さにも強いという優れものである。また、静電気を帯びにくいという特性も持つ。

外敵が沢山いる地上で生き抜けるよう、ダチョウは強な脚を獲得した。発達した筋肉で動かされる長い脚には2本のと1つのしか存在せず、そのうち1本は小さいため、実質1本の脚ので身体を支えている事になる。この構造は高速で走るための構造での蹄と同じ原理。デカい歩幅(一歩で3~5m)と合わさり走るスピードは最高時速60㎞ほどにもなり、二足歩行する生物では最も速く動ける。また、最大速度を維持したまま1時間以上も移動可という高いスタミナを誇る。これらスピードとスタミナを活かして外敵から逃れつつ(もちろん有事の際は戦う)、エサや飲みめて素く移動する。

あまりにもいので、チーターすらも基本的にダチョウを襲うことは諦めているくらいである。必死に捕まえて食べてもダチョウはが少なく、結局消費エネルギーのほうが上回ってしまう。つまり獲物とするにはダチョウは効率が悪い。

敵対生物をいちく見つけ対応するため、体は縦に長く首はとても長い。よって、高い位置から周囲を見渡すことが可。自分のみそ(約40g)よりもデカい玉(直径約6・重さ約60g)は5㎞先まで見通せると言われるバツグンの視を誇る。さらに「しゅん幕」という砂などからを守る幕を備えており、大切なの保護もバッチリ。長いまつ毛も装備。

食性は食(小さな頭と嘴は食に適応した結果)だが、など以外のものも結構食べる。なためがないので、砂嚢と呼ばれるなどををすり潰す消化器官を持っている。これを活かすため、ダチョウはすり潰し用の石ころを飲み込む必要がある。

10羽ほどの群れを築き生活する。群れは1羽のオスがリーダーとして率い、オス・メス双方に序列が存在し、上位の個体ほど優先的に交尾・繁殖が許される。タマゴは全て一か所で産み落とされ、上位のメスが産んだタマゴの周囲に、ソレを守るように下位のメスが産んだタマゴが配置される。群れ同士は縄りを巡り争い合う。

ダチョウは危機を感じると砂の中に頭を突っ込むという習性が知られているが、それは誤り。実際は体を伏せ首を地面近くまで下げて敵に発見されにくくしているだけ。

ここがすげぇぞダチョウ!

  • がでかく、大きさはおおよそニワトリ30倍程度。ニワトリの代替として使おうという動きもあり、現在されている。味自体はっぽくて美味しいとは言えないが、タンパク質が豊富でエネルギー補給には最適な食材。
  • キックすごい。同じ仲間ヒクイドリもそうだが、ダチョウの仲間は総じてキックがある。おかげでライオンなどのですらそう簡単に手が出せないらしい。
  • 免疫が高く、基本健康的で丈夫な生き物である。ケガをしてもたいした傷でければ較的く治るので、すぐにまたいつもの生活に戻ることが出来る。その強い抗体を医療に活かそうと、日研究が行われている。
  • 環境適応も高く、丈夫なのも相まってがほとんど降らない灼熱の大地からシベリア極寒の地までありとあらゆる場所でも暮らしていける。日本でも北海道など各地で飼育されている。
  • 寿命はなんと60年程度。しかも1羽のメスが10~40ものを産むなど多産であり、繁殖もかなり高い。人間に狩られながらも今日まで生き残れたのはその点も関係している。
  • の量こそ少ないが、古来よりダチョウは人の食料として扱われてきた。ダチョウ料理は美味であり、しかも食なのに高タンパクかつ低脂肪であるなど、とってもヘルシーモモが食材となる。
  • 人を乗せて走ることが出来る。ただし・二足歩行などの面から、流石にべると明らかに人が乗るには不向きであり、移動用として使うにはダチョウからすると文字通り荷が重い。基本的にはレース用として使われる。ぽっちゃり系はたぶん乗ってはいけない。
  • かわいい。くりくりした鳥類特有の仕・人懐っこさなどがらしいと話題だ。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP